恩 を 受 く べ き 集 會

バンコム敎師講演



 私は今晩皆様と共に一つの誠に大切なることについて考えたいと思います。それは何であるかとなれば、即ちこの集会(あつまり)の目的でございます。そしてこれは皆様のご承知のごとく、我らみな主イエス・キリストを信じて聖霊に満たされることであります。これは誠に大切なることでありまして、もし我らが残らず聖霊に満たされなければ、決してこの集会の目的を達したということは出来ません。しかし私共は長き間祈禱(いのり)をなし、またほかの兄弟姉妹も我らのために長き間祈りくれまして、その結果今度ここにこの幸いなる集会を開くようになったのであるから、神は確かに我らの祈禱に答えたもうて、我らに大いなる恵みを与え、この集会の目的を達せしめたもうことを信じます。使徒行伝十章を見れば、コルネリオという人が祈禱に答えを受けたる有様が記されてございますが、この人はもとよりユダヤ人でなく、異邦人でございます。けれども彼は熱心に神を信じまた祈禱を勉めておりましたから、神より大いなる恵みを受け聖霊に満たさるるに至りました。故に私は今晩皆様と共に少しくその事実について考えてみたいと思うのであります。
 そこでこのコルネリオという人はどういう人物であったかということにつき、ここに五つの大切なることが記されてございます。その第一は、彼は信心の深き者でありました。第二は、すべての家族と偕に神を敬うておりました。第三には、彼は民に多くの施しをする人でした。第四は、恒に神に祈禱する人でございました。そしてこれらのことは使徒行伝十章二節に記されたるところでございます。それから今一つのことは何であるかと申しますれば即ち三十七節にあることにして、ヨハネの宣べしバプテスマの後ガリラヤより始まりユダヤ中に在りしこと、言を換えて申しますればイエス・キリストのことについてはよく知っておる人でございました。そこで今これらの点につきよくよく考えてみますると、このコルネリオという人は誠に善き人でございます。もし今日こういう人が我らの教会にありますれば誰でもたいそう喜びましょう。我らもしその人のことを考え、そうして自分の有様を顧みれば、その遠く及ばざることを恥じます。皆様は如何ですか。あなたはコルネリオのごとく信心が深くございますか。また毎日彼のごとくすべての家族と偕に神を敬うておりますか。また彼のごとくに多くの施しをいたしますか。またこの人のように常に祈禱を勉めますか。ああ我らはこの四つのことにつき考えてみると、実に欠点の多き者です。私は多くの信者を知っております。しかしてその信者たちがこのコルネリオに及ばぬことを知っております。しかのみならず、コルネリオは先刻も申し上げるごとく、主イエス・キリストのことについては、ヨハネの宣べしバプテスマの後ガリラヤより始まりユダヤ中に在りしことをよく知っておりました。けれども彼は未だキリスト信者ということは出来なかった。何となれば彼はただイエス・キリストのことを知ったばかりにて未だ全く信用しなかったからであります。しかして私は今日の多くの信者がどうもこの通りであると思います。皆様は如何ですか。あなたは主イエス・キリストのことはよく知っておりましょう。四福音書を研究してキリストのことを知ったでしょう。けれどもあなたはほんとうにキリストを信用しますか。あなたはコルネリオのごとく信心の深き御方かも知れん、またあなたはコルネリオのごとくすべての家族と偕に神を敬うていなさるかも知れん、またあなたはコルネリオのごとく民に多くの施しをなし、また恒に祈禱を勉めていなさるかも知れません。けれどもまたコルネリオのごとくただキリストのことを知ったばかりにて未だ全くキリストを信じないことも事実でしょう。何となればあなたは聖霊に満たされておりますまい。これその確かなる証拠です。もしあなたがほんとうの意味においてキリストを信じますなれば必ず聖霊に満たされます。これは明らかに聖書に記されたるキリストの御約束です。どうかヨハネ伝七章三十七、八、九節をご覧なされ。
 『節筵(いはひ)の末(をはり)の大日(おほいなるひ)にイエス立て呼はり曰けるは 人もし渇かば我に來りて飲め 我を信ずる者は聖書に錄しし如く其腹より活る水川の如に流出づべし 如此(かく)いへるは彼を信ずる者の受んとする靈(みたま)を指るなり』
 これによって見れば誰にてもほんとうに主イエス・キリストを信ずれば確かに聖霊の賜物を受けて主の栄光を顕す者となります。けれども悲しいかな、今日の多くの信者は未だ一度もキリストを全く信じたことがありません。私は実にこのことを憂います。コルネリオは誠に信心の深き者にて、恒に祈りておりましたから、必ずいろいろの儀式を知りてこれを行うておったでしょう。そうしてまた自らは神の聖旨に適う者であると思うていたかも知れません。けれども神がコルネリオをご覧なされた時には誠に憐れむべき者でありましたゆえ、神はこれを憐れみ、彼に一つのことを教えたまいました。すなわち五節に記されたるところにして
 『今人をヨッパへ遣はしペテロといふシモンを召(よ)べ』
とのことであります。そこでコルネリオは喜びて神の命令に従い、直ちに二人の僕と一人の信心深き兵卒とを遣わしペテロを招待いたしました。また神は当時ペテロにも大切なる教えを垂れたまいましたが、今晩私はその話はいたしません。そうしてまたコルネリオはペテロを迎えたるために多くの人々を集めました。そのことは二十四節に記されてあります。
 『次日(つぎのひ)かれらカイザリヤに入る コルネリヲは既に其親族および親しき友等(ともだち)を召(よび)集て之を待居たり』
 コルネリオは実に熱心家です。今や神より大いなる恵みを受けんことを信じて、一人にてこれを受くることを好まず、方々を廻りて親族および親しき友達を集めました。それでこの集まりたる者の中にはコルネリオのごとく信心の深き者もございましたろうが、また中には未だ神を信ぜざる者もあったろうと思います。そうしてペテロの参りました時は、遣わされたる三人の者、またヨッパより来りたる兄弟等もおりましたから、その集会は種々なる人々の集まりでありました。すなわち聖霊に満たされたる使徒なるペテロ、またペテロと偕に来りたるヨッパの兄弟、これはペテロと同じく聖霊を受けておる者であります。それからコルネリオおよびその家族、これは信心の深き者です。それからまたコルネリオの僕、婢(しもめ)、兵隊、および呼び集めたる親族、朋友、彼らのうちには或いはコルネリオのごとく信心深き者もありましたろうが、また未だ信仰の道の分からざる者もあったことと思います。とにかくその集会はいろいろの種類の人々の集まりであったことは明らかです。けれども彼らはみな同じ大いなる望みをもって集まりました。またコルネリオはこういう人でございますから、ペテロの許に使いを使わしたる後ペテロの着しますまでの間、必ず集まりたる人々と偕に祈禱会を開き、熱心に祈禱をなして恵みを受くる準備をなしたでございましょう。これ信心の深きコルネリオにあるべきことでございます。
 しかして四日の後に至って、彼らの望みのごとくペテロはその所に着きました。かねて待ち設けたるコルネリオは直ちにペテロを迎えましていろいろのことを語りましたが、その最も大切なることは三十三節にございます。
 『是故に我たゞちに人を爾に遣はせり 爾の來れるは善し われら神の爾に命じ給へる一切の言を聞んとて今神の前に在るなり』
 ああこれは我らの有様をよく顕してはおりますまいか。私は実にこの通りであることを信じます。コルネリオは申しました。『爾の來れるは善し われら神の爾に命じ給へる一切のことを聞んとて今神の前に在るなり』。今神の前に在るなり‥‥‥どうか皆様このことをよくよくお考えなさることを願います。我等はとかくに神の偕にいたもうことを考えぬ者です。けれども神は確かにここにいたまいます。主イエス・キリストは確かにこの集会の真中に立ちたまいます。聖霊は今ここに満ちたまいます。三一の神は今確かにこのところにいたまいまして我等は実に神の前に在る者です。さればこのところは最も聖きところにして、また今というこの時は最も大切なる時であります。願わくは我等心の耳目が啓かれ、今晩神の栄光を見、また神の声を聞かんことを。我等は今神の前に在るなり。
 そこでペテロはどういう話をいたしましたかとなれば、実に簡単に主イエス・キリストを人々に証しました。その第一は三十四、五節に記されたることにして、誠に大いなる慰めであります。
 『我まことに神は偏らざる者にして 何れの國民にても神を敬ひ義を行ふ者は其聖旨(みこゝろ)に適ふと云ふことを悟る』
 神は偏らざる者であります。この故に何国何人を問わず、信ずる者には必ず使徒たちと同じ恵みを施したまいます。皆様は使徒行伝二章を読んで弟子たちが聖霊に満たされ大いなる働きをなしたることをご存じでしょう。また皆様はそのところを読む度に、私も同じ恵みを頂戴したい、ああ私もかの時にエルサレムにて百二十人の弟子たちと偕におりしならば幸いなりしにと思うことがございましょう。けれどもよくよくお考えなされ。その時の神も今日の神も少しも変わりはありません。また彼らはユダヤ人の故をもって特別に聖霊の賜物を受けたのではありません。神は偏らざる者であるから我らもしほんとうに信ずれば必ず彼らと同じ恵みを受くることが出来るとペテロは明らかに申しました。それからペテロはその道を陳べました。すなわち三十六節に
 『その道は即ち神のイエス・キリストに由て平和を宣べイスラエルの子孫に與へ給ひし處なり 此イエスは萬物の主たるなり』
とございます。イエス・キリストは確かにイスラエルの子孫の中に生まれたまいました。そうして第一にイスラエルに恵みを与えたまいました。しかし神がイエス・キリストをこの世に遣わしたまいしは決してイスラエル民ばかりを恵まんとのごとき狭い聖旨ではありません。すなわち万国万民に平和を宣べしめんためでございます。皆様は如何でございますか。あなたは確かに今イエス・キリストによって神と和平(やわらぎ)を得ておりますか。皆様のうちにはずいぶん久しく信者となっていなさる方がございましょう。あなたは何年の間信者ですか。そうして今確かにイエス・キリストによって神と和平を保っているとの信仰がございますか。これは誠に大切のことです。故にペテロは特別にこのことを証して、神はイエス・キリストに由りて万民に和平を宣べたもうと申しました。それからまたその末節に大切なる言葉があります。すなわち『此イエスは萬物の主たるなり』とのことであります。ああ我等イエスを万物の主といたしませんなれば決して聖霊を受くることはできません。然り、実にイエスは万物の主でございます。あなたはこのことを確かに疑わずして信じますか。今や多くの信者はこのことについて疑い、いろいろの議論をいたしますが、もしこれを疑いますなれば、決して聖霊の賜物を受くることはできません。さればペテロがここに申しましたことは我等に最も大切なることです。このイエスは‥‥‥この集会の真中に立ちたもうこのイエスは、万物の主たるなり。この故にこのイエスは確かに私の主でありまた皆様の主であります。されば我等はこのイエスの僕婢でございまして、一生涯のあいだ己と己に属ける一切の物を献げて従うべきはずであります。どうですか、あなたはこの意味において確かにイエスをわが主ということが出来ますか。今晩このことを確定(きめ)ることが最も大切でございます。それからペテロはこのイエス・キリストを簡明に証しました。すなわち三十七節以下に記されたることでございます。
 『夫(それ)ヨハネの宣しバプテスマの後ガリラヤより始まりユダヤ中に有し事は爾曹(なんぢら)が知るところ 即ち此ナザレより出たるイエスは神より聖靈と才能(ちから)を以て膏(あぶら)を沃(そゝ)がれ週(あまねく)遊(めぐり)て善事を行ひ凡て惡魔に憑れたる者を愈(いや)せり 蓋(そは)神かれと偕なりしに因る』(卅七、八)
 神より聖靈と才能を以て膏を沃がれ‥‥‥これは実に大切でございます。イエスが聖霊と力をもって膏をそそがれたまいしが故に、我等信ずる者に聖霊のバプテスマを授くることが出来るのです。そうしてイエスはあまねく巡りてすべての善きことを行いたまいました。また三十九、四十、四十一節を見れば
 『我等は彼がユダヤの地およびエルサレムに於て行ひし凡ての事を證する者なり ユダヤ人は此人を木に懸て殺せり 神は第三日(みつかめ)に之を甦らせ衆(おほく)の民には顯さざらで惟(たゞ)その豫め選たまへる證人(あかしびと)すなはち彼が甦りし後これと同(とも)に飲食せし我儕(われら)にのみ顯し給へり』
 ユダヤ人すなわち人間は彼を木に懸けて殺しました。けれども神はそれを甦らせたまいました。これ最も大切のことです。ゆえにこの集会の内にこのことについて重ねて精しくお話しすることがあると思います。我等はただに十字架に死にたまいしイエスを信ずるのみならず、死より甦りたまいたるキリストを信ぜねばなりません。また四十二節を見れば
 『かつ彼は其生者(いけるもの)と死者(しねるもの)の審判人(さばきびと)に神より定められしことを我等に證して民に宣よと命じたり』
とございます。これによりて見ればこのイエスは‥‥‥どうか皆さん、このイエスをご覧なさい。このイエス、すなわち人間が木に懸けて殺したる、神の甦らせたまいたるこのイエスは、今や天の処において父なる神の右に坐したまいますが、間もなく再び空中まで来ってすべて彼を厚く信ずる者を納(う)けたもうことであるが、その後また地上に来ってすべて生ける者と死ねる者との審判をなしたまいます。これ我等が厚く信用しなければならぬ大切なることであります。また四十三節を見れば、
 『凡(すべて)の預言者も凡(およ)そ彼を信ずる者は其名に由て罪の赦を受くべしと彼につきて證せり』
とございます。およそ彼を信ずる者はその名によりて罪の赦しを受くべし、ああ皆さんはどうですか。どうか御銘々に御自分のことをお考えなさい。あなたの罪はどうですか。今確かに赦されておりますか。あなたはこの問いに対して明らかに答えることが出来ますか。これ実に大切のことです。どうか今確かに、疑わずして、わが罪は赦されたりとの信仰をお有ちなさい。もしそうでないなればこの集会において決して神より恵みを受くることができません。これは実に基礎(どだい)です。ああ兄弟姉妹よ、あなたの罪は全く赦され、神とあなたの間には少しも隔てがありませんか。あなたは明らかに神を見、憚らずしてアバ父よと呼ぶことが出来ますか。どうか心を静めてこのことをお考えなさい。そうしてあなたと神との間に幾分にても罪の隔てが残っておれば、今ほんとうにキリストを信じて全き赦しをお受けなさい。ここに記されたるコルネリオおよび彼と偕に在りし人々は、ペテロの語るうちにキリストを信じ、同時に聖霊の賜物を受けました。これ彼らがほんとうの信者となりし証拠であります。前にも申し上げしごとく、ペテロの来りし時はいろいろの種類の人々の集会でございましたが、ペテロが話を終わらざる先に一様に信じて一様に聖霊の賜物を受け、いずれもみな完全なるキリスト信者となりました。どうか四十四、五、六節をご覧なさい。
 『ペテロこの言を語れる間に 道を聽くところの凡の者に聖靈降れり ペテロと偕に來りし割禮ある信者等は聖靈の賜の異邦人にまで注げる事を駭(おどろ)きぬ そは異なる邦々の方言(ことば)にて彼等が語れると神を讚るとを聞たれば也』
とあります。実に聖霊を受けたる彼等は、語らずしてまた神を讃めずして黙することは出来ないようになりました。そしてこの恵みは確かに初めにエルサレムにおいて使徒たちの受けし恵みと同じことでございました。それはこの後ペテロがエルサレムの信者たちにこのことにつき証せし言によりて明らかです。すなわち使徒行伝十一章十五節に
 『斯くて我かたり始めしとき聖靈はじめに我儕に降りし如く彼等にも降れり』
とございます。ああ皆様はどうですか。あなたは全き信者ですか。しからば確かに聖霊を受けておるはずです。然るに今日まで聖霊に満たされていないのは何故ですか。これ実に未だ全くキリストを信じないという証拠です。さればどうか心の眼を開きてこのイエス・キリストをご覧なさい。あなたのために十字架に死に、あなたのために甦り、あなたのためにいま天に在って父の右に坐したもうこのキリストをお信じなさい。今まであなたはキリストのことを信じたでしょう。四福音に記されたるキリストのことを少しも疑わないで悉く信じたでしょう。けれどもいまイエス・キリストをお信じなさい。ただイエス・キリストのことのみならず、イエス・キリストをご信仰なさることを只管に願います。さればこの集会は誠に幸いなる集会となりて我等はみな聖霊に満たさるることが出来ます。



|| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 目次 |