第四章  信仰の障碍



 われらはこれまでに、幾分か信仰の性質とその道、その発達について学んだ。さてただ信ずるということは、いかにも簡単なことと見える。けれども聖徒が自らそれを実行せんとするときは勝利に達する前に必ずまず戦いのあることを覚える次第である。
 されば私はこの章において、神を信ずることの障害物を尋ね出そうとするのである。われらは信仰が勝利であること、何事もみな信仰を通してくること、また魂に来るすべての祝福の源泉、また基礎は信仰であることをよく認めているが、実際において単純な信仰の道に成功することのはなはだ少ないのは何故であろうか。ウィリアム・カルボッソーは「もし信仰の奥義がなおよく知られていたならば、神の民のうちにはなお速やかに進歩があるはずである。多くの人はその誠意においては欠けていないが、信仰において欠けている」と言っている。
 このことにおいて誤ってはならない。信仰というものは、ある障碍物が取り払われてしまうまでは、これを受けることもまた働かすこともできないものである。なお罪の中に有頂天に喜んでいる罪人に、救われるために主イエスを信ぜよといっても、それは無益である。罪人はその救われるべきキリストに対する信仰を働かせる前に、覚醒され、認罪させられ、何事よりもまず神に対して悔い改めねばならぬのである。さればわれらはいま、信仰の障碍となることどもを考えよう。

一、潔からざる良心

 『潔き良心をもて信仰の奥義を保つものたるべし』 テモテ前書三章九節

 潔き良心は信仰の根拠地であり、信仰はそこに宿る。良心が汚れると信仰は消え失せる。多くの人の信仰に失敗する秘密はここにある。『汝もし……兄弟に怨まるる事あるを思い出さば……先づ往きて、その兄弟と和睦し、然るのち來りて、供物をささげよ』(マタイ伝五章二十三、二十四節)。われらは救いについても恵みの盈満についてもずいぶん熱心に求めながら、信じ得る者のはなはだ少ないのは何故かと思う。けれどもその理由は求めがたいことではない。
 それはここにあるではないか。すなわち何かまだ言い表さない罪があるか、他人の過失を赦さずにいるか、まだ払わない負債があるか、他人の愛に報いないところがあるか、所有者に返還すべき金銭がそのままのなっているか、過ぎし日になした過誤が正さずにしてあるか、何かである。しかり、それはすでに長い以前のことで巧みにそれを人から隠しおおせている。長い間それで済んでいるから、今更取り出して扱う要はないというようなもっともらしい理由を持つかも知れない。けれども良心の火はなおくすぶる。しかしてたびたび自分の罪を思い出させられるのである。
 試みて見よ。その間違いが正しくされるまで、その罪を神に告白し、必要ならば人にも言い表し、主イエスの宝血をもって全く永久に消し去っていただくまでは、われらは主イエスに対する救いの信仰も、聖めの信仰も働かすことができるものではない。『信仰と善き良心とを保ちて、善き戰鬪(たゝかひ)を戰はん爲なり。或人よき良心を棄てて信仰の破船をなせり』(テモテ前書一章十八、十九節)とある。
 或る真面目な信者である日本婦人が、自分は神の約束を信ずる事も、信仰をもって御霊を受けることもできないと、大いに憂えて私のもとに来た。彼女の顔は非常に悲しそうで、その心ははなはだ飢えていた。私は彼女を信仰の道に導こうと力を尽くしたけれども無益であった。
 されど種々語り合ううちに、この婦人は隣の教会の牧師に対して気持ちを害していることがある(その事柄は事実か想像か判然としないけれども)。彼女はその牧師が自ら来てその過ちを告白しなければ、それを赦したくないという事実が明らかになった。私は彼女に向かい、彼女はいかにして主に赦罪を受けたか、主は彼女が悔い改めその心を卑しくするまで待って、その上で彼女の身代わりとなりたもうたのであるかと問うた。彼女は、否、なお弱く、罪人であり、敵たりし時に彼女のために死にたもうたのであると答えた。その時私は、彼女はその赦されたごとくにまた人を赦すべきであると命じた。彼女は目に涙を湛えて祈り、私もまた祈り、われらともに主が彼女の心を弛め従順ならしめたもうよう、主に求めた。かくて彼女は直ちに行ってその過ちを言い表して赦しを得ることを約束した。その翌朝、彼女はまた訪ねてきたが、私はもはや信仰の道を教える必要のないことを知った。彼女の心は罠から逃れたので、信ずる事ができたのである。慰め主なる聖霊は恵み深き盈満をもって彼女の魂に入り来りたまい、彼女は言い難くかつ栄えある喜びをもって喜んだことである。

二、高 慢

 『互に譽をうけて唯一の神よりの譽を求めぬ汝らは、爭で信ずることを得んや』 ヨハネ伝五章四十四節

 ここに最もよく不信仰を生ずる一つの原因がある。多くの教授、教師、牧師、あるいは伝道者は自ら内在の罪を認め、内心の聖潔の必要を感じながら、悲しいかな、心の聖潔を求める者として謙遜な地位をとることを欲しない。彼らはもし公然と率直にその必要を言い表すならば、その群の信任を失うであろうと思い、わざと明白な言辞を避けて漠然たる概念的言辞を用いる。彼らは神より来る誉れを求めずして、人々に善く思われようと願うのである。そこには主イエスに対する実際の全き降伏がない。
 魂の謙遜な誠実な態度と信仰との間にはあまり深い関係のあるようには見えないかも知れないが、実はきわめて密接な関係がある。魂がいかなる価を払っても全く主のものとなるべく決心するまでは、信仰がその手を伸べて約束を捉えることも、祝福を受けることもなし得ない。けれども主に対する降伏が全くなるや否や、魂は充分にまた容易に信じ得るのである。
 されば『神の能力(ちから)ある御手の下に己を卑(ひく)うせよ』(ペテロ前書五章六節)。このことがなされるまでは、真の意識的信仰というものはあり得ない。されば自己の心を探り、悪しきものをみな見出し、それを光に引き出し、神に告白するはわれらにとっていかに必要なことであろうぞ。すべてを神に告げまつれ。故意にあらぬとも虚偽を神に申し上げることを慎め。われらはしばしば真ならぬことを主に申し上げる。われらは主に従いたいと申し上げ、聖くして専心一意ならんことを願うと言い、もしわれらが自己の心を知るならば、われらは聖潔ならずして幸福を求め、神御自身よりも平和や喜びや能力を要していると告白すべきところに、神を求めつつあると言う。
 けれども、われらはすべてその真相を神に告げ奉るまでは、神に関することに進歩することも、実現を見るべき信仰に至ることもでき得るものでないから、神はそれを待ちたもうのである。「われらの模範なるキリスト」という書物を書いたキャロライン・フライはこのことの著しい例証を示している。彼女は富も地位も美貌も持つ派手な女性であったが、まだ年若い頃に人生に飽き果てたのである。しかして自分ではまだ救われてもいないある友人の勧めによって、宗教による慰安を求める決心をした。彼女は元来鋭敏な理性を持つ聡明な女性である上に、神の御霊に照らされて、その自ら求めるところが主ご自身に向かう真の願望ではないことを見出した。かくて彼女は神に向かって真実を告げ、その想像の義をすべて脱ぎ去って、真相を告白した。彼女の祈りは次のごとくである。
 「おお神よ、もしあなたが神にてありたもうとも、私はあなたを愛しません。私はあなたを求めません。私はあなたのうちに幸福があると信じません。けれども私はこのままではまことに惨めな者でございます。されば私が求めないもの、また欲しないものを与えたまえ。もしあなたにできることならば、私を幸福ならしめたまえ。私はこの世に飽き果てました。もし何かそれより善いものがあるならば、それを私に与えたまえ。」
 かくて神は瞬時に彼女の祈りに答えたまい、彼女は直ちに救われた。おお願わくは、われらが自己の心の善き願望であり渇望であると思うものを神に告げ奉ることをやめ、自己の衷にある、悪いまた取り扱いにくいものを恐れなく神に告げうることである。さればいかに速やかに自由を得られることであろうぞ。主の御座はいまもなお恵みの御座であり、主はなお親切な慈愛深き牧者でいます。いまはなお罪人の友にいまして、まだ審き主ではありたまわぬ。今日はなお恵みの日である。されば高慢を棄て、神の力ある御手の下に己をひくくせよ。さすれば全き救いに至るよう信ずることができる。

三、敵

 『試むる者きたりて言ふ「なんぢ若し……」』 マタイ伝四章三節

 信仰にはなお一層大いなる一つの敵がある。われらの敵なる悪魔がそれである。しかして彼のもっともらしき「もし」はその攻撃の最上の戦術である。彼らはその「されども」をもってわれらを嚇かし恐れしめ、その「もし」をもってわれらを落胆せしめ困惑せしめる。われらが献身し、奉仕し、祈るとも彼の挑戦を受けずして過ぎることもあるが、一人の聖徒が神を信じ、信仰を強くして神を崇め始めると、サタンは吼える獅子のごとく彼に来る。サタンは「もしあなたが神の御意のままに支配されるならば、その軛は重くまたその道の困難なことを知るであろう」、「もしあなたが信じて安息に入ったならば、あなたがいま経験するところよりも、なお一層驚くべき結果があるべき筈である」、「もし主イエスの血があなたの心をすべての罪より浄めたならば、あなたは必ずかくのごとき熱狂的な感じをもつはずである」と言ってくるのである。
 これらの武器は鋭利で、その切っ先はいかによく刺し通し得ることよ。さればわれらが常に「信仰より信仰に進み」、この戦いにおいて勝利者たりうることはただわれらの確信を堅持するときにのみでき得るのである。
 アブラハムは神の不思議な約束の嗣業に関し確信を得んと欲し、その道を示したまわんことを主に求めた(創世記第十五章)。彼はかく老いて後、いかにして多くの国民の父となり得ようかが問題であった。その時彼は天幕から連れ出され、まず天を仰ぎ星を見て、神の創造力を驚嘆し、次に犠牲を献げて待ち望むように命ぜられた。犠牲は屠られ、献げられ、血は流された。しかして彼が証を待っている間に、彼は鷙鳥(あらきとり)が来てその犠牲を取ろうとし、また大いなる暗黒のそれに続いて襲い来るのを見た。されど彼は確乎と立って、その鷙鳥を追い払おうとしたのである。
 われらにとってもそのとおり、我らが信仰をもって訴え祈り、主イエスの犠牲を献げおる間に、悪魔はこれを嘲り、われらをその願い求める目的から動かそうとして来る。されどわれらは、アブラハムの場合のごとく、神の霊の光と火が来り、われらの祈りの聴かれ、われらの供え物の受け納れられ、約束の祝福がわれらのものとなったことをわれらの心に証ししたもうまで、信仰をもって待ち望み、敵の密使を追い返さなければならない。

四、われらの友

 『アブラム、サライの言を聽いれたり』 創世記十六章二節

 魂の大敵悪魔や心の高慢のほかにも、なお信仰を妨げるものがある。悲しいかな、われらの友人や同伴者がわれらを誘惑して、われらの確信を投げ捨てさせ、信仰の道から堕落せしめることがしばしばある。アブラハムはすでに神を信じて、信仰より来る聖霊の証と喜びの盈満を受けていた。彼は堪え忍んだ。彼は神によりて自らを励まし、堅く約束を望み、不可能を笑いつつ信仰を続けた。
 しかれども約束の成就を待つときが久しかったので、彼は神がその心の願いを彼に与えたもうという確信は投げ捨てなかったけれども、信仰の単純な道を固守せずしてそれを曲げた。しかもそれは彼に最も近い、最も愛する者の声を通してであった。しかして彼のこの失敗は彼にも世界にも何たる大いなる悲しみと困難とを来らしたることぞ! 実にかの回教徒の禍害は、かくして彼より生まれたイシマエルからである。それは彼が神の御声を聴く代わりに,サラの声を聴いたためである。されど主はアブラハムになしたまえるごとく、われらにもたえず来たりて『汝前に行(あゆ)みて完全(まった)かれよ』(創世記十七章一節)と仰せたもう。しかり、汝の信仰に、汝の確信に、しかして神の道に忍耐深く歩み続けることに全かれよと仰せたもうのである。

五、われらの失敗

 『我なんぢの爲にその信仰の失せぬように祈りたり』 ルカ伝二十二章三十二節

 ユダは失敗し彼の信仰は永久に失われた。ペテロも失敗したけれども彼の信仰は続き、彼はそれによって救われた。失敗のあとに来る失望ほど、魂に臨む烈しい危険はない。その時こそ敵が最も深刻にまた最も鋭く攻撃する時である。主イエスはそれをよく知り、ペテロが主を否んだあとでその胸中に起こる実に恐ろしい闘いを先見し、彼がその痛悔の懊悩、良心の呵責による苦悶、敵の燃ゆるごとき非難の中においても、なおよく神の不変の愛を信ずる信仰に支えられて主を離れないように祈りたもうた。しかして主のお祈りのごとく彼は保たれたのである。
 失敗ほどにわれらの勇気を沮喪せしめるものはない。失敗を思い起こすことはわれらにとって実に悲しい事である。しかしなおそこに多くの自ら義とする心や、恥辱を受けたと感ずる高慢心があり得る。もしそうでないならば、決して信仰をやめるはずはない。否、むしろ失敗をして一層決定的に神を信ぜしめ、そのことによって神の恩寵の盈満を証拠立てるに至らしむべきである。
 かつて一人の青年が失望に満ちて、私の許に訪ねてきた。彼は、自分が神に対してなさんと企てたご奉仕の生涯は全く失敗に帰したと嘆くのである。彼ははなはだしく落胆して何の信仰ももたぬ、彼は始めから投げ棄てるほどの確信を持たなかったかのごとく、全く確信を失っていた。そこで私は一切を主イエスに告げ奉るよう勧めた。懼れずしてそのままに主に来ること、何の申し訳もなすまじきこと、心を全く打ち明けること、しかして一切の失敗を救い主の御耳に囁いて聴いていただくことなどを語り聴かせた。しかして彼はどうかこうか、私をも私の勧告をも信じて去った。
 しかし、日ならずして私はこの青年から喜ばしい手紙を受け取った。彼は私の勧めの真であることを知った。すなわち彼は私が教えたごとくにして信ずることにより、間もなく平和と喜びの豊かさを得たのである。おお、われらをしてわれらの心を鋤き、必要ならば再三繰り返して鋤き返し、その中にある虫を殺すことを日光に委ねしめよ。罪人の友の御前に謙り、信仰をもってする、正直なる告白は天的鋤先である。しかり、私は千度も繰り返して言おう、失敗をしてわれらを謙遜な告白と忍耐深い信仰に追いやらしめよ。私は私の奉仕の間に幾たびもそのことの真実なることを見出した。「彼にすべてそれを告げまつれ」というこの単純な言葉が、多くの者に生命と救いをもたらした。

六、われらの環境

 『彼とともに往きたる人々は言ふ 我等はかの民の所に攻め上ることを得ず 彼らは我らよりも强ければなりと……すなはちイスラエルの子孫(ひとびと)みなモーセとアロンに對(むか)ひて呟き全會衆かれらに言ひけるは 嗚呼我等はエジプトの國に死にたらば善かりしものを 又はこの曠野(あらの)に死なば善からんものを』 民数記十三章三十一節、十四章二節

 残念ながらわれらは環境に支配せられる。魂はその属する教会の信仰あるいは不信仰に感じやすいものである。われらが信じつつある信者とともにいるときは神を信ずることはいかにも容易であるが、聖徒が、無頓着で待ち望むことをせず、信じ続けることをしない人々の中に入れば、直ちに戦いが一層困難になる。
 かの十二人の偵察者はカナンの地の善き報告を持ち帰ったが、その中の十人は不信仰を語り始めた。その不信仰は元来彼らの心にあったが、その時に出て来たのである。それは火のごとく会衆の中に燃え広がった。不信仰はいつもそのとおりである。直ちに人々は落胆して信仰の道から退き始めたのである。おお、いかにわれわれもかかる悪しき潮流、魂を害するこの汚れた毒気に襲われぬよう守る必要のあることであろうぞ! しかしわれらは一般の空気が不信仰に満ちていることを覚悟していなければならない。何処もその通りで、真の信仰はきわめて稀である。されどわれらが敵の所在を発見し、病気の原因を診断し得たならば、すでになかば勝利を得たのである。敵の所在もつきとめぬ不用意な心が、戦いに失敗し沮喪するはむしろ不思議ではない。
 われらの環境において、霊的なることに対する怠慢ほど恐ろしい感化を及ぼすことはない。霊的怠慢とは神を求めることを怠り、また或る将来の勝利の約束だけをもって眠るように誘う安逸の愛好である。『惰る者はこゝろに慕へども得ることなし』(箴言十三章四節)。ジョン・ウェスレーはこれに関して次のごとく言っている。
 「いかにしてこの変化(すなわち心の全き変化)を待ち望むべきであるか。それは無関心無頓着なること、すなわち怠慢不活発なる態度ではなく、力を尽くして順うこと、すべての誡めを熱心に守り、目を覚まして篤く祈り、自己を棄てて日々十字架をとり、熱心な祈禱と告白をもってすべて神の規定を忠実に守りつつ待ち望むべきことである。もし何人でもこの道よりほかの仕方においてこの恵みに達することを夢想し、また既にこれに達した者がそれを保ちうると夢想するならば、その人は自己の魂を欺くのである。」
 われらが単純なる信仰をもってそれを受けるということは真である。けれども神は、われらが神の定めたまえる仕方をもって精励しそれを求めるのでなければ、その信仰を与えたまわず、またそれを与える事を欲したまわない。この考えは、何故にこの恵みを受ける者がかく少ないかと問う人々を満足せしめる。どのくらい自分で恵みを求めつつある人があるかを問え、さらば満足な答えを得るであろう。

七、不信仰の悪しき心

 『兄弟よ、心せよ、恐らくは汝等のうち活ける神を離れんとする不信仰の惡しき心を懷く者あらん』 ヘブル書三章十二節

 私は信仰の障害物を研究して、その最大なるものを最後まで残した。このほかのものはみな敵の前哨であったが、これは敵の本城であり要塞である。元来、神の賜物なる信仰は神に対する心の態度ではなく、魂の中に植え付けられた神的原則であるが、そのごとく不信仰もまたわれらの天の父に対する単なる心の態度ではなく、悪しき原則である。
 さて、使徒パウロはヘブルの信者に書き送って『心せよ、恐らくは汝等のうちに信ぜざる者あらん』とは言わずして、『不信仰なる惡しき心を懷く者あらん』と言っている。すなわち信者である諸君、芥種のごとき信仰のその心に播かれおる諸君のうちに、この神的恩恵と並んで、不信仰というこの悪しき心の潜むことなきように心せよと言うのである。
 この不信仰なる悪しき心という内なる大敵につき注意深く考察すべき二つの事がある。
 第一、それは聖霊によって顕され曝されねば、心が全く意識せぬ一物であるということである。聖霊の助けなしには、人の心をいかに深く探りまた解剖しても決してそれを発見し得るものではない。われらは万事についての自己の仕方を精細に吟味して、その傲慢、虚栄、自愛、貪欲、嫉妬、そのほかなお多くの悪を発見することはできるが、聖霊がわれらの謙り驚く魂にそれを顕したもうまでは、決して不信仰をば、恐るべき罪、一つの力、一つの原則、一つの毒素、汚れたるもの、内に宿る罪、纏える罪として、見る事はなし得ぬのである。
 第二に、内なるこの悪はわれらの意志より一層深いものであるということを注意せねばならない。神の愛したもう多くの子供らは自己の意志のみを見、自ら神に順うことを堅く決心していることを知り、実際何処にその困難があるかを見出すに苦しんでいる。彼らは全く神を信ずることを欲する。彼らの意志も願望も思想もすべて神に向かっている。しかるに悲しいかな、その欲する善はこれをなさず、欲せざる悪はこれをなすを見出す。たとえ自己、意志、自我なるそのものが真にキリストと共に十字架に釘けられ、葬られ、甦っていても、なお内にも外にも失敗がある。
 しかれどもわれらが神を呼び求め神を待ち望むならば、必ず聖霊が大いなる照明のごとく臨み、『之を行ふは我にあらず、我が中(うち)に宿る罪なり』(ローマ書七章二十節)と魂に示したもう時が来るのである。神を頌め奉れ。魂がこの不信仰なる悪しき心、すなわち内に宿る罪は彼自身ではなく、彼の内に在りて彼を虜にする一物であるというこのことを発見するときに、彼はすでになかば勝利の道に進んでいるのである。
 されば、ここに神を信じ続けることを妨げる大障害物がある。この『大なる山』が測るべからざる神の愛により『海に投げ入れられ』るまでは(黙示録八章八節)、信仰は実に苦戦する。されど救いの道は近くにある。主はわれらに語り『もし芥種一粒ほどの信仰あらば、この山に「此處より彼處に移れ」と言ふとも移らん』(マタイ伝十七章二十節)と仰せられた。すなわち罪と汚れを清めるために開かれた一つの泉なる、キリストの貴き血を信ずる信仰さえ有つならば、われらのゼルバベルにて在す主の前に当たれる大山も平地となるのである。しかり、種子には山よりもさらに大いなる力があるのである! ハレルヤ!
 多くの熱心なる魂はその罪と失敗をすべて主に持ち来るけれども、不信仰の悪しき心だけは持ち来ることをしない。しかしてそれを自ら取り扱い、自己の力で処置せんとする。悲しいかな、それは無益の業である。もし不信仰が罪であり、われらの纏える罪であるならば、これをキリストに持ち来るはいかにも必要である。
    『汝が罪を持ちて来れ、
     汝が罪を持ちて来れ、
     イエスは汝をきよめたもう、
     汝が罪を持ちて来れ。』
 告白をもってその罪を持ち来れ、あなたが持つその少しの信仰を用い、キリストの貴き血にその罪を投げ入れよ。もし必要ならば再三それを繰り返せ。しかしてあなたの胸から追いやられてしまうまで、あらゆる途を試みよ。



|| 緒言 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | A | 目次 |