バックストン/バンコム 述

東 京 聖 別 會 講 話 筆 記

東京  日本聖公會出版社




心の潔き者は福なるかな、蓋神に會見(まみゆ)ることを得ればなり。凡そ聖別せられずして神の至聖所(いときよきところ)に入り得る者は一人だにあることなく、又神の殿(みや)なる我々にして潔からざれば神の靈その中に在さゞるなり。然れば神に會見んとの望を懷くものは其潔きが如く自己(みづから)を潔む。聖潔(きよき)は神の殿に適應(ふさはしき)なり。先つ頃バックストン、バンコム兩氏は東京神田青年舘に於て聖別會を開かれ、その席(むしろ)に列りし人々に信仰の益をあたへられしが、其折の演説を筆記せられたる敎友は這般(こたび)之を刊行し廣く人々に知らしめんとして予に序を乞はれたり。予は深くその擧をよろこびこの書が神の祝福により讀者諸君の聖潔に進まるゝ媒助(みちびき)とならんことを祈るところ也。
                         橫濱に於て
 明治三十一年六月                  稻  垣   信



|| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 目次 |