開 か れ た る 天

バックストン敎師講演



 イエス、ナタナエルの己が所(もと)に來るを見かれを指て曰けるは 視よ眞のイスラエルの人にして其心詭譎(いつはり)なき者ぞ ナタナエル、イエスに曰けるは 如何にして我を知たまふ乎 イエス之に答へて曰けるは ピリポが爾を召(よば)ざる先に無花果樹(いちじく)の下に爾の居(をれ)るを見たり ナタナエル答て曰けるは ラビ爾は神の子なり 爾はイスラエルの王なり イエス答て曰けるは 爾が無花果樹の下に居るを我見しと言るに因て爾信ずるか 此よりも大なる事を爾みるべし 又いひけるは 我まことに實(まこと)に爾曹に告ん 天ひらけて神の使等(つかひたち)人の子の上に陟降(のぼりくだり)するを見ん
                          (約一・四十七〜五十一)

 此よりも大なる事を爾みるべし。神は度々こういう勧めを私共に与えたまいます。旧約全書また新約全書を見ますれば神は種々なる言葉をもって私共の信仰を励ましたまいます。私共は今までどれだけの経験があるにもせよ、神は今一層深き経験、厚き恵みを与えたまいとうございます。私共はただいま愛する一人の兄弟より信者たちの三つの階級を学びましたが、私共銘々は今日いずれの階級に立ちておりましょうか。それは実にいろいろでございます。けれども神は今日確かに私共各自を一段進め、新しき経験を与えたもうことが出来ます。、また実にこれを与えんことを望みたまいます。
 此よりも大なる事を爾みるべし。神は今あなたがた御銘々にこの大いなる約束を与えたまいました。あなた方御銘々に今までの経験に一層勝れたる新しき経験を与えんと仰せられました。実に嬉しいことではありませんか。あなたはこれまで既に救いを得ましたから必ず心の中に喜楽(よろこび)があり、また希望(のぞみ)がございましょう。けれども今日、此よりも大なる事を爾みるべし。またあなたは今日までだんだんに恵みを受け、心にキリストを覚えまして嬉しうございましょう。けれども今日、此よりも大なる事を爾みるべし。またあなたは昨晩この集会において新しい経験を得ましたでしょう。あなたは確かに潔めを受けて新しき神の栄光と主イエスの救いの聖能(みちから)を見ましたでしょう。けれども今日、此よりも大なる事を爾みるべし。おおこれは実に嬉しいことではありませんか。私共の父、慈愛深き真の神は、かくのごとく私共に愛の勧めをなしたまいます。またエレミヤ記三十三章三節を見れば
 『汝われに呼求よ われ汝に應へん また汝が知ざる大なる事と秘密(かくれ)たることゝを汝に示さん』
とございます。神は私共に新しきことを示したまいとうございます。私共の今まで知らざる大いなることを示したまいとうございます。私共に隠れたる奥義を示したまいとうございます。汝われに呼求よ われ汝に應へん また汝が知ざる大なる事と秘密たることゝを汝に示さんと神は仰せたまいます。また私共はこの集会におきまして特別に神を呼び求めますから神は必ず私共の求めに応じて私共の今まで知らざる大いなる事と隠れたる奥義とを示したもうに相違ありません。
 此よりも大なる事を爾みるべし。神が今日私共に示したもう大いなることとは如何なる恵みでございましょうか。どうぞ五十一節をご覧なさい。
 『又いひけるは 我まことに實(まこと)に爾曹に告ん 天ひらけて‥‥‥』
 おおこれは神が今日私共に与えたもう新しき経験でございます。実にこれは大いなる恵みであります。天の開けること‥‥‥天の開けること‥‥‥ヤコブは一度天の開けることを夢に見ました。けれどもこれはただ暫くの間のことです。しかしこれは誠に幸いなる経験でありましてヤコブはこれによりて一生涯の幸いを得ました。この時ヤコブは心の中に新たに神を見ることができました。それゆえに、これはただ暫くの間の夢であったが、その結果はヤコブの一生涯に及びました。けれども新約の神の恵みはそのようなものではありません。決してかくのごとく暫時の間のものではありません。神は私共のために今日ただ一度ばかりちょっと天を開きたくはありません。神は私共をして今日を始としてこれからいつまでも、断えず開けたる天の下に清き生涯を送らせたまいとうございます。故に私共は信仰をもって今より断えず開けたる天の下に在りて神の聖顔を拝することができます。私共は今より断えず開けたる天の下に在りて聖霊(みたま)を受くることができます。我まことに實に爾曹に告ん 天ひらけて神の使等人の子の上に陟降するを見ん。おお私共の今まで有てる心の苦しみまた悩みはどこから来るかとなれば、これは実に私共のために天が閉じておったからでございます。また天が閉じておりますから神の聖顔を拝することができなかったのであります。しかるに神は今日私共のために天を開きて、私共をして御自分の愛の聖顔を拝せしめたまいとうございます。また私共に聖霊を与えたまいとうございます。また私共をして真実に天国に属ける者とならしめたまいとうございます。おおこれが今日神が私共に対して望みたもうところであります。
 皆様も御存じの通り、私共のために今日まで確かに天が閉じられておりました。すなわち罪がこの世の中に入りたる時、天は人間の上に閉じられました。創世記三章二十四節を見ますれば
 『斯神其人を逐出しエデンの園の東にケルビムと自ら旋轉(まは)る焰の劍を置て生命の樹の途(みち)を保守(まも)りたまふ』
と記されてございます。実にこの時までは人間は開けたる天の下に幸いなる生涯を送っておりましたが、この時天国より追い出され、神の聖顔を拝することも天の聖光(みひかり)を頂戴することもできぬようになりました。そして私共は確かにこのことを経験しました。罪人であるうちは天は私共の上に固く閉じておりますから私共は神と和らぐことができません。また神に祈る途さえ絶えましたからもちろん霊なる喜楽を得ることはできません。しかるに私共は長き間それを構いませんでしたが、一度心の中に幾分かそのことが分かりました時には『わざはひなるかな我は滅亡(ほろび)なん』と叫びました。おお私共のために天が固く閉じましたから私共の心は暗く、また悩み、また苦しみ、また失望をもって満たされました。これは実に罪人の心の模様でございます。また申命記二十八章二十三節を見ますれば、不従順者(したがわざるもの)の上に閉じられたる天の模様が記されてございます。
 『汝の頭の上なる天は銅(あかがね)のごとくになり汝の下なる地は鐵(くろがね)のごとくなるべし』
 おお実に私共はこれを経験いたしました。天が銅のごとく閉じておるから私共は神に近づくことができません。また神に祈る途さえ全く絶えておりました。然るに私共は一度主イエスを信仰してその救を受けましたからこの銅のごとくなりし天も幾分か開けまして幾分か神に近づき、また幾分か神の霊なる感化を頂戴することができました。けれどもこれは未だ全く天が開かれたというものではありません。旧約時代のイスラエル人は幾分か神の聖前に出でて、神の光を頂戴し、また幾分か神を讃美し、また祈ることはできました。けれども彼等は全く神のみまえに出ずることを許されません。宮の中の至聖所(いときよきところ)には入ることはできません。すなわち神の全き交通を受くることができませんでした。けれども新約時代の私共は神の全き交わりを受くることができます。私共は宮の内の至聖所に入り、神の愛の聖顔を拝し、その聖光を仰ぐことができます。すなわち私共のためには天が広く開かれます。おお実に嬉しいことではありませんか。実に幸いではございませんか。天ひらけて‥‥‥。おお神は今日私共にこの恵みを得させたまいとうございます。この大いなる恵みをあなた方御銘々に与えたまいとうございます。おお今日この集会に在る兄弟姉妹のうちに未だ少しもこの恵みを経験せざる者はありませんか。また幾分か光を得ましたけれども未だ十分なる光、十分なる喜びを得ざる者はありませんか。おお神は今日この集会の上に天を開きたまいましてあなた方御銘々に新しき経験を確かに与えたまいます。
 此よりも大なる事を爾みるべし、天ひらけて‥‥‥おお天が私共のために開けますなればどういう経験を与えられますか。どうぞ先ずエゼキエル書一章一節をご覧なさい。
 『第卅年四月の五日に我ケバル河の邊にてかの擄(とらへ)うつされたる者の中にをりしに天ひらけて我神の異象を見たり』
 おお天が開けますなれば私共は第一に神の異象を見ることができます。神の異象‥‥‥神の愛の異象、神の能(ちから)の異象、神の聖なる、聖なる異象を見ることができます。おお兄弟姉妹よ、あなた方御銘々に神はほんとうに神の異象を見せたまいとうございます。先祖の時代には他の人に教えられて神のことを幾分か知りました。また今でも或る信者たちは他の者の得たる経験によって教えられ幾分か神のことを悟りたる者がたくさんにあります。けれどもほんとうに自分の心に神を見たる信者は誠に少数でございます。それゆえに神は今日私共に御自分を顕したまいとうございます。あなた方御銘々の心の中に御自分の異象を示したまいとうございます。おお兄弟姉妹よ、今日神のこの異象を明らかに見るまでは決して満足なされますな。おおどうぞ天ひらけて神の異象を見んことを求めよ。実に神の愛の異象を見れば、あなたの心は必ず燃ゆる焔のごとき愛をもって満たされます。神の大能の異象を見ればあなたは必ず人間を恐るることのなき者となります。また神の聖なる異象を見ればあなたは必ず罪を憎み清き生涯を送らんとする熱心に満たされます。おおどうぞ今日この集会において天ひらけて神の異象を見んことを求めよ。
 第二にはルカ伝三章二十一、二節に記されたる経験を得ます。すなわち
 『イエスも亦バプテスマを受けて祈るとき天ひらけ聖靈鴿の如き狀(かたち)にて其上に降ぬ 又天より聲ありて云(いはく)なんぢは我愛子わが喜ぶ處の者なり』
 おお天ひらくれば必ず聖霊が降りたもうて私共の中に宿り、また私共は神の聖声を聞くことができます。ペンテコステの日においても弟子たちの上に天が開けて鴿のごとく焔のごとき聖霊が彼等の上に降りました。そうしてこのペンテコステはただ一度の経験のみではありません。今日はすなわちペンテコステの時代です。ゆえに神は今日私共にこの恵みを与えたまいとうございます。啻に今日のみならずこれより絶えずペンテコステに与らせたまいとうございます。おお今日この集会の上に天ひらけて、あなた方御銘々のうちに聖霊が満ちたまえば、あなたは最早これまでのごとき失敗をなすことなく、あなたのうちには絶えず聖なる喜楽、聖なる能力、聖なる平安をもって満たされるようになります。おお実に幸いなる経験ではありませんか。
 それから第三には黙示録十九章十一節をご覧なさい。
 『我また天の闢(ひらく)を見しに一匹の白馬(しろきむま)あり 之に乗る者忠信また誠實(まこと)と稱らる 彼は義を以て審判と戰爭(たゝかひ)をなせり』
 ここに記されたるは主イエスです。ヨハネは天の開けるを見ましたから主イエスの聖能がわかりました。その時代には悪魔は大いなる力をもって信者を苦しめました。またその時代には地上に大なる罪悪が行われ、罪の力はどこにも満ちておりました。けれどもヨハネは失望することなく忍耐をもって天を仰ぎ見ましたが、その時天ひらけて主イエスの聖能を見ることを得ました。おお兄弟姉妹よ、もし私共が断えず開けたる天の下に清き生涯を送りますなればいつでも主の聖能を見ることができます。そうして私共は断えず聖なる喜楽と平安に満たされます。私共は周囲に在る罪の洪水を見ます時に、また悪魔の力を見る時に、また教会の弱き有様を見ます時に、時々失望があるかも知れません。けれども天を仰ぎ見て主イエスの聖能を見ることができますなれば、私共は心の中に断えず勝利を歌うことができます。おおこれは実に幸いなる経験ではありませんか。おお兄弟姉妹よ、天があなたのために開けますなればあなたはかくの如き喜楽があります。すなわちあなたは神の異象を見ることができます。またあなたは聖霊を受くることができます。神の聖声を聞くことができます。またあなたは確かに主イエスを見ることができます。主の栄光、主の権威、主の能力、主の救いを見ることができます。
 おおこの嬉しき経験はどなたが頂戴いたしますか。おおこの集会の中にナタナエルがありますなれば必ずその人はこの恵みを頂戴します。さればナタナエルはどういう人でありましたか。どうぞ四十七節をご覧なさい。
 『イエス、ナタナエルの己の處に來るを見かれを指して曰けるは 視よ眞のイスラエルの人にしてその心詭譎(いつはり)なき者ぞ』
 これは主イエスの聖言です。視よ眞のイスラエルの人にしてその心詭譎なき者ぞと。これによって見れば第一、心に偽りなき者は主よりこの経験を頂戴することができます。実にこの恵みを受ける者はその心に偽りなき者ばかりです。或る者はこういう集会に参りまして、幾分か感情が動きまして熱心をもって神を求め、また清めを願います。けれども家に帰りて感情が静まりました時にその熱心がなくなります。そういう人は試みに出会う時これに打ち勝つことができないで罪を犯すかも知れません。そういう人はその心偽りなき真のイスラエル人にあらずして、その心偽りなる者です。そういう人はどれほど神の聖前に熱心に祈りましてもその祈りは偽りの祈りです。ただ偽善の祈りです。おお兄弟姉妹よ、罪の中にこれほど恐ろしき大いなる罪はありません。神のこの聖き山に登り聖霊に対して偽りを言うことは実に大いなる罪であります。おおどうぞ今日この集会の中にそういう恐ろしき罪を犯す者のなからんことを只管に願います。私共神の恵みを求むるなれば、神より恵みを頂戴いたしたいなれば、少しも神に匿すことなく心の有様を懺悔して、偽りなく神に身も霊(たましい)も献げて祈らなければなりません。アナニヤとサッピラは神に偽りの献物をなして神より罰を受けました。おお兄弟姉妹よ、どうぞ今日その恐ろしき罪を犯すなかれ。どうぞ今清き心をもって、偽りなき心をもって静かに神の聖前に出でよ。
 第二、ナタナエルは静かなる処において祈ることを勉めました。彼は人の目に立たざる無花果の樹の下において静かに神に求めました。おお兄弟姉妹よ、あなたもどうぞ密かなる処において静かに神にお求めなさい。ただこういう集会においてのみならず、あなたの部屋において真心をもって神に溢るる恵みをお求めなさい。さらばあなたは確かに大いなる恵みを頂戴することができます。主イエスはそういうところにて静かに己を求むる者をご覧なさいます(四十八節)。主イエスはそういう者に御自分を顕し、またその聖声を聞かしめたまいます。主イエスはそういう者に必ずその求めに従いて溢るる恵みを与えたまいます。
 また第三にはどうぞ四十九節をご覧なさい。
 『ナタナエル答て曰けるは ラビ汝は神の子なり 汝はイスラエルの王なり』
 おおあなたはかくのごとく叫ぶことができますか。あなたはほんとうに主の聖前にひれ伏して、わが主よ、わが神よと叫ぶことができますか。さらば主はあなたのために必ず天を開きたもうて、あなたは確かに神の異象を見ることができます。あなたは聖霊を頂戴し、また主の聖能を見ることができます。おお兄弟姉妹よ、神は今あなたのために天を開きたまいとうございます。今まであなたの頭の上なる天は銅のごとく閉じておりました。けれどもあなたが真心をもってすべての罪を懺悔してこの恵みを求むれば、神は確かにあなたのために天を開きたまいます。おお今この集会の上に広く天が開けますなれば、私共は一同にペンテコステの恵みに与ることができます。どうぞ信じてお求めなさい。おお主はいま私共のために天を開きたまいました。しかのみならず主は貴き御血をもってあなたと聖顔との間の隔てを全く取り除きたまいました。今まであなたが犯したる罪、また心の不義も、その血潮の能力によって全く潔めたまいました。それゆえにあなたは面帕(かおおおい)なくして神の聖顔を見ることができます。どうぞ全く不信仰を棄てていま神の聖光(みひかり)を受けよ。またこれから絶えず開かれし天の下にて神の光の中を歩み、全き幸いをお受けなさい。これは私共に主の与えたもう特権でございます。



|| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 目次 |