新約全書使徒パウロ ヘブルびとおくれるふみ

第 五 章



  1. 人のうちよりえらばるゝすべての祭司のをさは人のために神につくことを任ぜられて罪の供物そなへもの犧牲いけにへさゝぐることをする者なり
  2. おのれみづから荏弱よわきまとはるればまた愚昧おろかなる迷へる者をあはれむことをうるなり
  3. これよりたみためになす如くおのためにも罪の禮物さゝげものさゝげざるを得ず
  4. この尊貴たふときはアロンの如く神のめしうけたる者にあらざればみづかこれとる者なし
  5. かくの如くキリストもみづかたふとびて祭司のをさとはならざりき なんぢわがなり われ今日けふなんぢうめりといひし者 彼をたふとびてしかなせり
  6. ほかへんなんぢかぎりなくメルキセデクのくらゐの如き祭司たりといひ給へるが如し
  7. かれ肉體にありしとき哀哭かなしみさけなみだを流して死よりおのれすくひ得る者に祈りまた懇求ねがひをなしその敬畏うやうやしきによりてきかるゝことを得たり
  8. かれ子たれどもうくる所の苦難くるしみよりしたがふことをなら
  9. 既に完全まったければすべて彼にしたがふ者の永救かぎりなきすくひもととなれり
  10. 彼はメルキセデクのくらゐの如き祭司のをさなりと神にとなへられき

  11. これつき我儕われらおほくの語るべきことあれど爾曹なんぢらが耳にぶきにより講明ときがたし
  12. 既に爾曹なんぢらは時をふること久しければ人の師となるべき者なるに今また神の示し給へるをしへはしをしへられざるを得ず 爾曹なんぢらかた食物しょくもつならでちゝもちふべき者となれり
  13. およちゝもちゐる者は赤子あかごなれば義につけをしへに熟せず
  14. それかたき食物しょくもつは心をはたらかせねり善惡よしあしわきまへうる成人おとなもちゐるものなり


| 新約全書目次 | 來 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 總目次 |