訳者のことば

 恩師ウィルクス先生の遺著がこのたび刊行の運びになったことは感謝に堪えない。顧みて一九三一年先生最後の帰英を見送ってより二十年、その決別の時御訪を得たこの翻訳の出版は長い待望であった。先生は一九三四年に天に召されたが、その前年に最後のこの増補版が英国で出された。先生がこの書の完成を最後まで念とせられたことを憶いて追慕の切なるものがある。訳文は拙なれど、読者の精読を希う。
 本書と同じくダイナミックと題された著書が三部あり、一は『救霊の動力』として本書と共に出され(沢村氏訳)ほか『生涯の動力』、『贖罪の動力』として続いて出版の予定である。ちなみにダイナミックを「動力」と訳したのは、お別れの時ウィルクス先生自らこの訳語を選ばれたからである。これも感慨深い思い出である。
 
  一九五一年夏  訳者



信仰の動力

頒布価 ¥900

昭和26年8月15日発行

著述者  パゼット・ウィルクス
発行所  バックストン記念霊交会
     武蔵野市境南町4丁目 7−5
     振替口座 東京 6-66649 番
     郵便番号 180


|| 緒言 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | A | 目次 |