新 約 全 書 馬 太またい 傳 福 音 書

第 十 一 章



  1. イエスその十二弟子に示畢しめしをはりしとき 此處こゝをさり道を教へひろめんが爲に彼等の諸邑むらむらゆけ

  2. さてヨハネひとやにてキリストのなしわざきゝその弟子二人を彼につかはして
  3. いはせけるは きたるべき者はなんぢなるか 又われらほかまつべき
  4. イエス彼等にこたへいひけるは 爾曹なんぢらきくところみるところの事をヨハネにゆきつげ
  5. 瞽者めしひはみ跛者あしなへはあゆみ癩病人らいびゃうにんきよまり聾者つんぼはきゝしにたる者は復活いきかへされ貧者まづしきものは福音をきかせらる
  6. おほよわがためにつまづかざる者はさいはひなり

  7. 彼等の歸れるのちイエス ヨハネの事を人々にいひけるは 爾曹なんぢら何を見んとて野にいでしや 風にうごかさるゝあしなる
  8. さら爾曹なんぢら何を見んとていでしや 美服やはらかきころもを着たる人なるか 美服やはらかきころもを着たる者は王宮おうのいへあり
  9. さらば何を見んとていでしや 預言者なるか しかり われ爾曹なんぢらつげん 彼は預言者よりも卓越すぐれたる者なり
  10. それなんぢにさきだちて道をそなふ使者つかひわれなんぢの前におくらんとしるされたるはすなはこれなり
  11. まこと爾曹なんぢらつげをんなうみたる者のうちいまだバプテスマのヨハネよりおほいなる者はおこらざりき され天國てんこく最小いとちひさき者も彼よりはおほいなるなり
  12. バプテスマのヨハネの時より今に至るまで人々はげみ天國てんこくとらんとす はげみたる者はこれとれ
  13. それすべての預言者と律法おきての預言したるはヨハネの時までなればなり
  14. もしなんぢら我言わがことばうくることを好まばきたるべきエリヤはこれなり
  15. 耳ありてきこゆる者はきくべし

  16. われこの世を何にたとへんや 童子わらべちまたに坐し其侶そのともよび
  17. われら笛ふけども爾曹なんぢらをどらず かなしみをすれども爾曹なんぢら胸うたずといふに似たり
  18. そはヨハネきたりくらふことのむことをざれば鬼につかれたる者なりと人々いへ
  19. 人の子きたりてくらふことをしのむことをれば又しょくたしなみ酒を好む人 税吏みつぎとり罪ある者の友なりといふ されども智慧ちゑ智慧ちゑの子にたゞしらるゝなり

  20. 厥時そのときイエスおほく異能ことなるわざなしたまひたる諸邑むらむら悔改くひあらためざるによりいましめいひけるは
  21. あゝわざはひなるかな コラジンよ あゝわざはひなるかな ベテサイダよ 爾曹なんぢらうちなし異能ことなるわざもしツロとシドンになししならば彼等は早くあさをき灰をかうむりて悔改くひあらためしなるべし
  22. われ爾曹なんぢらつげ審判さばきの日にはツロとシドンの刑罪けいばつ爾曹なんぢらよりもかへっやすからん
  23. 既に天にまであげられしカペナウンよ 又陰府よみにまでおとさるべし そはなんぢになし異能ことなるわざもしソドムになししならば今日けふまでもなほ保存たもちしならん
  24. 我なんぢらにつげ審判さばきの日にソドムの地はなんぢよりもかへっやすかるべし

  25. そのときイエスこたへいひけるは 天地のしゅなる父よ この事を智者かしこきもの達者さときものに隱して赤子をさなごあらはしたまふをしゃ
  26. 父よ しかり それかくの如きは聖旨みこゝろかなへるなり
  27. 父のわれ萬物ばんぶつあたへたまへり 父のほかに子をしるものなくまた子および子のあらはす所の者のほかに父をしる者なし

  28. すべつかれたる者またおもきおへる者はわれきたわれ爾曹なんぢらやすません
  29. われは心柔和にして謙遜者へりくだるものなればわがくびきおひわれならへ なんぢら心に平安やすきべし
  30. そはわがくびきやすくわが荷は輕ければなり


| 新約全書目次 | 太 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 |
| 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 總目次 |