新 約 全 書 馬 太またい 傳 福 音 書

第 二 十 四 章



  1. イエス殿みやよりいでければその弟子すゝみて殿みや搆造かまへを彼にせんとしたりしに
  2. イエス彼等にいひけるは 爾曹なんぢらすべて此等これらを見ざるか われまことに爾曹なんぢらつげ此處このところひとつの石も石の上にくづされずしてはのこらじ
  3. イエス橄欖山かんらんざんし給へるとき弟子ひそかにきたりていひけるは いづれの時このことあるや 又なんぢきたしるしと世のをはりしるし如何いかなるぞや 我儕われらつげたまへ
  4. イエスこたへて彼等にいひけるは 爾曹なんぢら人に欺かれざるやうつゝしめ
  5. そはおほくの人わが名ををかしきたり 我はキリストなりといひおほくの人を欺くべし
  6. 又なんぢらいくさいくさ風聲うはさをきかん されつゝしみおそるゝなか此等これらの事は皆あるべきなり しかれども末期をはりいまだ至らず
  7. たみおこりてたみをせめ國は國をせめ饑饉きゝん、疫病、地震ところどころにあるならん
  8. これみなわざはひはじめなり
  9. そのとき人なんぢらを患難なやみわた爾曹なんぢらを殺すべし 又なんぢらわが名のため萬民ばんみん憎にくまれん
  10. このとき許多おほくのものつまづきかつたがひわたたがひうらむべし
  11. またにせ預言者おほくおこりおほくの人をあざむかん
  12. また不法みつるによりおほくの人の愛情ひやゝかになるべし
  13. されをはりまで忍ぶ者はすくはるゝ事を得ん
  14. 天國てんこくこの福音を萬民ばんみんあかしせんためあまねく天下に宣傳のべつたへられん しかるのち末期をはりいたるべし
  15. 是故このゆゑに預言者ダニエルによりいはれたる所の殘暴あらすにくむべきもの聖處せいしょたつを見ば(讀者よむものよく思ふべし)
  16. 厥時そのときユダヤにをる者は山にのがれよ
  17. 屋上やのうへをるものはその家の物をとらんとておりなか
  18. はたにをる者はその衣をとらんとて歸るなか
  19. その日にははらめる者とのまするをんなわざはひなるかな
  20. 爾曹なんぢら冬または安息日あんそくにちにぐる事をまぬかれんために祈れ
  21. そのときおほいなる患難なやみあり かくの如き患難なやみは世のはじめより今に至るまであらざりき 又のちにもあら
  22. もしその日をすくなくせられずば一人だにすくはるゝ者なからん されえらばれし者のためその日はすくなくせらるべし
  23. その時もしキリスト此處こゝにあり 彼處かしこにありと爾曹なんぢらに言ふ者あるとも信ずるなか
  24. そはにせキリストにせ預言者たちおこりおほいなる休徵しるし異能ふしぎなるわざおこなえらばれたる者をもあざむく事を得ばこれあざむべければなり
  25. われあらかじめ爾曹なんぢらこれつぐ
  26. もしキリストありといふ者あるともいづなかへやありいふものあるとも信ずるなか
  27. そはいなづまの東よりいでて西にまでひらめくが如く人の子もきたるべければなり
  28. それしかばねのあるところには鷲あつまらん
  29. 此等これらの日の患難なやみのちたゞちに日はくらく月は光を失ひ星は空よりおち天のいきほふるふべし
  30. そのとき人の子のしるし 天に現る また地上にある諸族は哭哀なげきかなしかつ人の子の權威とおほいなる榮光をもて天の雲に乗來のりきたるを見ん
  31. 又その使等つかひたちつかはらっぱおほいなる聲をいださしめて天の此極このはてより彼極かのはてまで四方しはうよりそのえらばれし者を集むべし

  32. それなんぢら無花果樹いちじくよりたとへを學べ その枝すでにやはらかにして葉めぐめば夏の近きをしる
  33. かくの如く爾曹なんぢらすべ此等これらの事を見ば時ちかく門口かどぐちに至るとしれ
  34. われまこと爾曹なんぢらつげ此等これらの事ことごとくなるまでこの民はうせざるべし
  35. 天地はうせされ我言わがことばうせ
  36. その日その時をしるものはたゞわが父のみ 天の使者つかひたれもしる者なし
  37. ノアの時の如く人の子のきたるもまたしからん
  38. それ洪水の前ノア方舟はこぶねにいる日までは人々飲食のみくひ嫁娶とつぎめとりなどして
  39. 洪水のきたことごとこれほろぼすまでしらざりき かくの如く人の子もまたきたらん
  40. そのとき二人はたあらんに一人はとられ一人はのこさるべし
  41. 二人のをんなうすひきをらんに一人はとられ一人はのこさるべし
  42. 是故このゆゑ爾曹なんぢらしゅいづれの時きたるかをしらざれば怠らずして守れ
  43. 爾曹なんぢらこれをしれ もし家の主人あるじぬすびといづれの時きたるかをしらその家をまもりて破らすまじ
  44. され爾曹なんぢらもまた豫備そなへせよ おもはざる時に人の子きたらんとすればなり
  45. 時におよびかてを彼等にあたへさするため主人あるじがその僕等しもべどもの上にたてたる忠義にしてさときしもべたれなる
  46. その主人あるじきたらん時かくの如くつとむるをみらるゝしもべさいはひなり
  47. われまことに爾曹なんぢらつげその所有もちものをみな彼につかさどらすべし
  48. もしそのあしきしもべおのが心に主人あるじきたるはおそからんとおも
  49. その朋輩ほうばい打撻うちたゝきて酒にゑひたる者どもと共に飲食のみくひはじめなば
  50. そのしもべ主人あるじおもはざるの日しらざるの時にきたりて
  51. これ斬殺きりころそのむくいを僞善者とおなじうすべし 其處そこにて哀哭かなしみ切齒はがみすることあら


| 新約全書目次 | 太 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 |
| 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 總目次 |