第 三 回 (三月一日午後六時卅分開會)

祭 司 た る 信 者 の 潔 め

バンコム敎師講演



 彼祭司の長(をさ)ヨシユアがヱホバの使の前に立ちサタンその右に立てこれに敵しをるを我に見す ヱホバ、サタンに言たまひけるは サタンよヱホバ汝をせむべし 即ちヱルサレムを簡(えら)びしヱホバ汝をいましむ 是は火の中より取いだしたる燃柴(もえぐい)ならずやと ヨシユア汚なき衣服(ころも)を衣(き)て使の前に立をりしが ヱホバ己の前に立る者等(ものども)に告て汚なき衣服を之に脱せよと宣ひ またヨシユアに向ひて 觀よ我なんぢの罪を汝の身より取のぞけり 汝に美服を衣すべしと宣へり
                 (撒加利亞(ゼカリヤ)書三章一節より四節)

 本章に記されたることは確かなる経験でございますから、我等も神に求むれば今晩確かにこれと同じ経験を得ることができると思います。ついてはこれを読む時にどうか昔の出来事とせず、ただいま目の前にあることとお考えになるように願います。
 一節を見れば、彼すなわち天の使いはゼカリヤに一つのことを見せたまいました。神は今晩このところにおいて、我等にもまた一つのことを見せたもうと思います。そうしてそれは何であるかとなれば、すなわち自分の有様でございます。ここに祭司の長ヨシュアとあるが、これは我等銘々を顕していると思います。しかし或る兄弟は私は祭司でないと思いますかも知れませんが、あなたがほんとうにキリストに属する者でございますなれば確かに祭司でございます。どうか黙示録一章六節をご覧なさい。
 『我儕をして王となし祭司と爲しその父の神に屬(つか)しむる者に榮光と權力(ちから)世々窮(かぎり)なく有んことを アーメン』
 これによりて見れば我等、主イエス・キリストの血をもって洗いまた潔められたる者は、王でありまた祭司であることが明らかです。さればこのところに祭司の長ヨシュアと記されたるは、神のためキリストのため祭司となれる我等によほど関係の厚きことと考えねばなりません。それでこのヨシュアは神の聖前に、また天の使いの前に立ちました。そのごとく我等もいま神の聖前に立ちております。どうかこのことをよくよくお認めになるように願います。我等はいま神の聖前に立ちました。そこでまたヨシュアはこの時ただ一人にて立ちません。すなわちサタンが彼の右に立ちました。そのごとく今晩我等は神の聖前に立ちましたが、サタンも同じく我等と偕に神の聖前に出でました。しかしてサタンが我等と偕に神の聖前に立つわけは、決してほかではありません。すなわち我等のことを神に訴えるためであります。サタンは実に我等のことをよく知っております。我等が信者となりたる時より今日に至るまで、神と人との前において言葉と行いと思いによって犯したるすべての罪を知っております。そうしてこれを今晩一々訴えますから、これは実に恐ろしきことです。我等は人には罪を匿すことができますけれども、神には匿すことができません。また悪魔にも匿すことはできません。それゆえに我等もし悪魔より訴えを受けますなれば何とも答えようがありません。しかしてヨシュアは悪魔よりその訴えを受けましたが、彼は一言の答えもできず、まことに憐れなる有様でございました。ああ今晩我等の有様は如何ですか。悪魔はいま我等の右に立ちて我らに敵し、我等を神に訴えております。我等神の光の中に悪魔から訴えられ、我等の有様が明らかになれば如何でしょうか。我らは誠に大いなる恥を懐き、一言の答えもできないと思います。ヨシュアは実にそうでありました。しかしながら誠に幸いなることは、ヨシュアのためには一人の大いなる仲保者(とりなして)がございました。どうぞ二節をご覧なさい。
 『ヱホバ、サタンに言たまひけるは サタンよヱホバ汝をせむべし 即ちヱルサレムを簡びしヱホバ汝をいましむ 是は火の中より取いだしたる燃柴ならずやと』
 この節の初めに、ヱホバ、サタンに言たまひけるはとあるヱホバは救主なる神の聖子(みこ)イエス・キリストでございます。主イエス・キリストは我等のために悪魔に答えたまいます。すなわちサタンよヱホバ汝をせむべし、即ちヱルサレムを簡びしヱホバ汝をいましむ、是は火の中より取いだしたる燃柴ならずやと。ああ我等は火の中より取り出だされたる燃柴でございます。我等は元来、罪の中に沈みたる滅びの子でございました。しかるに主イエス・キリストは我等を地獄の火の中より取り出だしたまいました。これは実に大いなる御恵みでございます。されば我等は一生涯そのことを覚えて主の聖名を崇め、主の聖業(みわざ)を賛美しなければなりません。
 それから第三節を見ればヨシュアの実際の有様が記されてございます。
 『ヨシユア汚き衣服を衣て使の前に立ちをりしが』
 ヨシュアは汚き衣服を着て輝ける使いの前に立ちました。この汚き衣服は何であるかというに、これは彼の生来の罪にあらず、たぶんその人の癖であると思います。何となればヨシュアは以前から信者であります。啻に信者たるのみならず、彼は尊き祭司の長でございます。されば彼は必ずこれ以前罪より潔められたる者でございますから、彼がこの時汚き衣服を着ていたのは、確かに彼が信者となりてより汚したるものにしてすなわち彼の悪しき癖でございます。これによって見れば、信者たちのいろいろの悪い癖は実に大いなる罪であります。私は皆様の汚い衣服は何であるかということを申し上げることはできませんが、皆様が静かに神の聖前にてお調べになれば分かります。聖霊は確かにあなたがた銘々にそのことを教えたもうと信じます。ヨシュアは汚き衣服を着て、輝ける、顕栄(ほまれ)ある、栄光(さかえ)ある衣服を着たる天の使いたちの前に立ちました。その時ヨシュアは自分の汚き有様が一層明らかに分かりまして、何とも言うことができませんでした。ああ皆様の衣服は如何ですか。ヨシュアの如くに汚れてはおりませんか。どうかいま静かに神の聖前においてこのことをお考えなさい。
 しかのみならずヨシュアは祭司の長となりし時、特別に立派なる斎服を受けました。その斎服のことについては出エジプト記二十八章二節に記されてございます。
 『汝また汝の兄弟アロンのために聖衣(きよきころも)を製(つく)りて彼の身に顯榮(ほまれ)と榮光(さかえ)あらしむべし』
 神はかくアロンのために聖き衣を造るべきことを命じたまいましたが、さればヨシュアも祭司の長となりたる時その衣を受けたることは明らかです。けれどもヨシュアはこの顕栄と栄光ある衣服をいつの間にか汚しまして、かの汚い有様になったのでございます。ああ兄弟姉妹よ、あなたは信者となりし時、主イエス・キリストにより罪の衣を全く脱ぎ棄て清き者とせられましたでしょう。けれども世の人と交わりまた種々なる業をなすうちに、いつしかその清き衣を汚し、ヨシュアのごとく誠に汚き有様になってはおりませんか。今日の多くの信者は実にそうでございますが、あなたはどうでしょうか。どうぞそのことをよくよくお考え願います。ヨシュアは実に憐れなる有様でした。けれども神は誠に彼を憐れみたまいました。すなわち四節に
 『ヱホバ己の前に立る者等に告て 汚き衣服を之に脱せよと宣ひ またヨシユアに向ひて 觀よ我なんぢの罪を汝の身より取のぞけり 汝に美服を衣すべしと宣へり』
とございます。ああ皆様いかがですか。神が今あなたのために天の使いにこのことを仰せられると信ずることができますか。神はいま確かにあなたのために天の使いに命じたまいます。すなわちあなたの汚き衣服を脱がせよと。あなたはこれまで幾分か自分の汚き有様を知り、これを棄てたいと思いましたでしょう。けれども自分の力をもってどうしてもこれを棄つることができません。どうしてもあなたの霊より汚き衣服を脱ぐことはできません。それゆえに神は今晩あなたの有様を憐れみ、天の使いたちに命じてこれを脱がせんとなしたまいます。ヨシュアはその時実に大いなる恥を得ました。何故なれば、天の使いたちがヨシュアの身より汚き衣服を一枚脱ぐも、まだ汚うございます。それゆえにまた一枚脱ぎましてもなお汚き衣がありて、汚き衣服が実にたくさんございました。けれども使いたちは神の命令ですからヨシュアの身よりその汚き衣服を悉く脱ぎ取り、ヨシュアは神の聖前において丸裸となりました。そのとき神は初めてヨシュアに直接語りたまいました。ああこれは実に恵み深き聖言でございます。觀よ我なんぢの罪を汝の身より取のぞけり、汝に美服を衣すべしと。しかしてこれは神が今晩皆様に仰せたもう聖言でございます。皆様はこの四節の聖言を真実に信ずることができますか。もしあなたが真心をもってこれを信じて願うなれば、あなたはよし憂いに満たされ一言の祈りをなすの力がありませんでも、神は確かにあなたに向かってこのことを仰せたまいます。觀よ我なんぢの罪を汝の身より取のぞけりと。すなわちあなたはすべての罪が取り除かれ全く潔くなることができます。しかのみならず神はあなたに美服を衣すべしと仰せたまいます。ヨシュアはかの時再び新しき斎服を受けました。そのごとくあなたも今また新しき美服を受けて天の使いたちの前に立ち得る資格が備わります。ああ神のこの恵みは誠に大いにして測り知ることは出来ません。原書に依って見ますれば、このところに記されたる新しき衣は黙示録一章十三節に記されたる主イエス・キリストの聖衣(みころも)と同一のものと見えます。ああ主は我等に御自分の聖衣と同一のものを着せたまいます。されば我等はこの衣を受けますなれば真に主に似たる者となります。何と洪大なる恵みではありませんか。ヨシュアは実にこの大いなる恵みを得ました。以前のヨシュアは誠に汚れておりましたから、世の中を歩くとき人は祭司とは思いませんでした。けれどもかの時神より新しき斎服を受けて一目祭司の長たることが分かるようになりました。あなたは如何ですか。今日まで世の人の中に行く時これはヤソ教の人であると申しますか。あなたの顔は世の人の顔と違うところがございますか。我等もし天の美服を受けますなれば、人々は一目神に属ける者なることを知るようになります。しかしながら悲しいかな、今日の多くの信者は世の中の人に変わりたるところがない、同じ様の衣服を着て同じ癖を持っております。けれども神は大いなる憐れみをもって、今晩、我等よりこの汚れたる衣服を脱ぎ去り天の美服を与えんと仰せたまいますから、我等はこのところを退く前にこの恵みを頂戴することができます。どうか皆様が今晩非常なる決心をもって神よりこの大いなる恵みを頂戴なさらんことを只管に願います。



|| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 目次 |