新 約 全 書 約 翰よはね 傳 福 音 書

第 四 章



  1. しゅおのれの弟子をとれること又バプテスマを施せることヨハネよりも多しとパリサイの人のきゝしをしる
  2. されそのじつイエスみづからバプテスマを施せるにあらず 弟子これをなせるなり
  3. その時ユダヤをさりまたガリラヤにゆく
  4. サマリアをずしてゆくことあたは
  5. つひにサマリアのスカルといへまちに至れり このまちはヤコブその子ヨセフにあたへし地に近し
  6. こゝにヤコブのいどあり イエス行途たび疲倦つかれにてそのいどかたはらせり 時は晝の十二時ごろなりき
  7. 一人のサマリアのをんな水をくまんとてきたりければイエスそのをんなむかひわれのませよといふ
  8. そは弟子たち食物しょくもつかはんためにまちゆきをらざりしゆゑなり
  9. サマリアのをんないひけるは なんぢはユダヤびとにしてなんぞサマリアのをんななるわれのむことをもとむるや はユダヤびととサマリアの人とは交際まじはりざればなり
  10. イエスこたへいひけるは なんぢもし神のたまものわれのませよといふ者のたれなるかをしらなんぢわれに求めん さら活水いけるみづなんぢあたふべし
  11. をんなイエスにいひけるは しゅ汲器つるべなくいどまた深し なんぢ何處いづくよりくみその活水いけるみづもてるか
  12. このいど我儕われらの先祖ヤコブのあたへし所なり 彼もその子もまたけものまでも皆これをのみたり なんぢは彼よりもすぐれし者ならん
  13. イエスこたへいひけるは すべこの水をのむ者はまたかわか
  14. されわがあたふる水をのむ者は永遠かぎりなくかわく事なし かつわがあたふる水は其中そのうちにて泉となり湧出わきいで永生かぎりなきいのちに至るべし
  15. をんないひけるは しゅかわくことなくまたこのところに水をくみきたらぬためその水をわれあたへよ
  16. イエスいひけるは なんぢゆきておっと呼來よびきた
  17. をんなこたへていひけるは われおっとなし イエスいひけるは おっとなしといへるはことはりなり
  18. そはなんぢさきに五人のおっとありて今ある者はなんぢおっとあらなんぢいひしはまことなり
  19. をんないひけるは しゅわれなんぢを預言者としれ
  20. 我儕われら列祖せんぞたちこの山にてはいしゝに爾曹なんぢらはいすべき所はヱルサレムなりといふ
  21. イエスいひけるは をんなわれを信ぜよ たゞこの山のみにあらまたヱルサレム而已のみにもあらずして爾曹なんぢら父をはいすべき時きたらん
  22. 爾曹なんぢらはいする者を爾曹なんぢらしら我儕われらはいする者を我儕われらしる そはすくひはユダヤびとよりいづるがゆゑなり
  23. まことはいする者れいまことて父をはいする時きたらん 今その時になれり それ父はかくの如くはいする者をもとめ給ふ
  24. 神はれいなればはいする者もまたれいまことこれはいすべきなり
  25. をんないひけるは キリストととなふるメッシヤのきたらん事をしる かれきたらん時すべての事を我儕われらつげ
  26. イエスいひけるは なんぢかたる所のわれそれなり
  27. 時に弟子きたりてかれをんなと語れるをあやしみけれどそのなにもとむるや又なにゆゑこれと語れるかとへる者もなかりき
  28. をんなその水瓶をのこしてまちにゆき人々にいひけるは
  29. わがすべてなしし事をわれつげし人をきたりてこれはキリストならず
  30. こゝおいて人々まちいでてイエスのもときた
  31. その間に弟子かれにこひて ラビ しょくし給へといひければ
  32. イエス彼等にいひけるは われ爾曹なんぢらしらざる食物しょくもつあり
  33. 弟子たがひにいひけるは 食物しょくもつを彼におくりし者はたれなる
  34. イエス彼等にいひけるは われつかはしゝ者のむねしたがそのわざ成畢なしをはこれわがかてなり
  35. なんぢら穫時かりいれどきになるにはなほヶ月ありといはずや われなんぢらにつげん 目をあげよ はやはたいろづき穫時かりいれどきになれり
  36. かる者はその工錢あたひうけ永生かぎりなきいのちに至るべきあつかくまく者とかる者とともに喜ばん
  37. 彼はまきこれはかるいへるはこれつきまことなり
  38. われなんぢらのらうせざりし所をからせんとして爾曹なんぢらつかはせり ほかの人々らうせしにより爾曹なんぢらそのらうしたるうけたり
  39. かのをんなわがなしすべての事をかれわれにつげしとあかしせしことばよりそのまちのサマリヤびとおほくイエスを信ぜり
  40. こゝおいてサマリヤの人イエスの所にきたりてともとゞまり給はん事をねがひしかばイエスこゝに二日とゞまれり
  41. かれことばよりて信ぜし者さきよりも多かりき
  42. かれらをんないひけるは 今なんぢのいひし事によりて信ずるにあら我儕われらみづからきゝまことに世の救主すくひぬししりたればなり

  43. 二日すぎてイエスこゝさりガリラヤにゆけ
  44. そはかれみづから預言者は本土ふるさとにては尊ばるゝ事なしといひしによる
  45. ガリラヤに至りし時ガリラヤの人々彼をむかへたり そはさきに節筵いはひの時イエスのヱルサレムにて行ひしすべての事を彼等もその節筵いはひゆきこれを見たればなり
  46. イエスまたガリラヤのカナに至る こゝさきに水を酒にところなり 時に王の大臣その子やまひかゝりてカペナウンにありければ
  47. イエスのユダヤよりガリラヤにきたれる事をきゝすなはちイエスの所にゆきてカペナウンにくだその子をいやし給はんことをこへり そは瀕死しぬばかりなりければなり
  48. イエス彼にいひけるは 爾曹なんぢら休徵しるし異能ことなるわざを見ずば信ぜじ
  49. いひけるは しゅわが子のしなざる先にくだり給へ
  50. イエスいひけるは ゆけ なんぢの子はいけるなり その人イエスのいひことを信じてさり
  51. くだる時その僕等しもべどもかれにあひつげけるは なんぢの子はいくるなり
  52. 彼そのいえはじめし時を彼等にたづねければこたへ昨日きのふひるの一時に熱さめたりといふ
  53. 父はイエスのなんぢが子はいくなりいひたまひし時とその時のおなじきことをしりおのれその全家いへのものことごとく皆信ぜり
  54. この第二の奇跡ことなるわざはイエス ユダヤよりガリラヤにいたりなせるなり


| 新約全書目次 | 約 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 |
| 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 總目次 |