新 約 全 書 約 翰よはね 傳 福 音 書

第 二 十 章



  1. 一週ひとまはりはじめの日の朝いまだくらきうちにマグダラのマリア墓にきたりて石の墓より取去とりのけありしを見
  2. つひにシモンペテロまたイエスの愛せし所の弟子に趨往はしりゆきいひけるは 墓よりしゅとりし者あり 我儕われら何處いづこおきしや其處そのところしら
  3. ペテロとかの一人の弟子いでゝ墓にゆく
  4. 二人ともにはしほかの弟子ペテロよりとくはしりて先に墓にいたり
  5. かゞみしかばねつゝみし布をおけるを見たれどもいら
  6. シモンペテロ彼におくれきたり墓にいりつゝみし布をおけるを見たり
  7. そのかうべつゝみ手巾てぬぐひしかばねつゝみし布とともおかはなれほかところたゝみおけ
  8. こゝおいて先に墓にきたれるほかの弟子もいりこれを見て信ぜり
  9. しるしてイエスの死よりよみがへるべき事あるを彼等いまだしらざるなり
  10. かくて弟子はおのれの宿に歸れり
  11. マリアは墓の外にやちなげきつゝ墓にむかひかゞみ
  12. 二人の天使てんのつかひしろき衣を着イエスのしかばねおきたりし所のかうべかたに一人 足のかたに一人をるを見たり
  13. 天使てんのつかひかれにいひけるは をんななんなげくや 彼こたへけるは わがしゅとりし者あり 何處いづこおきしかをしらざればなり
  14. 如此かくいひて反顧ふりかへりイエスのたちしを見る されどもイエスなることをしら
  15. イエス彼にいひけるは をんななんなげくたれたづぬるか マリアそのを守る人ならんとおもひ彼にいひけるは きみなんぢもし彼を轉移はこびうつしゝならば何處いづこおきしかわれつげわれこれをとるべし
  16. イエス彼にマリアよといふ をんなかへりみて彼にラボニといへこれとけ夫子ふうしなり
  17. イエス彼にいひけるは われさはることなかわれいまだわが父にのぼらざればなり わが兄弟にゆきていへ われわが父すなはち爾曹なんぢらが父 わが神すなはち爾曹なんぢらが神にのぼると
  18. マグダラのマリアしゅを見し事としゅ如此かくおのれにいひ給へるといふ事を弟子等でしたちゆきつぐ

  19. この日の暮時くれがたすなはち一週ひとまはりはじめの日弟子等でしたちユダヤびとおそるゝによりあつまれる所のかどとぢおきしがイエスきたり其中そのうちたちかれらにいひけるは 爾曹なんぢらやすかれ
  20. 如此かくいひしのちその手とあばらを彼等に見す 弟子たちしゅを見て喜べり
  21. イエスまた彼等にいひけるは 爾曹なんぢらやすかれ 父のわれつかはしゝ如くわれ爾曹なんぢらつかはさん
  22. 此如かくいひしのちいきふきて彼等にいひけるは 聖靈をうけ
  23. なんぢらたれの罪をゆるすともその罪ゆるされたれの罪をさだむるともその罪さだめらるべし
  24. イエスきたりしとき十二の弟子の一人なるデドモととなふるトマス彼等とともをらざりき
  25. 是故このゆゑほかの弟子かれにいひけるは 我儕われらしゅを見たり トマス彼等にいひけるは われもしその手にくぎあとを見わが指をくぎあとさしわが手をそのあばらさすあらずば信ぜじ
  26. 八日をすぎのちまた弟子たちいへの内にをりけるがトマスも彼等とともをれかどとぢたるにイエスきたり其中そのうちたちいひけるは 爾曹なんぢらやすかれ
  27. つひにトマスにいひけるは なんぢの指をこゝのべわが手を見なんぢの手をのべわがあばらにさせ 信ぜざるなかれ 信ぜよ
  28. トマスこたへて彼にいひけるは わがしゅわが神よ
  29. イエス彼にいひけるは なんぢわれを見しによりて信ず 見ずして信ずる者はさいはひなり
  30. このふみしるさゞるほかなほ許多おほく奇跡しるしをイエス弟子の前にてなせ
  31. このふみしるせるは爾曹なんぢらをしてイエスの神の子キリストなる事を信ぜしめこれを信じその名により生命いのちを得させんがためなり


| 新約全書目次 | 約 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 |
| 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 總目次 |