新約全書 使徒パウロ ロマびとおくれるふみ

第 七 章



  1. 兄弟よ われいま律法おきてしれる者にいは律法おきては人の畢生いのちのかぎりそのしゅたるをしらざる
  2. をっとあるをんな律法おきてためをっといけうちはそれにつながるれどをっとしなばその律法おきてよりゆるさる
  3. されをっといけうちほかの人にゆか淫婦いんぷとなふべし をっとしなばその律法おきてよりゆるさるゝがゆゑに人にゆくとも淫婦いんぷにはあら
  4. しかればわが兄弟よ 爾曹なんぢらもキリストの身により律法おきてついて殺されしものなり これ別人ほかのものすなはち死よりよみがへされ給ひし者にゆきて神のためを結ばんとなり
  5. われら肉にありし時は律法おきてよれる罪の慾われらの肢體したいはたらきて死のためを結べり
  6. されども今われらをつなげる者においしにたれば律法おきてよりゆるされ儀文ぎぶん舊樣ふるきよられい新樣あたらしきよりつか

  7. しからば我儕われらなにいふべきか 律法おきては罪なるや しから律法おきてよらざればわれ罪の罪たるをしる事なし それ律法おきてむさぼなかれといはざればわれ貪慾むさぼりの罪たるをしらざるなり
  8. しかして罪はいましめをりのりわがうち各樣さまざま貪慾むさぼりおこせり 律法おきてなければ罪はしねるものなり
  9. われむか律法おきてなくしていきたれど誡命いましめきたりて罪はいきかへりわれしね
  10. かくて人をいかさんためいましめかへっこれわれをしなしむる者となれり
  11. いかにとなれば罪はいましめをりのりわれまどはそのいましめをもてわれを殺せり
  12. それ律法おきてきよいましめきよ公義たゞしくかつ善なり

  13. さらば善なる者われをしなしむるか しからしなしむる者は罪なり 罪は善なる者をもてわれしなしむればその罪たることあらはれまたいましめよりて罪のはなはだしき事はあらはるゝなり
  14. それ律法おきてれいなる者と我儕われらしる されどわれは肉なる者にして罪のしたうられたり
  15. そはわが行ふ所の者はわれこれよしとせず が願ふ所のものわれこれをなさにくむ所のものわれこれをなせばなり
  16. もしわれねがはざる所の者を行ふ時は律法おきてを善とす
  17. しからば今よりこれを行ふ者はわれあらわれをるところの罪なり
  18. 善なる者はわれすなはちわが肉にをらざるをしる そはねがふ所われにあれども善を行ふことを得ざればなり
  19. われねがふ所の善はこれを行はずかへっねがはざる所の惡はこれを行へり
  20. もしわれねがはざる所を行ふときはこれを行ふ者はわれあらわれをるところの罪なり
  21. 是故このゆゑわれ善を行はんとおもふときに惡のわれにをる このひとつのりあるを覺ゆ
  22. そはわれ内なる人については神の律法おきてたのしめども
  23. わが肢體したいほかのりありてわが心ののりと戰ひわれとりこにして肢體したいうちにをる罪ののりに従はするを悟れり
  24. あゝわれ困苦なやめる人なるかな この死のからだよりわれを救はん者はたれぞや
  25. これわれらのしゅイエスキリストなるがゆゑに神に感謝す されわれみづから心にては神ののりしたがひ肉にては罪ののりしたがふなり


| 新約全書目次 | 羅 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 總目次 |