新 約 全 書 馬 太またい 傳 福 音 書

第 三 章



  1. 當時そのころバプテスマのヨハネ來りてユダヤの野に宣傳のべつたへて
  2. いひけるは 天國はちかづけり 悔改くひあらためよ
  3. は主の道をそなへその路線みちすぢなほくせよと野によべる人の聲ありと預言者イザヤがいひし人なり
  4. このヨハネは身に駱駝らくだ毛衣けごろもをき腰に皮の帶をつかね蝗蟲いなごと野蜜を食物とせり
  5. 斯時このときエルサレム及びユダヤをこぞりまたヨルダンの四方より人々いでてヨハネにつき
  6. 己が罪をくひあらはしヨルダンにて彼よりバプテスマをさづけられたり
  7. バプテスマをうけんとてパリサイおよびサドカイの人々の多く來れるを見て彼等にいひけるは まむしすゑたがなんぢらにきたらんとするいかりさくべきことをつげしや
  8. され悔改くひあらためかなを結べよ
  9. 爾曹なんぢらわれらが先祖にアブラハムありいふことをおもなかれ 我爾曹なんぢらつげん 神はよくこの石をもアブラハムの子とならしめ給ふなり
  10. 今や斧を樹の根におかる故にすべ善果よきみむすばざる樹はきられて火に投入なげいれらるべし
  11. 我は爾曹なんぢら悔改くひあらためさせんとて水をもっ爾曹なんぢらにバプテスマを授く 我より後にくる者は我にまさり能力ちからあり 我は其履そのくつとるにもたらず 彼は聖靈と火をもて爾曹なんぢらにバプテスマをさづけ
  12. 手にはもち其禾塲そのうちばきよめ麥をあつめその倉にいれからきえざる火にてやくべし

  13. 斯時このときイエス ヨハネにバプテスマをうけんとてガリラヤよりヨルダンに來り給ふ
  14. ヨハネいなみいひけるは 我はなんぢよりバプテスマをうくべき者なるになんぢかへって我にきた
  15. イエスこたへけるは 暫く許せ 如此かくすべてのたゞしき事は我儕われらつくべきなり こゝおいてヨハネ彼に許せり
  16. イエス バプテスマを受けて水よりあがれるとき天たちまこれが爲にひらけ 神のみたま鴿はとの如くくだりその上にきたるを見る
  17. 又天より聲ありて わが心にかなふわが愛子あいしなりといへ


| 新約全書目次 | 太 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 |
| 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 總目次 |