第 七 回 (三月三日午後六時卅分開會)

受 け し 恩 の 言 顯 は し

バンコム敎師講演



 今晩我等は諸共に誠に神に感謝しなければなりません。神はこの集会の初めより大いに我等を恵みたまいまして、我等は各々いま一杯になりました。されば我等はこの時に当たり、如何なることをなすべきでございましょうか。これ私が今晩皆様と共に考えたいと思うところでございます。
 それで皆様も御存じの通り、主が天に昇りたもうに当たり弟子たちに向かいて仰せられし聖言によれば、
 『聖霊なんぢらに臨むに因て後 能力(ちから)を受けヱルサレム、ユダヤ全國、サマリヤおよび地の極(はて)にまで我證人(あかしびと)と爲るべし』とございます。そうすれば我等神より恵みを受け、聖霊に満たされたなれば、主イエス・キリストのため証ししなければなりません。どうかロマ書十章九、十節をご覧なさい。
 『蓋(そは)もし爾口にて主イエスを認(いひあら)はし又なんぢ心にて神の彼を死より甦らしゝを信ぜば救はるべし それ人は心に信じて義とせられ口に認はして救はるゝなり』
 これによって見れば、第一に、神の聖言を聞きこれを信ずるとき義とせられますが、またその受けしところの恵みを口をもって言い顕す時、その救を確かに握ることができるのでございます。されば我等いま受けしこの大いなる恵みをいつまでも保ちたいなれば、今よりこれを人々に言い顕さねばなりません。主イエス・キリストもかつて、神の汝になしたまいし大なる事を人々に告げよと仰せたまいしことがあります。多くの信者はこのたびの集会において大いなる恵みを受けました。しかしこれを言い顕しませんなればだんだんと失います。私は今より十四年前にこのことを経験しました。私はその時こういう集会に出席して多くの恵みを受けましたが、一々これを記憶しません。けれども確かに覚えておる一つのことは、すなわち或る熱心な牧師が、受けし恵みをいつまでも保ちたいなれば、まただんだん恵みに進みたいなれば受けた恵みを人に証せよと勧めました。私はたいそう感じたが、その後しばしばこの言葉の真実なることを経験し、また大いなる助けを得ました。実に我等は受けし恵みを他の者に言い顕せばその恵みは直ちに二倍になることを信じます。
 しかしながら、我等はこのことにつき深く注意しなければなりません。すなわち、我等が受けし恵みを言い顕すは受けし己を証するにあらず、与えたまいし神の証をなすことでございます。もし我等がこれを誤り、己のことを証するなれば、実に大いなる害となります。先刻読みしロマ書十章九節に『若しなんぢ口にて主イエスを認はし』とございます。我等恵みを受けましても決してこれに誇るはずはありません。何となれば、我等が恵みを受けたるは自分の働きや能力によって受けしにあらず、全く主イエス・キリストが得させたもうたのでございます。故に我等のなすべき証は己のためにあらずして専ら主のためになすはずです。これ実に大切なることでございます。またヘブル書十章二十二節を見れば
 『我儕誠實(まこと)の心と疑を懷かざる信仰を保ち‥‥‥』
とございますが、我等はこういう信仰をいつまでも保たねばなりません。御存じの通り我等の感情は毎日変わりますから、もし我等が感情によって恵みを保とうと思いますなれば、それは直ぐに失います。しかし我等は感情によらず信仰によって受けましたから、たとい感情はどうあっても我等は疑いを抱かざる信仰をもって主のために証ししなければなりません。また同二十三節を見れば
 『又認はす處の望を動さずして固く守るべし』
と記されました。いかがですか。あなたはいま潔められたとの感情があるから神はあなたを潔めたもうたと信じますか。もしそうであるなればそれは大いなる間違いです。すなわち我等は未だ感情の動かざる前に確かに神を信用して信仰をもって潔めを受けます。そうしてまた我等は信仰をもってこれを保たねばなりません。すなわちその言い顕すところの望みを動かさずして固く守らねばなりません。されば感情のある時もなき時も、このたび受けし大いなる恵みをまことの心と疑いを抱かざる信仰をもって言い顕し、またその言い顕すところの望みを動かさずして固く守らねばなりません。これは誠に大切なることでございます。皆様は必ずこの後、悪魔の誘惑に遇います。もしあなたが迫害に遭いますなれば今日の感情は消え失せます。そうしてその時、私はいったん恵みを受けたけれども今日はもうなくなったと思う時が出て来ます。けれどもこれは悪魔の誘惑でございますからあなたはそれにかかってはなりません。あなたの信仰をもって得たる恵みでございますから、その信仰を堅く保ちて悪魔の誘惑を防がねばなりません。また同章三十五節を見れば
 『是故に爾曹の大なる報を受くべき信仰を投棄ること勿れ』
と記されてございます。汝らの大いなる報いを受くべき信仰を投げ棄つることなかれとは、感情のなくなった時も信仰を棄つるなという意味であると思います。この信仰は神より大いなる報いを受くべきものでございます。我等が感情のなき時に確く聖言を信ずることは神が一番喜びたもうことであります。故に皆様が神に喜ばるる者となりたいなれば、この信仰をおもちなさい。そうしてこれを言い顕さねばなりません。どうぞすべての人に言い顕しなさい。東京に在る多くの信者たちはこの集会に出席しません。それゆえにその人々はあなたがたが受けました恵みを味わうことができませんから、その兄弟姉妹にこれを言い顕さねば彼等はいつまでもこの恵みにあずかることができないかも知れません。しかしあなたが熱心にこの恵みを言い顕さば、多くの信者たちはあなたの証によって大いなる喜びを受けましょう。これは実に幸いなることでございます。
 しからばいかなる方法によって受けし恵みを言い顕しましょうか。またどういう途によって主のため証をいたしましょうか。これ実に考うべき大切なる問題でございます。そして私の信ずるところによればこれは感謝をもってしなければなりません。詩百篇はこの際我等が注意して読むべきところと思います。すなわちその四節に、
 『感謝しつゝその門(みかど)にいり ほめたゝへつゝその大庭にいれ 感謝してその名(みな)をほめたゝへよ』
とございます。されば我等は神の大庭に入りたいなれば感謝をもってしなければなりません。あなたが断えず感謝をなしまた讃美をいたしますなれば、必ず他の兄弟姉妹はこれを聞きます。そうしてその訳を尋ねましょう。されば誠にキリストのために証するよき機会です。どうか皆様は常に聖霊に満たされて神を讃美なさらんことを願います。これは実に神の喜びたもう献物でございます。
 そこでまた我らはいかなる言葉をもって感謝すべきでございましょうか。これも聖書に示されてございます。どうかイザヤ書十二章一節をご覧なさい。
 『その日なんぢ言ん ヱホバよ我なんぢに感謝すべし 汝さきに我をいかり給ひしかどその怒はやみて我をなぐさめたまへり』
 このところに記されたるその日とはいつのことでございましょうか。これは恵みを受けたる日、すなわち我等にとりては今日のことでございます。その日汝は言はん、ヱホバよ我汝に感謝すべし、汝さきに我を怒り給ひしかど‥‥‥神はさきに我等の不信を怒りたまいました。しかしながらこのたび我等は全き潔めを受けましたから、その御怒りはやみました。しかのみならず神はまた我等を慰めたまいました。これ実に感謝すべきことでございます。それから第二節を見れば
 『視よ神はわが救なり われ依賴ておそるゝところなし 主ヱホバはわが力わが歌なり ヱホバは亦わが救となりたまへりと』
とございます。これによって見れば第一節に神に向かっての感謝であり、第二節は人間に対しての証であります。そしてこの『視よ』とはどういう時に使う言葉でございますかとなれば、決して一人に向かう時の言葉でなく、多くの人に対する証の言葉でございます。されば我等は主のためにこういう証をしなければなりません。『視よ神は』──すなわち第一に神のことを言わねばならぬ、『神はわが救なり』──神は我を救いたもうということでございます。『われ依賴ておそるゝところなし』──誠に美わしき決心でございます。我依り頼みて恐るるところなし、なぜなれば主ヱホバはわが力、わが歌なり、ヱホバまたわが救いとなりたまえり、実に美わしい証です。多くの信者たちは証するにいつでもまず私がと、私を先に置きますが、これは実に間違いでございます。故に我等証をなすとき謹みて神を先にし、誇ることなくただ聖名を崇むることを勉めねばなりません。これ実に大切なることでございます。
 また我等主のために熱心に証せんことを願わば、主は必ず聖霊によって特別なる能力を与えたまいます。使徒行伝一章八節を見れば
 『聖靈なんぢらに臨むに因て後爾曹能力(ちから)を受けヱルサレム、ユダヤ全國、サマリヤおよび地の極にまで我證人となるべし』
と記されてございます。されば我等今晩から主のために熱心なる証人となりますれば、主は必ず私共に能力を与えたまいます。これは確かなる御約束でございます。どうか皆様、主のため熱心なる証人となり主の栄光を顕されんことをひたすらに願います。今晩この席におきましても、受けし恵みを言い顕す機会があると信じますが、ただこの席のみならず、これから教会において、家において、また親戚朋友の間において、熱心に証をなして主の栄光を顕し、主より大いなる報いをお受けなさらんことを切に希望いたします。



|| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 目次 |