第 二 回 (三月一日午後二時卅分開會)

信 者 の 三 つ の 立 塲

バンコム敎師講演



 斯てイエス諸(すべて)の事の已に竟(をはれ)るをしり聖書に應(かなは)せん爲に我渴くといへり 此處に醋の滿たる噐皿(うつは)ありしかば兵卒ども海絨(うみわた)を醋に漬し牛膝草(ヒソプ)に束(つけ)て其口に予(あた)ふ イエス醋を受けし後いひけるは事竟ぬ 首を俯(たれ)て靈を付(わた)せり
 是日は節筵(いはひ)の備日(そなへび)なり 此安息日は大なる安息日なれば屍を十字架の上に置ことを欲(このま)ざるが故にユダヤ人ピラトに對ひかれらの脛(あし)を折て其屍を取除くことを求(ねが)へり 是に於て兵卒等イエスと偕に十字架に釘(つけ)られし者の一人の脛を先にをり 次に亦一人の脛を折 後にイエスに來りしに已に死たるを見て其脛を折ざりき 一人の兵卒戈(やり)にて其脅(あばら)を刺(つき)ければ直(たゞち)に血と水と流出たり 之を見し者證を立つ その證は眞なり 彼また自ら言ところの眞なるをしる 爾曹(なんぢら)をして信ぜしめん爲なり この事成れり 錄して其骨の一をも摧(くだか)ざるべしと有るに應せん爲なり また他の書(ふみ)に彼等の刺し者を彼等觀べしと云り
                           (約十九・廿八〜卅七)

 私が今このヨハネ伝十九章を読みましたわけは、決して他でもありません、すなわち我等神より恵みを受けんと思わば、主イエス・キリストの十字架を基礎(どだい)としなければならぬというに基づくものであります。
 それで今日、このところにかく多くの信者が集まっておることでございますが、私はこの多くの信者を区別すれば三組になると思います。
 そこでその第一の組は何であるかと申しますれば、これは主イエス・キリストはわがために十字架にかかりたまえり、私は実にその御贖いによりてすべての罪の赦しを得て神の子の一人とせられたということを信じて喜んでおる兄弟姉妹でございます。如何ですか、皆様は確かにこの信仰がございますか。
 また第二の組は何であるかと言えば、既に主の十字架を信じ、進みて彼の甦りをも信じ、これと同時に己もまた彼と共に甦らされて新しき生命を得、主イエス・キリストと活ける交わりをなして、喜楽(よろこび)に満たされておる者でございます。
 それから第三の組は何であるかと申せば、既に主の十字架とその甦りを信じ、なお進みて、この甦りたまいし主は天に昇りて神の右に坐したもうことを信じ、己もそのイエス・キリストと偕に天の処におる者でございます。かかる信者は常に聖霊に満たされて主イエス・キリストのために働き、世の人の憐れなる有様を感じて絶えず主イエス・キリストと偕に苦しみを忍ぶ者でございます。
 こういうように考えますと、この三階級は確かに信者の三つの立場でございます。すなわち第一の立場は主の十字架、第二の立場は甦りのイエス、第三の立場は天にある栄光の座でございます。エペソ書二章を見ればこのことが明らかに教えられてございます。すなわち四節より七節までに
 『然るに矜恤(あはれみ)に富る神われらを愛する處の大なる愛に緣(より)罪に死し時にすら我儕をキリストと偕に生し(なんぢら恩(めぐみ)に由て救れし也)又イエス・キリストに在るわれらを彼と偕に甦らせ共に天の處に座せしめ給へり これ今より後の世々キリスト・イエスの中にて我儕に施す處の仁慈(なさけ)をもて其恩の勝て豐なることを顯さん爲なり』
とございます。そしてこの五節に『我儕をキリストと偕に生し』とあるはこれ第一の立場にして、六節の初めに『又イエス・キリストに在るわれらを彼と偕に甦らせ』とあるは即ち第二の立場であって、また同節の終に『共に天の處に座せしめ給へり』とあるはこれ即ち第三の立場でございます。
 さて信者の立場はかくのごとく三つの組に分かれますが、私が今日皆様と共に考えたいと思いますことは、私は果してどの組に入りておるか、あなたの立場はどの組ですか、或いはあなたは未だ第一の組にも入ることができませんか、どうですかということを熟考したいのでございます。ああこれは実に大切のことであります。願わくは聖霊なる神、我等銘々を導きて自らの有様を今明らかに知らしめたまわんことを。
 そこで第一の組は前にも申し上げるごとく主の十字架を立場とする者でございまして、彼らはみなその十字架の前に立つ者です。私は先刻、ヨハネ伝十九章を読みましたが、皆様も御存知の通り主イエス・キリストはこのところにおいて十字架に釘けられ、全く死にたまいました。その死については少しも疑いありません。そしてこのことは誠に大切です。なぜなればもし主イエス・キリストがほんとうに死にたまいませんでしたなれば我等は未だ罪の赦しを得ざる者です。けれども主イエス・キリストは確かに全く死にたまいました。これはヨハネが明らかに証せしところであります。すなわち先刻読みましたヨハネ伝十九章三十五節に
 『之を見し者證を立つ その證は眞なり 彼また自ら言ところの眞なるをしる 爾曹をして信ぜしめん爲なり』
とございます。これによって見れば主イエス・キリストが十字架の上に全く死にたまいしことは確かなる事実です。さればイエス・キリストを信じると言う者よ、あなたは確かにイエス・キリストと偕に十字架の上に死にし者です。如何となれば主イエス・キリストの死は全く我等のためなればなり、パウロはコリント後書五章二十一節にこのことを明らかに教えました。
 『神罪を識らざる者を我儕の代に罪人となせり 是我儕をして彼に在て神の義となることを得しめん爲なり』
 ああ我等はこのことが明らかですか。あなたは如何ですか。これ実に大切なることでございます。もし我等確かに救われておりますなれば、主イエス・キリストと一体にして決して別の者ではありません。主はこのことをしばしば教えたまいました。ヨハネ伝十五章にある葡萄の樹の譬えのごとき、実に適例でございます。すなわちそのところに記されてあるごとく樹と枝とは確かに一つでございまして、決して別々のものではありません。そのごとく、主イエス・キリストと我等とは確かに一体でございます。もしそうでないとなれば我等は未だ全き信者ということは出来ません。されば我等キリストを信ずる者は確かにキリストと一体ですから、キリストが十字架に釘(かか)りて死にたまいたるにより我等も偕に死にたる者です。いかがですか、あなたは確かにこのことを信じますか。しかしてあなたの心の中にこのことを信ずるによりすべての罪が赦されたとの確信がございますか。これ実に大切の事にてもしこの経験がありませんなれば、あなたはこの集会において神より恵みを受くることが出来ません。故に私はこの集会の初めにおいて皆様と共にこのことを深く考えたいと思うのでございます。どうか皆様御銘々に自分の有様をお考えなされ。即ちあなたは主イエス・キリストの十字架のもとに来り、仰いで十字架上のキリストを見、あなたのために死にたまいしキリストを信じ、あなたも偕に死にましたか。死んで罪の全免を得ましたか。どうかこのことにつき今聖霊の光に照らされ、あなたの実際の有様をお悟りなさらんことを願います。
 私がこのことにつきかく繰り返して申します訳は、一つの経験があるからです。即ち昨年或る教会におきまして聖別会を開きました。そしてその時集まりたる信者は四十名ばかりでございましたが、その時私はその信者等に向かって確かに罪が赦されておるとの経験があるかなきかを尋ねました。しかるにその中のただ七、八名ばかりその経験を有するものにて、残りの信者は未だその確信のなきことが分かり私はびっくりしました。故に私は今日のこの集会の中にもそういう人がありはせんかと心配をいたします。もし今日の集会の中にそういう方がございますなれば、今この十字架の下に来りあなたのために死にたまいし主イエス・キリストをお信じなさい。ほんとうに信じて、あなたも偕に十字架に死して罪の赦しをお受けなさい。これ実にこの集会において恵みを受くる基礎であります。パウロはいつでもこのことを基礎としてすべての人々に教えました。どうかガラテヤ書二章二十節をご覧なされ。
 『我キリストと偕に十字架に釘(つけ)られたり 既(もはや)われ生るにあらず キリスト我に在て生るなり 今我肉體に在て生るは我を愛し我爲に己を捨し者すなはち神の子を信ずるに由て生るなり』
 ああ皆様はかかる経験がございますか。あなたは今神の聖前において憚らずしてこの言葉を読むことが出来ますか。またあなたはイエス・キリストを覚える時に我を愛してわがために己を捨てし神の子とほんとうに信ずることができますか。これ実に大切のことでございます。またガラテヤ書三章十三節を見れば
 『キリスト既に我儕の爲に詛はるゝ者となりて我儕を贖ひ律法(おきて)の詛より脱(はなれ)しめ給へり 蓋(そは)すべて木に懸る者は詛はれし者なりと錄されたればなり』
とございます。皆様も御存じの通り、ガラテヤの信者たちはパウロのそのところにおります間はキリストの福音を聞き、喜びて十字架に釘けられしキリストを信じ、罪の赦しを受けました。けれどもパウロがそのところを去りし後は、漸くその道より迷い出でて、自分の行いや儀式によりて罪を赦されまた義とせらるるというようなる考えを有つようになりました。それゆえにパウロはその人々に向かって、本文のごとく、キリスト既に我等のために詛わるる者となりて我等を贖い、律法の詛いより離れしめたまいしに、汝らは再びその律法の下に帰らんとするかと申しました。ああ皆様は如何ですか。あなたはこういう愚かなる考えを抱いてはおりませんか。これ実にこの集会において大切なる問題であります。なぜなれば我等聖霊に満たされんとなれば是非とも本文の事実の上に立ちて求めねばなりません。どうか次の十四節をご覧なさい。
 『是アブラハムに約束し給ひし恩惠(めぐみ)イエス・キリストに由て異邦人にまで及び我儕にも信仰に由て約束の靈(みたま)を受けしめん爲なり』
 これによって見れば、イエス・キリストが我等のために詛わるる者となり木に懸かりたまいしは、ただ我等をして信仰に由りて約束の聖霊を受けしめんがためなることが明らかでございます。されば我等聖霊の賜物を受けんことを願う者は、必ず先ず主イエス・キリストの十字架の下に来り、わがために死にたまいしキリストを見上げ、これを信じてその死にあずかり、律法の詛いより離るることが最も肝要でございます。
 しかしながら我等はただキリストと偕に死にしことをもって満足すべきではありません。何となれば主イエス・キリストは死にていつまでも墓の中にいたまいません。すなわち皆様が御存じの通り、三日目に甦りたまいました。そうして主は先に仰せられました、『我生れば爾曹も生ん』と。さらば主イエス・キリストは今確かに生きたまいますから、我等主イエス・キリストと偕に死にし者もまた確かに生きておるはずです。先刻読みましたエペソ書二章四、五節にも
 『矜恤(あはれみ)に富る神われらを愛する處の大なる愛に緣(より)罪に死し時にすら我儕をキリストと偕に生し』
とございます。されば我等神より大いなる恵みを得んとなれば、このことすなわちキリストと偕に死することと、またキリストと偕に生くることの上に立たなければなりません。もしそうでございませんなれば、この集会に参りましてよし一時幾分の感情が動きましても、それはただ感情ばかりにして、長くその恵みを保つことは出来ません。多くの信者はこういう集会に出席しまして大いなる恵みを受けたと申して喜びます。けれどもその後一週間もしくは一ヶ月も経ちましたなれば、漸々その恵みを失うて、再び冷ややかなる信者となります。これ何が故かとなれば、すなわち恵みを受くる基礎が定まっていないからのことであります。しかしながら我等もし前申し上げるごとき確かなる基礎の上に立ちてその恵みを受けますなれば、これは己に依らず主によって受けたのであるから、主が永遠に変わりたまわざるごとく、我等の経験も永く変わることはありません。さらば皆様、どうか今確かにこの基礎をお据えなさい。主イエス・キリストはあなたのために十字架に死し、またあなたのために甦りたまいました。
 而してパウロはなおこのことにつきローマ書六章に大切なる教えをいたしました。すなわち七、八節に
 『そは死し者は罪より釋さるればなり 我儕もしキリストと偕に死ばまた彼と偕に生んことを信ず』
と。また同章十一節を見れば
 『如此(かく)なんぢらも我儕の主イエス・キリストにより罪に就ては自ら死る者 神に就ては生る者なりと意(おも)ふべし』
と記されてございます。されば我等キリストと偕に死に、またキリストと偕に生きし者は、確かに新しき生命を得て新たなる生涯に入るはずです。而して主イエス・キリストは罪のために再び死にたもうことはありません。如何となれば主は罪に向かって全く死し、ただ神についてのみ生きたもうからであります。されば我等の主イエス・キリストを信じ彼と一体となりたる者はまたこれと同じ経験が必要であります。即ちただいまも読みましたごとく、我等の主イエス・キリストにより罪については自ら死ぬる者、神については生くる者とならなければなりません。ヨハネ第一書四章十七節を見れば
 『蓋(そは)主の如く我儕世に在ばなり』
と記されてございます。けれども主は今天に在りて神の右に坐したまい、我等は地上に残っております。然るにどうして主のごとく在ることが出来ましょうか。これ一つの疑問でございます。しかしながら前にも申し上げるごとく、もし我等真実にキリストを信じ、キリストと一体となりましたなれば、必ずキリストと同様の経験を持つはずです。すなわち主イエス・キリストは罪について死にたまいましたから、我等もまた罪については自ら死ぬる者、また主は神について生きたまいましたから我等も同じく神について生くる者となり、また主は天に在りて神の右に坐したまいますから、主と一体なる我等あたかも主が我等に在りて地上に生きたもうごとく我等も主にあって天の処に坐する者でございます。何と大いなる恵みではありませんか。ああ兄弟姉妹よ、あなたは確かにこの経験がございますか。あなたは如何ですか。どうか御銘々にこのことをお考えなさい。しかしてもし未だこの経験がございませんなれば、心を静めて今このところにて主イエス・キリストをご覧なさい‥‥‥このキリストをご覧なさい。もしあなたが明らかに主を見ることが出来ましたならば、あなたは決して疑うことが出来ないようになります。ああこの主は如何なる御方でございますか。実に永遠より永遠に在す神の独り子でございます。しかしてこの神の独り子があなたのために人間となり、あなたの罪のために死に、あなたのために甦り、あなたのために今天の処に在りて神の右に坐したまいます。しかしてこの主キリストは今や我等銘々を受けんために空中にまで来り、その後また死者と生者とを審判(さばき)せんために再び地上に来りたもう御方でございます。もしあなたが今このイエスをほんとうに信じ、彼と一体になりますなれば、彼と同じ経験を得、しかしてあなたは永遠に彼と離るることはありません。どうかローマ書八章三十七節以下をご覧なさい。
 『然ど我儕を愛める者に賴(より)すべて此等のことに勝得て餘あり そは或は死あるひは生(いのち)あるひは天使あるひは執政(つかさ)あるひは有能(ちからあるもの)あるひは今ある者あるひは後あらん者 或は高き或は深(ふかき)また他の受造物(つくられしもの)は我儕を我主イエス・キリストに賴(よれ)る神の愛(いつくしみ)より絕(はな)らすること能はざる者なるを我は信ぜり』
と。ああこれ実に幸いなる経験ではありませんか。私は今日この経験が皆様の経験とならんことを信じて祈ります。皆様はこれまで始終自分ばかりを見ましたでしょう。ああ私はこの罪を捨てることができぬ、ああ私にはこういう悪しき癖がある、ああ私は信仰が薄い、ああ私は愛が足らぬと、かように自分ばかりを見ましたでしょう。けれどもどうしても自分は自分を救うことが出来ませんから全き信者となることは出来ません。ああどうか今日、主イエス・キリストをご覧なさい。今己を見ることをやめてキリストばかりをご覧なさい。さればあなたは必ず主より力を受けて真実に信者となり、この集会において神より大いなる御恵みを確かに頂戴することができます。



|| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 目次 |