第 五 回 (三月二日午後六時卅分開會)

約 束 の 地

バックストン敎師講演



 是に由て觀(みれ)ば彼等が入ることを得ざりしは不信に由てなり 是故に我儕(われら)畏るべし 其安息(やすみ)にいる約束は今も尚のこれども恐くは亦爾曹のうち之に及ざる者あらん 蓋(そは)われらも彼等の如く福音を宣傳へられたり 惟(たゞ)かれらが聞し處の言はその信仰劑(まじら)ざりしが故に聞る者に益なかりき 信ずる處の我儕は安息に入ることを得るなり 即ち言給ひたるが如し 我怒れるとき誓て彼は我が安息に入るべからずと云り
                     (希伯來書三章十九節より四章三節)

 今晩の集会は誠に大切なる集会であると思います。今まで神は私共を四度このところに集わせたまいまして、私共の目の前に美わしき恵みを示し、また御約束を示したまいました。神は私共に潔めの約束、聖霊の約束、溢るるほどの恵みの約束を示したまいました。種々なる方法をもって私共に愛の勧めをなしたまいました。神は実にいま私共を導きて、恵みの地の入口に立たせたまいます。おおあなたはどういたしますか。今晩その地に入りますか、またはこれを断りますか。神の恵みを受け納れますか、また神に逆らいますか。あなたはいずれを撰びましょうか。おお今晩の集会は実に大切なる集会でございます。
 皆様も御存じの通り、昔イスラエルの人々もちょうどこれと同じように、神の御手に導かれて荒野を通り、恵みの地の入口にまで参りました。そうして神はそのところにおいてその人々のために聖別会を開きたまいました。彼等は信仰をもって神の約束の地に入るか、或いはその地を断るかという問題に接しましたが、災いなるかな、彼等は遂に恵みの地に入ることを断りました。神の与えんとなしたもう恵みを拒んで受けませんでした。しかしながら、ユダヤ人は初めからその地を望まなかったのであるかというに、決してそうではありません。彼らは神の大能によってエジプトより救い出され、カナンの地の幸福を望んで喜びをもって長き旅行をいたしました。そうしてその地はただ当時のユダヤ人の望みなりしのみならず、実に神がその先祖たちに約束したまいしところにして、彼等のひたすら望みたるところであります。実にその地に入ることはアブラハムの望み、イサクの望み、ヤコブの望み、ヨセフの望み、またすべての先祖たちの大いに待ち望みたるところでございます。ユダヤ人はそういう希望と喜びをもってカナンに向かって旅行しました。けれども、その日その時に至り、神はちょうどその地の入口にまで導きたもうて彼等を聖別したまいましたが、災いなるかな、彼等は信仰をもって潔めを得てその美わしき地に入ることを拒み、神の恵みを断りました。おお実に彼等はせっかく長き間の旅行をなしてその目的の地の入口にまで達しましたが、ついに不信仰のために全くその地を断りました。
 おお兄弟姉妹よ、神は今晩、私共をちょうどそれと同じ立場に立たしめたまいました。神は私共をエジプトより救い出したまいました。また私共を約束の地に入らしめんとて今日まで豊かに導きたまいました。しかして私共は喜びをもってエジプトを去り、希望をもって、神の導きたもうままに今日まで旅行しました。私共はいつでも心の潔められんことを願い、聖霊に満たされんことを祈りました。おお神は今晩、私共にこの恵みを与えんとてその入口にまで導きたまいました。
 けれどもその時ユダヤ人はどういうことをいたしましたかなれば、恵みの地の入口より十二人の探偵を遣わし、カナンの地を偵察せしめ、その地の誠に美わしきことを知りました。けれどもまたそれと同時に、その地に多くの敵のあることをも知りました。そこで彼等は申しました、その地はいかにも美わしくして我がものといたしたいが、敵がいかにも強そうであるから私共はこれに打ち勝つことができぬと。しかしその探偵のうちの二人の者は、その地は誠に美わしきところである、また神は常に我等と偕なりたもうから、たとい敵が多く住むとも神は必ずその敵を滅ぼし、その地を我等に与えたもうと申しましたが、ユダヤ人はその言葉を用いず、ただその敵を恐れてついにその地を断りました。それゆえに彼等は長き間荒野にさまよい、また多くの者は滅ぼされたのでございます。
 おお兄弟姉妹よ、あなたは恵みの地の美わしきことがよく分かりましょう。神の宮となることは必ず美わしき恵みです。罪に勝つ力を得ることは実に喜ばしきことでございます。主に明らかにお目にかかることはほんとうに美わしき経験でございます。あなたはその恵み、その経験を受けとうございますか。あなたはこれを得ることができると信じますか。神は確かにこの恵みを与えんとの約束をなしたまいました。けれども私共の敵が強うございますから私共はこの恵みを取ることができぬと思う者はありませんか。おお神は私共にこの大いなる恵みを与えたまいとうございます。また神は私共にこの恵みを与えんとてこの地の入口にまで導きたまいました。どれほど敵が強うございましても神が敵に打ち勝ちたまいますから私共は確かに溢るる恵みを頂戴することができます。おお実に神はこのことをなしたもうことができます。私共は今晩その美わしき地に入ることができます。神は今晩、私共を安息に入れたまいとうございます。
 今まであなたは何故に敵を恐れましたか。またあなたはどういう敵を恐れましたか。あなたは今まで度々罪を犯しましたからこれからもまた同じように罪を犯すであろうと恐れますか。またあなたは心の頑ななる者であるから、また不信仰なる者であるから、一度この恵みを頂戴しても長くこれを保つことができぬであろうと恐れますか。またあなたはいま身も霊も全く神に献げましても、誠に心が弱うございますからいつまでもこれを続くることができぬだろうと恐れますか。おお兄弟姉妹よ、どうぞそういう敵を恐れますな。そういう悪魔の誘惑に勝ちを得よ。神は私共に聖霊を与えんと約束したまいましたから、私共はその約束の聖霊を受くれば、誰でも敵に勝つことができます。悪魔に打ち勝つことができます。おお、できます。実に幸いなることであります。ハレルヤ、今晩この恵みを頂戴することができます。おおどうぞ今晩、信仰の勝ちを得てこの美わしき恵みを受けよ。
 神はまたイスラエル人に今一度恵みの機会を与えたまいました。すなわちカナンの地の入口、ヨルダン川のほとりにおいて、かく仰せたまいました。どうぞヨシュア記三章五節をご覧なさい。
 『ヨシユアまた民に言ふ 汝ら身を潔めよ ヱホバ明日なんぢらの中に妙なる事(わざ)を行ひたまふべしと』
 汝ら身を潔めよ‥‥‥おお神は今晩私共をしてヨルダン川を渡らしめ、約束の地を得させんと仰せたまいます。どうぞ心に備えせよ。神汝らの中に妙なるわざを行いたもうべし。その時イスラエル人の前には実に妨げが多くございました。必ず以前と同様に約束のカナンの地には敵が多くございました。またその敵は誠に強うございました。けれどもヨシュアは信仰をもってイスラエル人に勧めました。汝ら身を潔めよ、ヱホバは明日汝らの中に妙なるわざを行いたもうべし、明日この地を汝らに与えたもうべしと。しかのみならずその地とユダヤ人との間にはヨルダン川が溢れております。けれどもヨシュアは、神にさえ従えば神は必ず不思議なる聖業(みわざ)をもってこの河を渡らしめたもうと信じましたから、少しも疑うことなくすべての民に向かい、ヱホバ明日汝らの中に妙なるわざを行いたもうべしと申しました。そうであるからユダヤ人はヨシュアの勧めに従い、その地を取ることの備えをしました。また翌日朝早く出でてカナンに向かいて進みました。しかしてヨルダン川に至り、櫃(はこ)を舁(か)ける祭司等が足を水に踏み込みたる時、流れ下る水とどまりて遙かに遠きところまで涸れ、河の中に大路が備わり、すべての民は信仰の歌を唱うてヨルダンを渡り、カナンの地に進み入ることができました。実に彼等は信仰をもってこの大いなる妨げに打ち勝ち、約束の地に入ることができました。
 おお兄弟姉妹よ、あなたは今晩、この神の能力により、信仰をもって、すべての妨げに打ち勝ち恵みの地に入ることができませんか。悪魔の妨げ、肉慾の妨げ、朋友の妨げ、社会の妨げ、その他いかなる妨げがありましても、どうぞ今晩信仰をもってそのヨルダン川を渡れよ。おおどうぞ信仰をもってそのすべての妨げに打ち勝ち、今晩神の約束を取れよ。どうぞ今晩、信仰をもって神の与えんと望みたもう大いなる恵みを得よ。おお神は今晩この集会に臨みたまいました。今あなたに近づきたまいます。神はあなたに今晩大いなる恵みを与えたまいとうございます。いかがですか。あなたは今晩、不信をもって神の恵みを断りますか。この美わしき地を断りますか。またはあなたは信仰をもってヨルダンを渡り、約束の地を受けますか。おお神は今あなたにこのことを尋ねたまいます。あなたは何と答えますか。おおどうぞ今晩、信仰の勝ちを得よ。信仰をもってこの大いなる恵みを得たりと信じて感謝せよ。おおどうぞ今晩、神の約束の地に入れよ。



|| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 目次 |