新 約 全 書 約 翰よはね 傳 福 音 書

第 九 章



  1. イエスゆくとき生來うまれつきなるめしひを見しが
  2. その弟子かれにたづねいひけるは ラビ この人のめしひうまれしはたれの罪なるや おのれよるか 又二親ふたおやるか
  3. イエスこたへけるは この人の罪にあらまたその二親ふたおやの罪にもあらず 彼によりて神の作爲わざあらはれんためなり
  4. ひるうちわれかならずわれつかはしゝ者のわざをなすべきなり よるきたらん そのときたれわざをなすことあたはず
  5. われ世にをる時は世の光なり
  6. この事をいひて地につばきつばきにて土をときその泥を瞽者めしひの目にぬり
  7. 彼にいひけるは シロアムの池にゆきて洗へ 彼すなはちゆきて洗ひ目みることを得て歸れり シロアムこれとけつかはされし者との義なり
  8. 隣の人々およびもとよりかれ乞食こつじきなりしを見し者等ものどもいひけるは すわりて物をこひし人ならず
  9. ある人は彼なりといひある人は似たるなりといふ 彼いひけるはわれは彼なり
  10. 彼等いひけるは なんぢの目は如何いかにしてあきたるや
  11. こたへいひけるは イエスといふ人 土をときわが目にぬりいふ シロアムの池にゆきあらへわれゆきてあらひければ目みることを得たり
  12. 人々かれにいひけるは 彼は何處いづこをるこたへしらずといふ
  13. 彼等このめしひなりし者をパリサイの人のもと携詣ひきいたれり
  14. 土をときてイエス彼が目をあけし日は安息日あんそくにちなりき
  15. パリサイの人も彼にとひけるは なんぢの目は如何いかにしてあきたるや こたへけるは かれ泥をわが目におく われそれあらひみることを得たり
  16. あるパリサイの人いひけるは この安息日あんそくにちまもらざるがゆゑに神よりいでしにあらある人いひけるは 罪人つみびといかでかゝ奇跡しるしを行ふことを得んや こゝおいて彼等あらそひわかれたり
  17. また瞽者めしひいひけるは なんぢの目をあけしによりなんぢかれの事をなにいふこたへけるは 彼は預言者なり
  18. ユダヤびとかれの瞽者めしひなりしに見うるやうなりしことをその二親ふたおや呼來よびきたるまでは信ぜず すなは二親ふたおや呼來よびきたりて
  19. これとひけるは この人は瞽者めしひにてうまれしといふところの爾曹なんぢらの子なるか 今いかにしてみることを得たる
  20. 二親ふたおやかれらにこたへけるは これわが子なると生來うまれつきめしひなるとをしる
  21. されど今如何いかにして目明めあきなりしか我儕われらこれをしらまたその目をあけしはたれなるしらず 彼は年長おとななり 彼にたづねよ 彼みづからいふべし
  22. 二親ふたおや如此かくいひしはユダヤびとおそれしによる そはイエスをキリストと言明いひあかす者あらば會堂よりいだすべしとユダヤびとたがひに議定いひさだめたればなり
  23. 二親ふたおやの 彼は年長おとななり 彼にたづねよといひしは此故このゆゑなり
  24. めしひなりし者をまたよびていひけるは ほまれを神に歸せよ 我儕われらかの人の罪人つみびとなるをしる
  25. かれこたへけるは罪人つみびとなるやいな われこれしらわれ瞽者めしひなりしが今目明めあきになれる この一事ひとつのことしる
  26. 彼等またいひけるは 彼はなんぢに何をなししや 如何いかにしてなんぢの目をあけしや
  27. こたへけるは われすでに爾曹なんぢらいひしに爾曹なんぢらきかず 何故なにゆゑふたゝびきかんとするか 爾曹なんぢらその弟子にならんとおもふや
  28. かれらのゝしいひけるは なんぢその人の弟子 われらはモーセの弟子なり
  29. 神のモーセにかたりこと我儕われらしれり されこの人の何處いづくよりきたれる我儕われらしらず
  30. その人こたへけるは あやしき事なり 彼すでにわが目をあけしにその何處いづこよりきたれるを爾曹なんぢらしらずといふ
  31. 神は罪人つみびときかされど神を敬ひて其旨そのむねしたがふ者にてきゝたまふと我儕われらしる
  32. 世の元始はじめより以來このかたうまれつきなる瞽者めしひの目をあけし人あるをきか
  33. もしこの人神よりいでずば何事をもなし得ざるべし
  34. 彼等こたへていひけるは なんぢことごと罪孼つみうまれし者なるにかへっ我儕われらをしふるか つひに彼を逐出おひいだせり
  35. 彼等が逐出おひいだしゝことをきゝイエスたづねこれあひいひけるは なんぢ神の子を信ずる
  36. こたへいひけるは しゅかれとしてわが信ずべき者はたれなるや
  37. イエスいひけるは なんぢすでに彼をみる 今なんぢとものいふ者はそれなり
  38. しゅわれ信ずといひて彼をはいせり
  39. イエスいひけるは われ審判さばきせんために世にきたすなはみえざる者をしてみえみゆる者をしてかへっめしひならしむ
  40. イエスとともをりしパリサイの人このことばきゝて彼にいひけるは 我儕われらめしひなる
  41. イエス彼等にいひけるは 爾曹なんぢらもしめしひならば罪なかるべし されど今われらみゆいひしにより爾曹なんぢらの罪はのこれり


| 新約全書目次 | 約 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 |
| 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 總目次 |