神 の 潔

バックストン敎師講演



 ウジヤ王のしにたる年われ高くあがれる御座(みくら)にヱホバの坐し給ふを見しに その衣裾(もすそ)は殿にみちたり セラピムその上にたつ おのおの六(むつ)の翼あり その二(ふたつ)をもて面(おも)をおほひ その二をもて足をおほひ 其二をもて飛翔り たがひに呼いひけるは 聖なるかな聖なるかな聖なるかな萬軍のヱホバ その榮光は全地にみつ 斯よばはる者の聲によりて閾(しきみ)のもとゐ搖うごき家のうちに煙みちたり このとき我いへり 禍ひなるかな我ほろびなん 我はけがれたる唇の民のなかにすみて穢たるくちびるの者なるに わが眼ばんぐんのヱホバにまします王を見まつればなりと  爰にかのセラピムのひとり鉗(ひばし)をもて壇の上よりとりたる熱炭(あかきひ)を手にたづさへて我にとびきたり わが口に觸ていひけるは 視よこの火なんぢの唇にふれたれば既になんぢの惡はのぞかれ なんぢの罪はきよめられたりと 我またヱホバの聲をきく曰く われ誰をつかはさん誰かわれらのために往くべきかと そのとき我いひけるは われ此(こゝ)にあり我をつかはしたまへ ヱホバいひたまはく 往てこの民にかくのごとく告よ なんぢら聞てきけよ然どさとらざるべし 見てみよ然どしらざるべし
                        (以賽亞書六章一節より九節)

 既になんぢの悪はのぞかれ──おお実に幸いでございます。イザヤはよほど以前に罪の赦しを受けました。しかして一章十八節以下、また二章を見ますれば、彼は熱心をもってエルサレムの罪人に対して神の恵みを宣べ、罪の赦しを伝えました。けれどもイザヤは未だ心の悪は全く除かれませんでしたが、この日、全き潔めを得ました。神の御霊の熱き火をもって潔められ、証の能力を受けました。この日、イザヤは宮において明らかに神を見ました。その時までイザヤはたびたび宮に詣で、祈禱をなし、感謝を献げ、壇に載せたる犠牲を見て礼拝をいたしましたが、未だ明らかに神を拝することができませんでした。けれどもその日、いつものごとく礼拝をなすときに、心の中に確かに神の在したもうことを感じました。イザヤはそのとき明らかに神の聖顔を拝しました。その時までイザヤの宗教はただ化せられたる宗教ばかりでございました。すなわち他より納けたる宗教ばかりでございました。けれどもイザヤはその時初めて明らかに心の目に神を見、心の耳に神の聖声を聞くことができました。イザヤはよほど以前より、神が宮の内に宿りたもうことを信じ、また神の聖声の聞こゆることも信じておりましたが、その日初めてこれを実際に経験しました。そうしてイザヤはその日、真実に自分の穢れたる有様を認めて、真心をもって懺悔しました。また真実に罪の潔めを経験しました。イザヤはこれまでたびたびうわべに讃美を唱いましたが、その日初めて真心から溢るる讃美を献げました。
 おお兄弟姉妹よ、私共はたびたび神の聖前に出でて懺悔をなし、祈禱をなし、また感謝をいたします。けれどもこれはただ化せられたる宗教ばかりではありませんか。人間に教えられたる礼拝ばかりではありませんか。どうぞ静かにこのことをお考えなさい。実にこれは大事です。真心をもってすると、ただ人間より教えられてこのことをなすとは、実に大いなる相違があります。神が聖徒の集会の中に在したもうことは誰でも信ずるところのことです。また誰でも主イエスの御約束を信じますから、主イエスがこういう集会の真中に立ちたもうことも信じます。けれどもあなたはそのことを真実に経験したることがありますか、どうですか。‥‥‥神は一昨々晩からこの集会にいたまいます。そうしてこのことを真実に経験したる兄弟姉妹が多くあると信じます。私はこれを経験しました。これはただ信仰ばかりでなく、心の中に確かに経験いたしました。おお兄弟姉妹よ、神は今晩もう一度ここにいたまいます。どうぞ他の思いを棄てて、いま静かに神を見上げよ。どうぞ神の僕を見ず、主イエスを明らかに見よ。
 イザヤはその日、宮において神を見ました。そうしてイザヤはこれによって新しき恵みを得ました。すなわちイザヤはその日全き潔めを得、また証の能力を受けました。たぶんその時、礼拝人は宮の中に満ちていたでございましょう。その集会はよほど大勢の集まりであったと思います。けれどもその大勢の集会の中にて、その多数の礼拝者の中にてただ一人、神を見ました。ただ一人、新しき経験を得ました。その時たぶんイザヤの右にも左にも多数の人がおりましたでしょう。けれどもただイザヤばかり信仰の目をもって明らかに神を見ました。ただイザヤばかり神の聖声を聞きました。おお今晩明らかに神を見る者は誰ですか。たぶんここに一人、彼処に一人、信仰の目を開きて神を見る者がございましょう。たぶん今晩ここに一人、彼処に一人、神を見て全き潔めを受くる者が起りましょう。そうしてその左右には大勢の人がおりますが、その人々はただ神の僕ばかりを見ます。ただ集会を見物します。おお兄弟姉妹よ、今晩どなたが神を見ますか。どなたが信仰の目を開きてこの集会の真中に立ちたもう主イエスを見ますか。その時イザヤは神の大いなる聖能(みちから)を見ました。ヱホバの栄光の聖座に坐したもうを見ました。おおどうぞ今晩、神の大いなる聖能を見よ。どうぞ主イエスの大いなる聖能を見よ。御存じの通り、主イエスはあなたのために全く悪魔に勝ちたまいました。悪魔の工を全く毀ちたまいました。主イエスは今晩、栄光の高座(くらい)に坐したまいます。しかしてその主イエスは今あなたの小さい心から悪魔の仕業を全く却けたもうことができますまいか、どうでしょうか。
 おおどうぞただ信ぜよ。私共はたびたび自分の力を恃みて心の汚れを潔めんとし、主イエスの聖能を頼まぬことがございますが、それは実に偽りです。大いなる偽りです。私共はどれほどもがいても自分を救う力はありません。ただ悪魔に全勝を得て栄光の高座に上げられたまいし主イエスのみ、あなたの心より悪魔の仕業を全く追い出すことができます。確かにできます。けれども或る兄弟は、今晩はかく大勢で聖き集会に集まりておるからたいそう力がありますが、明日一人びとりで職業に従事したる時はいかがであろうか、来週悪魔の火箭を受けたればどうであろうかと恐れます。けれども栄光の高座に上げたれたまいし主イエスにより今晩全き潔めを受くれば、その主イエスは明日も来週もまたいつまでもあなたを守りたまいます。あなたを全く守りたもうことができます。主イエスが再び来りてあなたを納けたもう時まで、あなたの全霊全生全身を守りたもうことができます。おお私共の救主はそれほど大いなる救主であります。それほど強い救主であります。おおどうぞこの大いなる主イエスを見よ。どうぞ主イエスの聖能を信ぜよ。
 その時イザヤは主の聖顔を恐れました。自分の心が潔められませんから主の聖顔を見ることを恐れました。そうしてイザヤはどうか主の聖顔を避けたいと思うたでございましょう。されどもその裳裾は殿に満ちておりますから逃げられる場所がありません。どこに行きても主に触らねばなりません。おおこれは実に恐ろしいことです。全き潔めを受けざる者が主の聖前に立つことは実に恐ろしいことであります。今まであなたの心の中に戦いがありましたでしょう。また今晩も戦いがありましょう。神はあなたに身も霊も全く献げよと命じたまいます。けれどもあなたは献ぐることを好みませんから、今でも戦いがございます。また神はあなたに向かって潔くなれと命じたまいます。けれどもあなたは信仰をもって潔めらるることを望みませんから、あなたの衷にはなお戦いがやみません。おおどうですか、あなたは今一度、神に近づきとうございますか。けれどもあなたは全き潔めを得ませんなれば、神に近づけば近づくほど戦いが強くなります。イザヤのごとくあなたは神の聖顔を恐れて逃れたくなりましょう。けれども神の裳裾は殿に満ちておりますから逃れるところがございません。おお今晩、信仰の目を開きてここに満ちたもう神を見よ。今晩、信仰の手を伸べて神に触れよ。これは実に幸いであります。主イエスの御在世中、主の衣に触りたる者はいかなる病気でも忽ち癒えしごとく、今晩信仰の手をもって主に触ればあなたの病は忽ち癒され、あなたの穢れは必ず潔められます。おお神は今あなたに近づきたまいます。どうぞ信仰の目を挙げて神を見よ。イザヤは実にこれを見ました。けれどもイザヤの心の中にはただ戦いのみでありました。
 またイザヤはその時ただ神ばかりを見ません。神はイザヤに御自分の僕をも見せたまいました。すなわちセラピムをも見せたまいました。神はイザヤに、神のほんとうの僕はどういうものであるかということを覚らしめたまいとうございます。また神に満たされたる者はどういうものであるかということを示したまいとうございます。このセラピムは神の霊に化せられたる者です。セラピムの意味は燃ゆる者、すなわち聖霊に満たされて燃ゆる者です。天に在る神の僕はかくのごとく燃ゆる者でございます。地上に在る神の僕も同じく燃ゆる者であるはずです。そうしてこの燃ゆる僕には六つの翼がございまして、その二つをもって面をおおい、すなわち神の聖前に面をおおい、そうして神を待ち望みます。聖霊に満たされたる者はその通り常に神の聖前に俯伏して身も霊も献げ、翼をもってその面をおおいます。これは真実の礼拝でございます。すなわち己を全く献げて神を礼拝いたします。次に二つの翼をもって足をおおいます。これは己を匿すことです。かくのごとく聖霊に満たされたる者は謙遜でございます。聖霊が降りたまえば私共の高慢またわがままは全く失せます。聖霊に満たされたる神の僕はかくのごとく全く己を匿します。また第三に、その二つの翼をもって飛び翔ります。すなわちいつも神の聖声を待ち望みてその命令に服従し、その聖声に従うて翔け歩きます。そうして彼らは常に神の聖なることとその栄光の全地に満つることを感じて歌います。おお聖霊に満たされたる神の僕はかくのごとく常に己を献げて神を礼拝します。また己を匿して生涯を送ります。またいつも神の聖声を待ち望み、その聖声に従います。また彼等は神の聖なることを感じて讃美の生涯を暮らします。おお私共の生涯はいかがですか。あなたはこの燃ゆる者のごとき生涯を暮らしておりますか。あなたはこのセラピムのごとく謙遜をもって、熱心をもって神に仕えておりますか。私共は神の僕、また神の子供と称えられる者ですから燃ゆる者であるはずです。おおどうぞ自分の生涯をこのセラピムに較べ見よ。どうぞいま神の光に照らされて自分の心の有様を省みよ。
 イザヤはこの時、自分の有様を考えて、ああ災いなるかな、我は亡びなんと叫びました。イザヤは今まで神の僕と称えられ、熱心をもって神に事えたる者であります。けれどもいま神を見たる時、また神のほんとうの僕を見たる時に、ああ災いなるかな、我は亡びなんと叫びました。今までの熱心は肉に属ける熱心であり、今までの愛はごく冷淡でございました。今までたびたび神の聖旨を犯して自分の旨を行いました。今までたびたび礼拝の精神なく、祈禱の精神なく、ただうわべの礼拝をなし、またうわべの祈禱をしました。今まで自分の心の中にはただ高慢、ただ己ばかり満たされておりました。ああ災いなるかな、我は亡びなん。おお神は今晩この集会においてこういう叫びを聞きたまいとうございます。おお兄弟姉妹よ、あなたはいま神の聖なることを認めましたか。また神のほんとうの僕を認めましたか。そうしてあなたは自分の穢れたる有様、自分の冷淡なる有様、また自分のただ偽善者ばかりであることを認めて、心の底から、ああ災いなるかな、我は亡びなんと叫びますか。
 ああ災いなるかな、我は亡びなん、我はけがれたる唇の民のなかにすみて穢れたるくちびるの者なるに‥‥‥イザヤは神の栄光を拝し、また天の使いたちの聖き讃美を聞きしとき、自分の穢れたる有様を悟り、自分はとてもそういう清き讃美を唱うことができないと思いました。イザヤは未だそういう経験がありませんから、天使たちと偕に神を讃美することはできないと感じました。おお兄弟姉妹よ、あなたはこの歌を唱うときにそういう感覚が起りませんか。あなたは神の栄光を拝し、聖き天使たちの面を見て、自らの穢れたる有様を悟り、自分はその聖き天使たちの中に列なり清き讃美を歌うことはできないとは感じませんか。おおあなたは自分の穢れたる有様をほんとうに感じますか。そうしてあなたはいつまでもその穢れたるままにて暮らさねばなりませんか。またあなたはいつまでも、ああ災いなるかなと叫ばねばなりませんか。いいえ、そうではありません。神は何故に私共にこの汚れたる有様を示したもうかとなれば、神は私共にこれを示して、私共を全く潔めたまいとうございます。神は私共に新しき歌を唱わしめたまいとうございます。新しき感謝の歌、潔めの歌、救いの歌を唱わしめたまいとうございます。おお兄弟姉妹よ、神は今あなたに、あなたの汚れたる有様、あなたの偽善、あなたの冷淡、あなたの高慢なることを示したまいますか。されば神はあなたよりそれらを全く、取り去りたまいとうございます。神は今あなたを全く潔めたまいとうございます。あなたは今までの自分の穢れたる有様をご覧なさるとき、たいそう痛みを覚えて失望し、ああ災いなるかなと叫びましょう。けれども神はその叫びを聞きたまいます。確かに聞きたまいます。イザヤがその通り叫びたる時、ここにかのセラピムのひとり鉗をもて壇の上よりとりたる熱炭を手にたずさえて我にとびきたりわが口に触れていひけるは、見よこの火なんじの唇にふれたれば既になんぢの悪はのぞかれなんぢの罪はきよめられたりと。おお私共のためには壇の上に載せたる羔がございます。主イエスは私共を罪より救わんがために、また凡ての不義より潔めんがために、十字架の上に死にたまいました。主イエスは私共に聖霊の熱き火を与えんがために十字架上に死にたまいました。おお聖霊の降臨は主イエスの十字架の一つの結果でございます。おお十字架上の主イエスを見よ、主イエスは私共に聖霊を与えんがために十字架上に死にたまいました。おおハレルヤ、主イエスが死にたまいしことによって私共は熱き火を頂戴することができます。神は今あなたにこの熱き火を含めたまいとうございます。あなたに向かって既に汝の悪は除かれ汝の罪はきよめられたりと仰せたまいとうございます。イザヤはこの時、熱き火を頂戴しました。そうしてその時全き潔めを受けました。それですからイザヤは今まで神の聖前を恐れましたが、いま潔めを受けましたから大胆に天の使たちと一処に立ちて讃美を唱うことができるようになりました。救の歌、潔めの歌を唱うことができました。おお今晩、私共の中にも新しき歌があると思います。この間から潔めを得ましたから信仰を以て神を讃め奉りとうございます。イザヤはその日、大胆に天の使たちと一処に立ちて新しき歌を唱いました。おおこれは実に嬉しいことでございます。これは天国の喜楽(よろこび)でございます。そうしてイザヤが声を上げて神を讃美する時に、神の細き声を聞きました。今までイザヤはその声を聞くことができませんでした。けれども今、全き潔めを受けましたから神の御声を聞くことができました。
  われ誰をつかはさん 誰かわれらのために往べきか
おお神は今もかく仰せたまいます。今晩この集まりの中にも同じ御声が響きます。我誰を遣はさん、誰か我がために罪人の許に往くべきかと。おお神は今晩どなたを遣わしたまいますか。どなたが神より遣わされて罪人の許に往きますか。どなたが主のため喜びて十字架を負いますか。我誰を遣はさん。おお兄弟姉妹よ、あなたはほんとうに神に見も霊も献げますか。さればあなたはこの世に属ける一切を棄て、神の栄光と罪人の救にのみ力を尽して働きましょう。あなたの生涯の目的は決してほかに在ることなく、ただこの一事となるはずです。我誰を遣はさん、誰か我らのために往くべきか。おお主イエスはいま私共に仰せたまいます。誰かわがために往くべきか、誰か我と偕にゲツセマネの苦しみに遭うべきか、誰か我と偕にピラトの庭の恥と痛みを忍ぶべきか、誰か我と偕に罪人を救わんために十字架に耐え得るか、我誰を遣わさん、誰かわがために往くべきかと。おお今晩、主イエスのこの聖声に従う者は誰ですか。あなたは主イエスと偕に十字架を負う決心ができましたか、どうですか。けれどもこれはただ苦しみばかりではありません。実に大いなる栄光であります。これは実に貴ぶべきことでございます。私共は今晩ここにて親しく神を見れば、神より遣わさるることの大なる栄光なることを知ることができます。神の僕は神と偕に神の座(くらい)にあることは何より慕うべきことであります。よしその途にはどういう苦しみがありましても、如何なる十字架がありましても、神の使となることは何より大いなる栄光であります。我誰を遣はさん、誰か我らのために往くべきかと。おお今晩、神の細い、小さな聖声がここに響きます。おお兄弟よ、あなたはその聖声を聞きましたか。聞きて聖声に従いますか。おお姉妹よ、あなたは神の召しを聞きませぬか。あなたは主の召しに応じませぬか。イザヤはその聖声を聞きました。そうしてその時、
  われ此にあり 我をつかはしたまへ
と大胆に答えました。神の聖前には神の使命に従うべき聖き使たちはたくさんにあります。けれども潔められたる者は大胆をもってその使たちの前にて我を遣わしたまえと叫びました。十字架を負うことを願いました。かく潔められたる者は喜びて己を棄て、神の戦いに出で行きます。われ此にあり、我をつかはしたまへ。おお今晩同じ大胆をもって神の聖声に応ずる兄弟姉妹がございますか、どうですか。我を遣わしたまえ。おおここに表面には牧師、伝道師と称えられる兄弟がございます。おおあなたは今まで神のために働くと思いましたでしょう。けれどもほんとうに十字架を負うて、赤心(まごころ)をもって亡びに行く罪人を尋ねましたか。またはただ冷淡なる働きばかりをいたしましたか、どうですか。おおどうぞ今晩、旧いことを全く棄てて、冷淡なる有様を離れて、新たに神の聖声を聞き、我ここにあり、我を遣わしたまえとお答えなさい。いま改めて身も霊も全く神に献げなさい。そうすれば神はあなた方御銘々をもってこの東京を動かしたまいます。ただ東京のみならず日本全体を動かしたまいます。またただ日本国のみならず、神はここに在る私共をもって全世界を動かしたもうことができます。おお兄弟姉妹よ、あなたは今晩、神の聖声を拒みますか。主の召しを断りますか。心の潔めを否みますか。またはあなたは真心をもって神の召しを聞き、喜びて身も霊も神に献げますか。そうしてあなたはこの栄光ある高座(くらい)のまわりに侍る神の使いたちの列に加わりますか。その時イザヤは真実にセラピムとなりました。神の霊に満たされて燃ゆる者となりました。イザヤはその日よりユダヤ人の中に燃ゆる者となり、彼らのうちに神を宣べ、主イエスを預言しました。また聖霊を預言しました。おお兄弟姉妹よ、あなたも今日イザヤのごとく喜びて身も霊も神に献げますなれば、神は必ずあなたをセラピムとなしたまいます。あなたを燃ゆる使者となしたまいます。神はあなたに証の能力を与えたまいます。あなたの働きに活ける火を与えたまいます。おお兄弟姉妹よ、あなたは今晩、神の聖声に対して何と返答いたしますか。神の召しに従いますか、またはこれを断りますか。おおあなたは何と決心いたしましたか。私はこのたび御霊の証をもって御銘々に神の召しを聞かしめました。それゆえ今晩、あなたが神の召しに背きましてももはや私の罪ではありません。どうぞ赤心をもって神の聖声を聞き、喜びて身も霊も神に献げて燃ゆる者とおなりなさい。



東京聖別會講話筆記 終



明治三十一年七月五日印刷
同     七月八日發行               定價金貳拾錢

       東京市京橋區竹川町十七番地寄留
發  行  者        中 川 藤 四 郎
       東京市芝區田村町廿二番地
筆  記  者        伊  藤  藤  吉
       神奈川縣橫濱市太田町六丁目百四番地
印  刷  者        廣  瀨  安  七
       神奈川縣橫濱市太田町六丁目九十四番地
          東京印刷株式會社
印  刷  所        橫  濱  分  社
       東京市京橋區竹川町十七番地
發  賣  所        日 本 聖 公 會 出 版 社


|| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 目次 |