第十四章 結 論



 『信仰なくしては神に悅ばるること能はず、そは神に來る者は、神の在すことと神の己を求むる者に報い給ふこととを、必ず信ずべければなり。』 ヘブル書十一章六節

 われらはこれまで、人心の最も深い奥義、すなわち信仰の道を考察してきた。けれどもわたしは或る人がなお「されど信仰の冠であり盈満である御霊の印、すなわち活ける神を信ずるすべての信者の特権で、人をして絶えざる勝利の生活をなさしめるところの信仰の確信を受けるほどに、キリストに対する真の信仰を働かせ得る途を我に示せ」と求めるように思う。
 そのような問いに答えて、すべての真面目に求める人々をして明らかにその途を悟らしめるには、たぶん前掲のヘブル書の聖句を単純に説明すればよいであろう。

 『信仰なくしては神に悅ばるること能はず』

 われらはまず第一にこのことを充分明らかに悟っているであろうか。たとえわれらに熱心あり、知識あり、克己献身あり、正統的教理あり、種々の賜物があっても、信仰がなければ、天に在すわれらの父に悦ばれることは決してできない。信仰すなわちこの「神に対する愛情ある信任」なしには、われらのなし、忍び、また企図する一切のことがみな、不信仰、疑惑、恐怖、懸念などによって損なわれるのである。しかしてそれは父なる神の愛の御心には絶えざる憂いであり、御子には果てしなき悲しみであり、また聖霊の御愛と御優しさを残酷に傷つけ奉ることになるのである。われらがこれを悟り、これを実覚するまでは、決して神的生活に成長し、進んで勝利を得ることもない。されば『信仰なくしては神に悅ばるること能は』ざるを自覚することはわれらの出発点である。

 『神に來る者は

 われらはしばらくここにとどまって、これらの驚くべき数語を考えたい。恐らく『來る』というこの語ほどしばしば頌むべき我が主の御唇に上った言葉はないであろう。もし「凡ての人罪を犯したり」が主イエスの福音のAで、「視よ、これぞ神の羔羊」がBであるならば、「我に来れ」はそのCである。(訳者注、この三つの聖句は英語のABCをもって始まっている。)
 実にそれは「神に連れ来られる、引き来らせる、または追いやられる」でなく、『神に來る者』である。無論『父ひき給はずば、誰も我に來ること能はず』(ヨハネ伝六章四十四節)であるから、『來る者』という語には、キリストにある神の愛によって引かれ、迫られることが必然的に含まれているのである。
 君は世の享楽にも、罪にも、自己にも、生活そのものにさえも飽き果て疲れ果てているか。さらば聞け! 『凡て勞する者・重荷を負ふ者、われに來れ』(マタイ伝十一章二十八節)と仰せたもう。
 君は渇ける魂を永久に和らげ、深い永続する満足を与える何物かを慕い求めるか、さらば更に耳を傾けよ、主は『人もし渴かば我に來りて飲め』(ヨハネ伝七章三十七節)と仰せたもう。
 あるいはザアカイのごとく、君はただ興味を持つばかりで、いわゆる高等生活(聖潔の生活)とは如何なることか知って見たいというのほか、熱心に求めもせず、自分の如き者がそんな生活に召されていると考えてみる勇気もないほど、半覚醒の有様であるか。ここに君のための使言がある。『ザアカイ、急ぎ下り來れ、今日われ汝の家に宿るべし。」(ルカ伝十九章五節英訳)
 君は『その為ししこと、敎へし事』を語るのみを主なる楽しみとするほどに、その成功せる奉仕に心を奪われているならば、主は『なんぢら人を避け、寂しき處に、いざ來りて暫し息(いこ)へ』と仰せたもう(マルコ伝六章三十〜三十一節)。
 もしわれらが、この艱難多く罪深い世の波浪の上を、主のそれらに妨げられず損なわれず、一切に超越して勝利に歩みたもうを見て、これに倣わんとの聖き大望を起し、『主よ、もし汝ならば我に命じ……御許に到らしめ給へ』、「主よ、汝がかかる歩みをなし得給うならば、我も汝と共に汝の如く歩み得るでありましょう、また歩む筈であります」と申し上げるならば、主はかかる者に『來れ』と仰せたもう。おお願わくは、われら、人生の困難なるところに、かく神と偕に歩むべく聖き大望を有たんことを!(マタイ伝十四章二十五〜二十九節)
 たしかに『來れ』という恵み深い言葉こそ福音の神髄である。『來れ、既に備りたり』(ルカ伝十四章十七節)。されば主がわれらにつきて『汝ら生命を得んために我に來るを欲せず』(ヨハネ伝五章四十節)と仰せられることのないように願う。しかして果たしてわれらはその饗筵に与っているであろうか。われらはこれがわれらの魂に対する使言であると深く悟っているであろうか。
 かく学んできたが、この『來れ』という語にはなお学ぶべきことがある。
 われらは恩恵を願いながら容易にその道を誤る。すなわちわれらはとかく恩恵に目を付けて神を見失う。たとえばここに一人の王子が饗筵を設けて客を招くに、客は招待を受けて行ったが、その貴い主人の出席を待たずして直ちに食膳に手を付け、これを食する間、ついに主人の出席せるや否やに気付かずして過ぎるようなものである。聖会に行き、祈禱会に行き、説教会、聖書研究会に行き、有名な説教者に聞き、われらの聖書や霊的の書を読み、祈禱の場に聖奠の席に行くは易い。されど決して神には来らぬのである。
 そもそも神に来るとはわれらの窮乏や罪悪を持ち来る以上のこと、われらの不快な罪、すなわち短気や嫉妬や恐怖のごときものからの救いを求めて来るより以上のこと、すなわち神に来るとは、全くまた永久に神の有となるべくわれら自身を神に持ち来ることである。『わが子よ 汝の心を我にあたへよ』(箴言二十三章二十六節)と神は仰せたもう。主はただ自己のためにのみ何物かを求め、自己が神のために何物かであるべき何らの意向も持たぬ若者に向かって『賣りて…與へよ…來りて我に從へ』(ルカ伝十八章二十二節)と命じたもうた。しかしてかかる御命令を苛酷と思わしめ、神の御謙卑のかくも驚くべき顕れの上になお苦痛を加えるものは、ただわれらの生来の堕落性のみである。しかり実にわれらの神に来ることを妨げるものはそれである。われらが萎縮し失敗し躊躇逡巡する所以はここにあるのである。
 さりながら神はその途を平坦にし容易になしたもう。神はわれらが御許に近づくことを恐れまた嫌うことのないよう、これが救済の道を備えたもうた。われらの心が神に対して絶対降服することを恐れるほどに堕落している故に、キリストの死が即刻即座にこの堕落性を亡ぼし得たもうのである。主はこの秘密をわれらに示したもうた。『すべて父より聽きて學びし者は我にきたる』(ヨハネ伝六章四十五節)という驚くべき言葉がそれである。さればこれがわれらの神に教えられているか否かを知る間違いなき験しで、実に幸いなる験しである。
 われらは罪と悲哀と窮乏を意識するとき、殊に全き降服を躊躇せしめる内部の腐敗性を自覚するときに、本能的にキリストに遁れ行くであろうか。それともわれらが今少し改善するまで、今少し潔くなるまで、今少し熱心になるまで、あるいは内なる恐れが失するまでキリストに遠ざかっていようとする傾向を有つであろうか。そうであれば、悲しいかな、まだ『神に敎へられ』(同節)てはいない。必意われらの智慧と学識の源泉は肉的であったのである。
 されば神のわれらに教えたもう学課はただこれ、すなわちキリストを離れては全く愚劣傲慢であり、暗黒絶望である、けれども神に教えられた者は「キリストに来る」ということである。キリストに来る! これは何たる幸いな言葉! 何たる恵み! 何たる栄光! 何たる福音なるかな! ハレルヤ!
 われらはそこにいるか。今この時、われらの状態はそれであるか。それがわれらの心の態度であろうか、もしそうであるならば神を頌めよ。われらは神に教えられているのである。神よりほかに何者もかくのごとき学課を人の心に教え得る者はない。喜びなく、平和なく、愛なく、何の感情もなきままに、固い暗い冷たいままに、キリストにありて神に来る。これが信仰生活の第一歩で、われらはその秘訣を見出したのである。すなわちわれらはそのありのままでキリストに在りて神に来たのである。

 『神の在すことを必ず信ずべし

 しかして今戦いが始まる。神は『必ず信ずべければなり』、すなわち信ぜざるべからずと仰せたもう。これは霊的王国の不動の法律で、破るべからざるものである。しかるに神の民のこの語を誤解すること如何に多きぞ。『我ら信ぜずと雖も神は誠信なり。彼は己に違ふ事能はざるなり』(テモテ後書二章十三節・元訳)という御言を人々は誤解して、われらが信じても信じないでも神はわれらを恵みたもうと言う。けれどもこの語の意味はちょうどその反対で、われらが信じなければ神はわれらを恵みたもうことができないということである。神は御自身に違うことができない。すなわち神はその霊的法則を取り消したもうことができぬ。されば我らは信じなければならぬ。そうでなければ神はわれらを恵みたもうことができぬのである。
 『神の在すことを必ず信ずべし
 これらの語を正当に理解するために、出エジプト記第三章にかえって学ばねばならぬ。そこで神はイスラエル人を奴隷の軛から救い出すために、御自身を、大いなる「我在り」すなわち常に臨在し、決して変わらざる、常に働く神として顕したもうた(十四節)。かくわれらは神がちょうど今聴きつつ、答えつつ、赦しつつ、浄めつつ、満たしつつ、聖霊をもってバプテスマを施しつつ在すと信ぜねばならぬ。神は明日の神でなく、今日の神で在りたもう。何となれば『視よ今は惠のとき、視よ今は救の日なり』(コリント後書六章二節)、『聖靈の言ひ給ふごとく今日……』(ヘブル書三章七節)、『今日なんぢは我と偕にパラダイスに在るべし』(ルカ伝二十三章四十三節)、『今日われ汝の家に宿るべし』(ルカ伝十九章五節)、『「この聖書は今日なんぢらの耳に成就したり」人々みなイエスを譽め、又その口より出づる惠の言を怪しみて』(ルカ伝四章二十一、二節)、『而して()是をもて我を試みるべし』(マラキ書三章十節)とあるとおりである。
 「日毎に、時毎に、瞬間毎にこれ(全き聖化)を期待せよ。どうしてこの時この瞬間にそれを期待することができないであろうか。もし君がそれを信仰によって得られるものと信ずるならば、慥かにそれを期待し得るはずである。これによって、たしかに君がそれを信仰によって求めるか業によって求めつつあるかを知ることができる。もし業によるならば、君が聖められる前にまず何事かなすべきことを要する。君はまず第一に自らかくかく成り、またはこれこれのことを為さねばならぬと思う。それならば君は今日まで業によってそれを求めつつあるのである。もし信仰によってそれを求めるならば、君はその在りのままでそれを期待せよ。在りのままでならば、今それを期待せよ、……信仰によって期待せよ。君のその在りのままで期待せよ。今それを期待せよ」とはジョン・ウェスレー氏の言葉である。
 われらの立場をここに取るまでは、実際の信仰はない。もしわたしが実際に彼に来ているならば、すべての外観感情議論が反対に見えても、それらに関せず、神はこの瞬間わが衷にその聖工をなしつつありたもうのである。神は動きたまわず! 神は変わりたまわず! 神は変わるべからざる神で在したもう。さればもし聖書通りに、在りのまま、窮乏と悲哀と罪悪のまま、自己に絶望し、自ら永久に神のものとなるべく、降服して神に来たならば、神の在すことを信ぜねばならぬ。これこそ『聖徒の一たび傳へられたる信仰』の道である(ユダ書三節)。ここに立ち、サタンのすべての火矢と不信仰の悪しき心の暗示を防がねばならぬのである。

 『神の己を求むる者に報い給ふことを信ずべし

 「しかして多くの人はそのごとくにしてなお失敗した」と君は言う。もしそうであったならばその失敗の秘密はここにある。かかる人は気楽な信仰主義に安んじて、主が己を熱心に求める者に約束したもうた恩恵深き報いを励み求めることをなさなかったのである。われらは信仰なくしてはわれらを愛したもう天の父を悦ばし奉ることのできないことを深く信じているだろうか。われらはすべてわれらの窮乏と罪悪と失望をもってそのままに神に来ているであろうか。われらはまたヱホバの変わらざる御約束に立って、自己に失望し信じ切っているであろうか。もしそうであれば、もう一歩残っているところは、切に神を俟ち望み、御顔を求めることである。さらば主にまみえるときはたとえ遅くとも必ず来る。神はその来ることを約束していたもう。
 俟ち望め、もちろん期待して待ち望め。たとえわれらは未だそれを見ずとも、神は与えたもうた、また成し遂げたもうたを信じつつ俟ち望め、報いを待ち望め。その報いは(一)神が永久にわれらを受け納れたもうたということ、(二)『イエス・キリストの血、すべての罪より我らを潔む』(ヨハネ一書一章七節)ということ、(三)キリストのわれらの衷に生きたもうということ。これら三重の意識的な証である。これが聖徒の願望する報いの全体である。これこそ地上で経験する天国であり、信仰をもって力を尽くして主を求めるすべての者に約束されたところである。ブラムウェルは「強い信仰と絶えざる祈禱はあらゆる結果を生ずる生産力である。これはわたしが二十度も反復し書き得るところである」と言っている(されば私が三度それを書いてもよいわけである)。
 ホレーシャス・ボーナーは「この大真理を決して見失うな。すなわち聖霊に対するすべての苦き根、汝の衷の悪きものは神を信任せざることである」と言っている。
 しかしてまたマデレーのフレッチャーは「わたしが不信仰の中に立てるときは、一滴の泥水が誘惑の太陽に照りつけられ、干し上げられるようであった。けれどもキリストに固着しているときには、その同じ一滴の水が、光明と、生命と、自由と、能力と、慈愛の涯しなく、底なき大洋に見失われたようである」と言っている。
 主は仰せたもう、『われ汝に、もし信ぜば神の榮光を見んと言ひしにあらずや』(ヨハネ伝十一章四十節)、また仰せたもう、『なんぢもし信ずる事を得ば信ずる者に於て爲し能はざる事なし』(マルコ伝九章二十三節・元訳)と。



|| 緒言 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | A | 目次 |