新約全書使徒パウロ ヘブルびとおくれるふみ

第 十 一 章



  1. それ信仰は望む所を疑はずいまだ見ざる所を憑據まこととするものなり
  2. いにしへの人これにより美稱ほまれを得たり
  3. われら信仰によりもろもろの世界は神のことばにてつくら如此かくみゆる所のものはみるべき物によりつくられざることをしる
  4. 信仰によりてアベルはカインよりまされる祭物そなへものを神にさゝげ義者たゞしきものあかしせられたり そは神その禮物さゝげものについてあかしし給へばなり かれしぬれども信仰によりて今なほものいへり
  5. 信仰によりてエノクはしなざるやうに移されたり 神これを移しゝにりて人見出みいだすことを得ざりき 彼いまだ移されざる先に神によろこばるゝ者とあかしせられしなり
  6. 信仰なくば神をよろこばすことあたはず そは神にきたる者は神あるを信じかつ神は必ずおのれもとむる者に報賞むくいを賜ふ者なるを信ずべければなり
  7. 信仰にりてノアはいまだ見ざる事のしめしかうむつゝしみてその家族をすくはために舟を設けたり これよりて世の人の罪を定めまた信仰によれる義をうくべき嗣子よつぎとなれり
  8. 信仰によりてアブラハムはその承繼うけつぐべき地にゆけとのめいかうむこれしたがひそのゆくところをしらずしていでたり
  9. 彼また信仰により異邦ことくにあるが如く約束の地にやどり 同じ約束を相嗣あひつげるイサク ヤコブと共に幕屋にをれ
  10. そは神の造営つくりいとなめる所のもとゐある京城みやこを望めばなり
  11. 信仰によりてサラもたねやどさるゝ力をうけ年邁としすぎしかども子をうめこれ約束せし者は誠信まことなりとしつればなり
  12. 是故このゆゑしにたる者の如き一人より天の星のおほき海邊うみべの砂の數へがたきが如く生出うまれいでたり
  13. 此等これらは皆信仰をいだきてしねいまだ約束の者をうけざりしがはるかにこれのぞみて喜び 地にありてはみづか賓旅たびゞとなり寄寓者やどれるものなりといへ
  14. 如此かくいふ者は家鄕ふるさとたづぬる事を表すなり
  15. 彼等もしそのいでところおもはゞ歸るべきのをりありしなるべし
  16. されど彼等は更にまされる所すなはち天にあるところを慕へり 是故このゆゑに神はその神ととなふることを恥とせざりき そはかれらのため京城みやこを備へ給ふればなり
  17. 信仰によりてアブラハムはこゝろみられし時イサクをさゝげたり 彼は約束をうけし者なるがその獨子ひとりごさゝげたり
  18. この子についてはなんぢの子孫イサクによりとなへらるべしといはれたりき
  19. 彼おもへらく 神は死よりこれ復活いきかへし得ると すなはち死より彼をうけしがごとくなりき
  20. 信仰によりてイサクはきたらんとする事についてヤコブとエサウをしゅくせり
  21. 信仰によりてヤコブはしなんとする時にヨセフの二人の子をしゅくし又その杖のかしらより崇拜をがみをなせり
  22. 信仰によりてヨセフはしなんとする時にイスラエルの子孫しそんのエジプトよりいづる事について語り又おのが骸骨がいこつの事について命じたり
  23. 信仰により父母ふたをやはモーセのうまれたる時その美都うるはしき子なるを見て三月みつきあひだこれをかくし又王のめいをもおそれざりき
  24. 信仰によりてモーセは成長ひとゝなりし時パロのむすめの子とよばるゝをいなみたり
  25. しばらく罪のたのしみうけんよりはむしろ神のたみと共に苦難なやみうけんことをよしとし
  26. キリストのためうく詬誶そしりはエジプトの貨財たからよりも寳貴たふときものおもへり そは報賞むくいみとめのぞめばなり
  27. 信仰によりて彼はエジプトを離れ王のいかりおそれざりき これみえざる者をみるが如く耐忍たへしのべばなり
  28. 信仰にりて彼は逾越節すぎこしのいはひと血をそゝれいを守れり そは長子ちゃうしほろぼす者の彼等にふれざらんがためなり
  29. 信仰によりて彼等は紅海ををかの如くわたりしがエジプトの人はこれわたらんとしておぼしにたり
  30. 信仰に七日なぬかあひだエリコの城を環巡めぐりたるにつひにその石垣くづれたり
  31. 信仰により妓婦ぎふのラハブは信ぜざる者と共にほろびざりき そは偵者かんじゃうけこれ平安やすらかならしめたればなり
  32. われ更に何をいはんや もしギデオン バラクまたサムソン イピタ ダビデまたサムエル及び預言者たちの事をいはんには時たらざるなり
  33. かれら信仰により諸國くにぐにを服し義を行ひ約束の者をえしゝの口をつぐ
  34. 火勢ひのいきほひやいばのが荏弱よわきよりして剛强つよくせられ戰爭たゝかひおいいさましく異邦人の陣を退しりぞかせたり
  35. をんなまたしにたる者の復活いきかへりうけし事あり またある人は最もまされる復生よみがへりべきため酷刑せめられてゆるさるゝことをこのまざりき
  36. またある人は嬉笑あざけりをうけ鞭扑むちうた縲絏なはめ囹圄ひとやくるしみうけ
  37. 石にてうたのこぎりにてひかれ火にてやかやいばにて殺され綿羊めんやう山羊やぎの皮をあるき窮乏ともしくしてなやみくるしめり
  38. 世は彼等をおくたへず 彼等は曠野あれちと山と地のほらと穴とに周流さまよひたり
  39. 彼等は皆信仰により美名ほまれを得たれども約束の所を得ざりき
  40. そは彼等も我儕われらともならざれば成全まったうすることあたはざるために更にまされる者を神あらかじめ我儕われらに備へ給へり


| 新約全書目次 | 來 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 總目次 |