第 六 回 (三月三日午後二時卅分開會)

我この事を行得ると信ずるや

バンコム敎師講演



 イエス此(こゝ)を去るとき二人の瞽者(めしひ)したがひて呼いひけるは ダビデの裔(こ)よ我儕(われら)を憐み給へ イエス家に入しに瞽者きたりければ彼等に曰たまひけるは 我この事を行(なし)得ると信ずるや 答けるは 主よ然り イエス彼等の目に手を按(つけ)て 爾曹(なんぢら)の信ずる如く爾曹に成るべしと曰ければ其目ひらけたり
                        (馬太傳九章廿七節より卅節)

 主イエス・キリストは今日この集会の中に立ちて、我等に向かい一つの問いを与えたまいます。『我この事をなし得ると信ずるや』と。されば主は我等のために如何なることをなさんとしたまいますか。私はできるなれば皆様御銘々のために適当なる主の聖言を申し上げたいと思います。それで今日ここに多くの兄弟姉妹がお集まりでございまして御銘々にいろいろの経験がございましょう。しかしながら主はすべての兄弟姉妹に最も適当なる恵みを与えたもうことができますから、私はこれより聖書の処々を引きて申し上げますから皆様御銘々に一番適当なる聖言を取り、その上に確(かた)く立ちて光をお受けなさることを願います。
 そこで第一、この集会の中には未だ信仰の弱き兄弟姉妹がたくさんあると思います。その兄弟姉妹たちは、こういう集会に出席したる時は確かに心に主を信じ大いなる恵みを受けたと申します。しかし家に帰りて未信者に接する時はたちまちその恵みを失いその喜びが消え失せるとの恐れがあると思います。けれどもそういう兄弟姉妹たちのために誠に適当なる聖言がございます。どうかローマ書十四章一節と四節をご覧なさい。
 『信仰の弱き者を納よ 然ど其意(おも)ふ所を詰る勿れ‥‥‥彼の或は立ちあるひは倒るゝことは其主に由り 彼また必ず立られん 神は能くこれを立得れば也』
 彼また必ず立てられん、神はよくこれを立て得ればなり。実に幸いなる御約束でございます。しかして主はいま我等に向かいて『我この事をなし得ると信ずるや』との問いを下したまいます。皆様は何と答えましょうか。真心から『主よ、しかり』と答えることができますか。私は確かに主はこの弱き兄弟姉妹たちを立たしめたもうと信じます。どうかいま確信をもって『主よ、しかり』と御答えなさんことを望みます。
 第二は、皆様の中には必ず悪魔の誘(いざな)いの遇うておいでになる方がたくさんにあると思います。すべて信者は熱心になればなるほど悪魔の誘いが強くなります。そうしてその誘わるる者のために適当なる聖言が聖書のうちにございます。どうかヘブル書二章十八節をご覧なさい。
 『蓋(そは)かれ自ら誘はれて艱難(くるしみ)を受けたれば誘はるゝ者を助得るなり』
 皆様も御存じの通り、主イエス・キリストは三十三年の間、我等のごとき肉体となりてこの世に宿り始終悪人と交わりたまいましたから、実に多くの試みと多くの苦しみを受けたまいました。そうして主はことごとくこれに打ち勝ちたまいましたから、我等誘わるるところの者を喜びて救いたまいます。しかして主は今、誘わるる者に向かって『我この事をなし得ると信ずるや』と尋ねたまいます。どうか皆様、いま真心をもって『主よ、しかり、我信ず』とお答えなさらんことを願います。
 第三には、この三日の集会において真実に決心して身も霊も主に献げ、全く聖別せられたる兄弟姉妹がたくさんあることを信じます。私は実にこのことのために主の聖名を讃美します。しかしてこの兄弟姉妹のために適当なる聖言がありますまいか。否、必ずあることを信じます。さればこの兄弟姉妹の深き願いは何であるか、すなわちこの後すべての罪より全く救わるることでございましょう。どうかヘブル書七章二十五節をご覧なさい。
 『彼は己に賴(より)て神に就(きた)る者の爲に懇求(とりなさ)んとて恒に生れば 彼等を全く救ひ得るなり』
とございます。しかしてこの己によりて神に来る者とはどういう種類の人であるかとなれば、すなわち聖別せられたる者でございます。言葉を換えて申せば己を全く神に献げて自分は神の有であるという確信を抱ける人々でございます。さらば主はその兄弟姉妹のために執り成さんと生きたまえば、彼等を全く救いたもうことができます。原書に依って見れば、この全く救うという言葉には誠に強い意味が含んでおります。主は必ずあなたをすべての罪と穢れより全く救いたまいます。しかして主はあなたがたに向かって『我この事をなし得ると信ずるや』と問いたまいます。あなたは今この主のご下問に対し何と答えをいたしますか。もちろん我等は誠に弱き者でございますから、これまでの経験によればたびたび悪魔の誘いに逢うて倒れましたから、すべての罪より救わるるということは難しきことであると思いますが、このところに依って見れば主は己によって神に来る者を執り成さんとて恒に生くれば彼等を全く救い得るなりとございますから、全能の主の聖言は決して間違いのなきことを確かに信ずることができます。どうか皆様、声を合わせて『主よ、しかり、我信ず』と確かにお答えなさることをひたすらに願います。
 第四には、今一歩進めて、ここには主のため熱心に働かるる兄弟姉妹がたくさんにあると信じますが、その兄弟姉妹のために適当なる聖言がありますまいか。否、あなたのために誠に美わしき主の御約束がございます。どうかコリント後書九章八節をご覧なさい。
 『神は爾曹をして常に凡の物に足らざることなく凡の善事(よきわざ)を多く行はしめん爲に諸恩(すべてのめぐみ)を多く爾曹に賜(あた)へ得るなり』
 どうかこのところをよく御記憶なさい。そうして助けの必要なる時によくこのところをご覧なさるなれば大いなる能力を受けます。パウロはこのところに何と申しましたか、否、聖霊はいかに仰せたまいますか。すなわち神は汝らをして常にすべての物に足らざることなく、すべての善き業を多く行わしめんために、すべての恵みを多く汝らに与え得るなりと、誠に強い大いなる御約束ではありませんか。いかがですか。あなたはそれほどの大いなる恵みをいま主より受けることができますか。あなたはいま主があなたに向かってそれほど大いなる恵みを多く与えたもうことができると信じ得られますか。しかり、主は実にこのことをなすを得たまいますから、あなたがもしそれほどの恵みが必要でございますなれば、心を開いてお受けなさい。主は喜んでこれを与えたまいます。そうして主はいま我等に対し『我この事をなし得ると信ずるや』と尋ねたまいます。どうかいま心の底から『主よ、しかり、我信ず』との答えをなし、その恵みを得たりと信じて主に感謝せられんことをひたすらに願います。
 第五は、ここに在る兄弟姉妹の中には必ず、主のために善き業を多く行いたいとの願いはあれども、家内において、また親戚朋友の間において、いろいろの迫害がありて、ためにその望みを充たすことができないという恐れを持つ者がございましょう。そうしてその兄弟姉妹のために適当なる聖言はテモテ後書一章十二節にございます。
 『是故に我これらの苦(くるしみ)に遇たり 然ど之を恥とせず 蓋われ我信ずる者を知りかつ我かれに託したる者を彼かの日に至るまで守ることを爲得ると信ずればなり』
 パウロはこのところに、このゆえに我これらの苦しみに遭いたりと申しました。私はあなたがどれほどの苦しみに遭いますかは知りませんが、おそらくパウロのごとき苦しみには遭いますまいと思います。御存じの通りパウロは至る所において大いなる苦しみに遭いました。しかし失望いたしません。ピリピの町におきましては捕えられて牢屋の中に繋がれましたが、少しも恐るることもなく、また失望することもなくして、ただ主を讃美しておりました。しかしてパウロは申しました。我これらの苦しみに遭いたり、されどこれを恥とせず、そは我わが信ずる者を知り、かつわが彼に託したる者を彼かの日に至るまで守ることをなし得ると信ずればなりと。いかがですか。あなたは自分を主にまかせて、かの日、すなわち主の再び来りたもう時まで、十分に守りたもうということを信ずることができませんか。パウロはこのことにつき少しも疑いませんでした。それゆえに、いかなる苦しみに遭いましても決して失望することなく、また恥といたしませんでした。ああ迫害の中にある兄弟姉妹よ、どうぞこの聖言をもって慰めを得よ。主は今あなたに向かって『我この事をなし得ると信ずるや』と尋ねたまいます。疑うなかれ、ただ信ぜよ。しかして『主よ、しかり、我信ず』とお答えなさい。主はかの日に至るまで必ずあなたを守りたまいます。
 第六は、ここに在る多くの兄弟姉妹の中には、全きを得て神の聖前に立つことを得たいと望む者がございましょう。昨晩、主の再臨について考えましたが、どうかその幸いにあずかりたいと思い、同時に心の衷にいかにせばこの望みを遂ぐることができようかと考えておる方がございましょう。そうしてその兄弟姉妹のために特別なる聖言はユダ書二十四、五節にございます。
 『我儕の救主なる獨一(ひとり)の神 すなはち爾曹を躓かせじと保(まも)り爾曹をして汚(しみ)なく歡びて其榮光の前に立つことを得しむ‥‥‥』
 汝らを躓かせじと保り‥‥‥。あなたはいかがでございますか。主イエス・キリストは全能の聖手をもって今あなたを躓かせじと守りたまいます。けれどもあなたはなお躓くと思いますか。自分は弱く悪魔は強いから度々その誘惑に負けて罪を犯すと思いますか。ああどうぞそのような恐れを全く棄てて主を信ぜよ。主はあなたを躓かせざるよう必ず守りたもうことができます。これは誠に強い言葉また恵み深き約束です。どうかこの聖言を信じ、己を全く主に献げて信仰の勝利をお受けなさい。これ最も幸いなることでございます。もっとも我等は弱く悪魔は強うございますから、一人立ちをいたしますれば必ず敗北いたしましょう。しかし主イエス・キリストと偕におれば主は我等を躓かせじと守りたまいますから、我等は安全でございます。また汝らをしてしみなく歓びてその栄光の前に立つことを得しむ‥‥‥。我等はどれほど力を尽しましても神の栄光の前に立つことはできません。しかし己を主に全く任せさえすれば、主は我らを守りてこの幸いにあずからしめたまいます。実に感謝すべきことでございます。しかして主はいま我等に向かって『我この事をなし得ると信ずるや』と問いたまいます。あなたは何と答えましょうか。どうか心を静め、非常なる決心をもって『主よ、しかり、我信ず』とお答えなさらんことをひたすらに願います。
 第七に、今一つ考えておきたいと思うことは、我等は神の恵みについて考える時にいつでもこれに限りを置きます。すなわち神はここまでは助けたもうと信じますが、どうもその先を疑います。しかしパウロの生涯には決してそういう不信仰はありませんでした。試みにエペソ書三章をご覧なさい。その十六節以下に、
 『願ふは其榮の富に循ひ其靈(みたま)をもて爾曹の衷の人を剛健(すこやか)にし 又キリストをして信仰に由て爾曹の心に居しめ また爾曹をして愛に根(ねざ)し愛を基として諸(すべて)の聖徒と偕に測るべからざるキリストの愛を知り その濶(ひろ)さ長さ深さ高さを識(さと)らしめ 又すべて神に滿(みて)るものを爾曹に滿しめ給はんこと也』
と記したる後、すなわちそれほど大いなる恵みを願うと語りたる後、彼は実に次のごとく申しました。
 『願くは我儕の中に行ふ能力(ちから)に循ひて我儕の求むるところ思ふ所よりも甚く過(まさ)れる事を行(なし)得る者に キリスト・イエスにより敎會の中にて世々窮(かぎり)なく榮を歸せんことを アーメン』
 そうすれば主は我等の衷に行う能力に従いて、我等の思うところよりも甚くまされることをなし得る者でございます。いかがですか、主はいま我等に向かって『我この事をなし得ると信ずるや』と問いたまいます。どうかすべての不信仰を棄て、いま誠心(まごころ)をもって『主よ、しかり、我信ず』とお答えなさらんことを願います。以上申し上げたることは確かなる主の御約束でございますから、主は必ずこのことをなしたもうことができます。またこれを信ずる者には喜びてこの約束を成就したもうに相違ありません。どうかいままでの不信仰を全く棄てて栄光の主をご覧なさい。主はいま重ねて問いたまいます、『我この事をなし得ると信ずるや』と。どうかいま誠心から声を合わせて『主よ、しかり、我信ず』と確答し、大いなる恵みをお受けなさらんことを切に希望するところでございます。



|| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 目次 |