新 約 全 書 約 翰よはね 傳 福 音 書

第 二 十 一 章



  1. 此後このゝちイエスまたテベリアのみづうみにて弟子等でしたちおのれを現せり その現せる事の如し
  2. シモンペテロとデドモといへるトマスおよびガリラヤのカナのナタナエルとゼベダイの子等こたちまたほかの二人の弟子ともにあり
  3. シモンペテロ彼等にいひけるは われすなどりゆかん 彼等いひけるは 我儕われらともゆかん 彼等いでゝ舟にのりしが此夜このよなに所獲えものなかりき
  4. すであけたるにイエス岸にたてされ弟子等でしたちそのイエスなる事をしら
  5. イエス彼等にいひけるは 小子をさなごどもよ 食物しょくもつあるや 彼等こたへけるは なし
  6. イエス彼等にいひけるは 網を舟の右にうた所獲えものあらん つひに網をうつ うをおほきにより曳擧ひきあぐることあたはず
  7. こゝおいてイエスの愛せし所のかの弟子ペテロにいひけるは これしゅなり シモンペテロしゅなりときゝて裸なりしがころもをつけ帶してうみ投入とびいり
  8. ほか弟子等でしたちは小舟にてうをいりたる網をひきて至れり そは岸をさること遠からず五十けんばかりなりければなり
  9. 岸につきしに炭火すみびその上にのせたるうをおよびパンあるを見たり
  10. イエス彼等にいひけるは 今とりし所のうをを少し携來もちきた
  11. シモンペテロ舟にゆき網を岸に曳來ひきゝたりしにその網のなかおほいなるうを百五十三いりたり 如此かくおほかりけれど網はやぶれざりき
  12. イエス彼等にいひけるは きたりしょくせよ 弟子たちあへて彼になんぢたれなるとたづぬることをせず しゅなりとしればなり
  13. イエスきたりてパンをとりかれらにあたうををもまたそのごとくせり
  14. イエス死よりよみがへりしのちおのれ弟子等でしたちに現せる事これ三次みたびなり
  15. さてかれらしょくしてのちイエス シモンペテロにいひけるは ヨナの子シモンよ なんぢこれらの者にまさりわれを愛するや 彼いひけるは しゅしかり わがなんぢを愛することはなんぢしれり イエス彼にいひけるは わがこひつじかへ
  16. また二次ふたゝびかれにいひけるは ヨナの子シモンよ われを愛する かれいひけるは しゅしかり わがなんぢを愛することはなんぢしれり イエス彼にいひけるは わが羊をかへ
  17. 三次みたびかれにいひけるは ヨナの子シモンよ われを愛する ペテロ三次みたびわれを愛するいはれしによりうれかくこたへけるは しゅしらざる所なし わがなんぢを愛することはなんぢしれり イエス彼にいひけるは わが羊をかへ
  18. まことまことなんぢつげなんぢいとけなき時みずからおびこゝろまかせて遊行あるきおいては手をのべて人なんぢくゝこゝろかなはざる所に曳至ひきいたらん
  19. 如此かくいへるはその如何いかなる死にて神をあがめんといふ事を示したるなり これいひのち又彼にいひけるは われに從へ
  20. ペテロ反顧ふりかへりイエスの愛せし弟子の從へるをみる この弟子はしょくする時イエスのむねよりしゅわたす者はたれぞやととひし弟子なり
  21. ペテロこれを見てイエスにいひけるは しゅこの人いかに
  22. イエス彼にいひけるは われもし彼がながらへわがきたるをまつのぞまなんぢなにかゝはりあらんや なんぢわれに從へ
  23. こゝおい此言このこと兄弟のうちつたはりてこの弟子しなずといへされどもイエス ペテロに彼はしなずといひしにあらわれもし彼がながらへてわがきたるをまつのぞまなんぢなにかゝはりあらんいひしなり
  24. 此等これらの事についてあかしをなしまたこれをしるしゝ者はその弟子なり 我儕われらそのあかしまことなる事をしれ
  25. イエスのなしし事は此等これらほかになほ許多あまたあり もしこれを一々いちいちしるしなばそのふみこの世に載盡のせつくすことあたはじとおもなり アメン

新約全書約翰よはね傳福音書 をはり



| 新約全書目次 | 約 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 |
| 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 總目次 |