新約全書使徒パウロ ヘブルびとおくれるふみ

第 四 章



  1. 是故このゆゑ我等われらおそるべし その安息やすみにいる約束は今もなほのこれどもおそらくはまた爾曹なんぢらのうちこれおよばざるものあらん
  2. そはわれらも彼等が如く福音を宣傳のべつたへられたり たゞかれらがきゝし所のことばはその信仰まじらざりしがゆゑきける者にえきなかりき
  3. 信ずる所の我儕われら安息やすみいることをうるなり すなはいひ給ひたるが如し われいかれるときちかひて彼は安息やすみいるべからずといへしかれども地基よのもとゐおきし時より其工そのわざはみななれ
  4. そはあるへん七日なぬかについての如くいへり 神は第七日なぬかめすべ其工そのわざやすめりと
  5. 又このへんに彼等は安息やすみいるべからずといへ
  6. されこれいるべき者あり 先に福音をつたへられたる者は信ぜざるによりいらざりしなり
  7. 是故このゆゑ多年ひさしきのちまたダビデのふみおいて日をさだめ今日けふいへまへいひし如く今日けふもしその聲をきか爾曹なんぢら心を剛愎かたくなにするなか
  8. もしヨシユア彼等をやすませなばそののち神はほかの日をいはざるべし
  9. され安息やすみは神の民にのこれり
  10. 既に安息やすみいりし者は神おのれのわざ安息やすみし如く彼も其工そのわざやすめり
  11. 是故このゆゑに彼等の如き不信仰にならひておちざるやう我儕われらこの安息やすみいらんことを黽勉はげむべし
  12. その神のことばいきてかつちからあり 兩刃もろはつるぎよりもいのちたましひまた筋節ふしぶし骨髓までとほわかち心のおもひ志意こゝろざし鑒察みわくるものなり
  13. また物として神の前にあらはれざるはなし 我儕われらかゝはれる者の眼の前にすべてのもの裸にてあらは

  14. され我儕われら雲霄そらを通りて昇りしおほいなる祭司のをさすなはち神の子イエスあり ゆゑ我儕われら信ずる所のをしへを固くたもつべし
  15. そはわれらが荏弱よわき體恤おもひやることあたはざる祭司のをさ我儕われらあらず 彼はすべての事に我儕われらの如くいざなはれたれど罪を犯さざりき
  16. 是故このゆゑ我儕われらあはれみをうけをりたすけとなる恩惠めぐみうけためはゞからずして恩寵めぐみの座にきたるべし


| 新約全書目次 | 來 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 總目次 |