第 四 回 (三月二日午後二時卅分開會)

神 の 殿

バックストン敎師講演



 神の殿(みや)と偶像と何の同きことか有ん 夫(それ)なんぢらは活神(いけるかみ)の殿なり 神嘗て我かれらの中(うち)に住(やど)り且(また)あゆまん 我かれらの神となり我等わが民とならんと曰給ひしがごとく 又なんぢら彼等の中より出て之を離れ汚穢(けがれ)に捫(さは)ること勿れ 我なんぢらを納(うけ)ん われ爾曹(なんぢら)の父となり爾曹わが子女(むすこむすめ)と爲べしと曰る是全能の主の言なり 然ば愛する者よ 我儕(われら)この約束を得たれば肉と靈の凡の汚を去て自己(みづから)を潔(きよ)くし神を畏れて聖潔(きよき)ことを成就すべし
                     (哥林多後書六章十六より七章一節)

 神が私共のために備えたまいしものは目いまだ見ず耳いまだ聞かず人の心いまだ念(おも)わざるほどの大いなる恵みであります。おお汝らは神の宮なり‥‥‥
 主イエスがこの世を去りたもう時、弟子たちにこれと同じ御約束を与えたまいました。すなわちヨハネ伝十四章十七節を見ますれば
 『此は即ち眞理(まこと)の靈(みたま)なり 世これを接(うく)ること能ず 蓋(そは)これを見ず且(また)しらざるに因る されど爾曹はこれを之を識る そは彼なんぢらと偕に在(を)りかつ爾曹の衷に在ばなり』
 彼なんぢらと偕に在りかつ爾曹の衷に在ればなり。これ聖霊が私共を宮となしたもうとの御約束でございます。また同章二十三節を見れば
 『若(もし)人われを愛せば我言を守らん 且わが父は之を愛せん 我儕きたりて彼と偕に住むべし』
とございます。これ父と子と聖霊なる神が私共の衷に住みたもうとの御約束にして、実に私共の大いなる幸いまた大いなる特権でございます。おお汝らは活ける神の宮なり。
 皆様も御存じの通り、天国は神の宮です。それゆえに私共が天国の模様を考えますなれば神の恵みの幾分を知ることができます。実に天国は神の宮です。ゆえに天国におきましては神の聖旨が行われます。天国に在る者は誰でも神の聖旨を奉じ、神の使命に従います。天国におる者は決して己に従って歩む者ではありません。ただ神の聖旨ばかり行われます。おお汝らは神の宮なり。神が私共の心に宿り私共を活ける宮となしたもうなれば、神は私共の性質を全く統べ治めたまいます。それゆえに私共の心の中には己という者は全く去り、ただ神の聖旨ばかり行われるようになります。これまで私共はどれほどもがきましても自分の肉慾を統べ治めることができませんでした。神の聖なる律法(おきて)に従うことができませんでした。けれども神が私共の心の衷に宿り、私共の衷に王となりたもうなれば、神は私共の性質を全く統べ治めたまいますから、私共の衷に神の聖旨が行われ、私共は喜んで神の律法に従うことができるようになります。実に幸いなることではありませんか。けれどもただそればかりでなく、天国においては神の栄光を見ることができます。神の慈愛を見ることができます。神の聖なる、聖なる、聖なることを見ることができます。神の聖能(みちから)を見ることができます。おお兄弟姉妹よ、今日あなたが聖霊を受けますなれば、あなたは活ける神の宮となりますから、あなたは確かに心の中に神の栄光を見ることができます。神の愛、神の能力を見ることができます。今日まであなたは他の人より教えられて幾分か神の栄光を見ましたでしょう。けれども今日、聖霊を受けますなれば、あなたは聖霊の光によって明らかに神の栄光を見ることができます。真実に神の愛を知ることができます。そうしてあなたは心の中に神の愛をもって満たされ、あなたはこれより燃ゆる愛の生涯を送ることができます。おお汝らは神の宮なり、小さき天国なり。実にあなたが天国となり神の宮となりますなれば、あなたの衷には神の聖声が響きます。神の愛の聖声、神の恵みの聖声を聞くことができます。そうしてあなたは確かに神の命じたもうことを知りてこれに従うようになります。おお兄弟姉妹よ、神は今日あなたの心をその通り天国とならしめたまいとうございます。
 或る一人の姉妹が熱心に神の豊かなる恵みを求めました。そうしてその姉妹はたいそうもがきますけれどもどうしても心の中に満足を得ることができません。そこでそのことを他の一人の兄弟に告げました。そのとき兄弟は姉妹に向かい、神の国は汝らの衷に在りとの聖言について勧めましたが、姉妹はこれによって大いなる光を得、これまでただ外面より神の恵みを付け加えられんことを求めましたが、いま神は私の心に宿りて私を宮となしたもうということを悟り、大いなる恵みを受けました。おお神の国は汝らの衷に在り。あなたの心は神の宮です。おお兄弟姉妹よ、あなたはこれまでこの大いなる恵みをただ外面より加えられんことを求めたでしょう。けれども受くることができませんでした。されど神の国は汝らの衷に在り。どうぞ今静かに、静かに、心を開きて神を受け入れよ。父なる神、子なる神、聖霊なる神を受け入れて活ける神の宮となれよ。汝らは神の宮なり。おお今まであなたの生涯はただ己のみでしたろう。己のために利益を求め、己の力によって働き、神のために働くと言いながらその実、己の利益のために働いておりましたでしょう。けれどもいま神の宮となりましたなれば、あなたはこれからそういう生涯を暮らしません。これからあなたの生涯はガラテヤ書二章二十節に記されたる通りになります。
 『我キリストと偕に十字架に釘られたり 既(もはや)われ生るに非ず キリスト我に在て生るなり 今われ肉體に在て生るは我を愛して我爲に己を捨し者すなはち神の子を信ずるに由て生るなり』
 パウロは心の中に、己は十字架に釘けられて全く死し、ただキリストばかりパウロの衷に在って生きたもうことを信じ、もはや我生くるにあらずキリスト我に在りて生くるなりと申しました。おお兄弟姉妹よ、あなたはこういう生涯を慕いますか。熱心にこれを求めますか。おお汝らは神の宮なり、神はあなたを聖き宮とならしめたまいとうございます。そうしてあなたは神の宮となりますれば、あなたの中には己という偶像を宿すことはできません。ただ神のみあなたの中に在りて王となりたまいます。汝らは神の宮なり。
 神は昔、イスラエル人の中に御自分のために聖き宮を造りたまいました。けれどもイスラエル人はその宮を穢しましたから神はこれを棄てたまいました。そうして神は御自分のためにもう一度この世に聖なる宮を置きたまいました。すなわちその第二の宮は独り子イエス・キリストでございます。実に主イエスがこの世の中にいたもう間、神は決してほかに宮を有ちたまいません。ただ主イエスのみ神の聖き宮にして、神はただ主イエスの衷にのみ宿りたまいました。けれども主イエスはいま天に昇りたまいましたから、神は最早この世に宮を有ちたまいませんか。否、そうではありません。すなわち神は第三には私共の心をもって聖き宮となしたまいました。神は主イエスの御在世中、主イエスに宿りたまいしごとく、いま私共の心に宿りたまいとうございます。神は私共の御自分のために聖き宮とならしめたまいとうございます。おお汝らは神の宮なり。
 また昔ユダヤ人の宮には絶えず祈禱がありました。絶えず感謝がありました。その通り、もし私共の衷が神の宮となりますなれば、私共には絶えず祈禱の精神があり、絶えず礼拝の精神があり、また絶えず感謝と讃美の精神をもって満たされます。コロサイ書三章十六、七節を見れば
 『キリストの道(ことば)をして爾曹の心に存(とめ)て充足らしめ諸(すべて)の智慧により詩と歌と靈(みたま)に感じて作れる賦とを以て互に相敎へ相勸め 恩(めぐみ)に感じて心の中に神を讚美すべし 爾曹の爲す所の諸事(すべてのこと)あるひは言あるひは行みな主イエスの名の爲に之を爲し 彼に依て父なる神に感謝すべし』
とございます。おおどうぞ断えず心の中に神を讃美せよ。多くの信者の堕落するわけは、ただ讃美をやめましたからです。感謝をやめましたからであります。私共の心の中に断えず讃美がございますなれば、必ず主に従うて進みます。必ず私共の心の中は小さい天国の喜楽があります。おお汝らは神の宮なり。
 また私共の心の中に神が宿りたまいますなれば必ず大いなる能力(ちから)を受けます。もっともあなたを高く挙げる能力でないかも知れません。けれどもあなたは忍びの能力、すなわち十字架を負う能力を受けます。おお兄弟姉妹よ、もし私共が火のバプテスマを受けますなれば必ず多くの苦しみに逢います。神は私共にただ平安のみを与えんとてこのバプテスマを授けたまいません。これはすなわち迫害に耐え忍ぶ能力を与うるバプテスマです。主に従う能力を与うるバプテスマです。十字架を負うため能力を与うるバプテスマです。おおあなたはこのバプテスマを求めますか。あなたがこのバプテスマを受けますなれば人間にも悪魔にも必ず迫害せられます。このバプテスマを受くることは確かに戦いの始めです。また試惑(こころみ)の始めです。実にこのバプテスマを受けし者は地上に在りて多くの苦しみを忍ばねばなりません。けれどもあなたが真実にこのバプテスマを受けまして神の宮となりましたなれば、あなたの衷には断えず喜楽と平安があります。ステパノが学者たちの前に訴えられました時、生命を賭けて訴えられし時、彼はその肉体に大いなる苦しみを受けましたが、これによって彼は心配いたしましたか。平安を失いましたか。否、そうではありません。彼の衷には全き平安があり、彼の心は小さき天国でございましたから、彼の顔は天の使いのように見えました。それから彼は死罪に定められ、議場より追い出され、ヱルサレムより引き出だされて石にて打ち殺さるる時に当っても、彼が心の平安は少しも傷つけられません。彼が上には広く天が開けまして主イエスを見ることができました。その時ステパノの心は確かに神の宮でした。確かに天国でありました。それゆえに神は、彼が迫害の中に、また多くの苦しみの中に、断えず断えず平安を賜うことができました。
 おお兄弟姉妹よ、あなたがたが今日、聖霊のバプテスマを受けますなれば、これから多くの苦しみを忍ばねばなりません。けれどもあなたはこれと一緒に神の聖なる喜楽と平安とを受けます。おおこれはほんとうですか、あなたの衷にはこの経験がございますか。あなたの心の中に己が大きくなりはしませんか。あなたの生涯は己のためではありませんか。あなたは心に度々汚れたる考えが起ることはありませんか。おお汝らは神の宮なり。神は今あなたの心を全く潔めたまいとうございます。神はあなたを御自分の聖き宮とならしめたまいとうございます。そして神はこの恵みを受くる道を示したまいました。どうぞコリント後書七章一節をご覧なさい。
 『然ば愛する者よ 我儕この約束を得たれば肉と靈の凡の汚を去て自己を潔くし神を畏れて聖潔ことを成就すべし』
 おお兄弟姉妹よ、あなたは今日、肉と霊にあるすべての汚れを全く去りて自らを潔くいたしますか。あなたは今ほんとうに身も霊(たま)も全く神に献げますか。実に神はあなたを御自分の宮として受けたまいとうございます。神はあなたに我汝を納けんとの約束を与えたまいました。昔モーセが天幕を造りてこれを神に献げたる時、神は焔の中に天幕に降り、その中に満ちたまいました。神は確かにモーセの造りたる天幕を御自分の宮として納けたまいました。我汝を納けん、すなわちあなたが身も霊も神に献げますなれば、神は必ずあなたを納け、あなたの衷に満ちたまいます。おおどうぞいま身も霊も全く神に献げて活ける神の宮となせよ。



|| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 目次 |