新 約 全 書 ヨ ハ ネ 默 示 錄

第 一 章



  1. これイエスキリストの默示すなはち神彼をして迅速すみやかおこるべき事をかれ僕等しもべどもに示さんとて彼に賜ひし所なり イエスキリストその使つかひしもべヨハネにこれを贈り示し給へり
  2. ヨハネ神のことばとイエスキリストのあかしそのすべて見し所のものとをあかし
  3. この預言のふみよむ者とこれきゝ其中そのなかに記しある所を守る人々はさいはひなり そは時近ければなり

  4. ヨハネふみをアジアにあるなゝつの敎會に贈る ねがはくは今いまむかいまのちいます者およびその寳座みくらゐの前のなゝつれい
  5. 及び忠信なる證者しょうしゃ 死のなかよりはじめうまれし者 天下の諸王の君たるイエスキリストより爾曹なんぢら恩寵めぐみ平安やすきうけねがはくは我儕われらを愛しその血を我儕われらの罪を洗潔あらひきよ
  6. 我儕われらをして王となし祭司となしてその父の神につけしむる者に榮光と權力ちから世々かぎりなくあらんことを アメン

  7. よ 彼は雲に乗りてきたすべての目かれを見ん 彼をさしたる者もまたこれをみるべし かつ地の諸族これがため哀哭なげかん アメン
  8. しゅたる神いひ給へり われはアルパなりオメガなり 始めなりをはりなり 今あり昔ありのちある全能の者なり

  9. われヨハネすなは爾曹なんぢらの兄弟 なんぢらと患難を共にしイエスキリストの國およびその忍耐を共にする者 さきに神のことばとイエスのあかしためにパトモスといふ島にをり
  10. しゅの日にわれみたまに感じてらっぱの如きおほいなる聲のわがうしろあるきけ
  11. いはなんぢみるところをふみしるしてこれをアジアにあるエペソ スムルナ ペルガモ テアテラ サルデス ヒラデルヒア ラオデキヤのなゝつの敎會に贈るべし
  12. われ身をかへしてわれに語る聲をんとし既に身をかへせば きんなゝつ燈臺とうだい
  13. そのなゝつ燈臺とうだいの間に人の子の如き者あるを見たり その身には足までたるころもをき胸にはきんの帶をつか
  14. かうべかみとはしろきこと羊の毛の如く雪の如く目は火燄ほのほの如し
  15. 足はやくる眞鍮の如く聲は大水おほみづおとの如し
  16. 右の手にはなゝつの星をもち兩刃もろはときつるぎその口よりいでかほはなはだしく輝く日の如し
  17. われこれを見しときしぬる者の如くその足下あしもとたふれたり かれ右の手をわれつけいひけるは おそるゝなかわれ首先いやさきなり末後いやはてなり
  18. われ生者いけるものなり さきしにしことあり われは世々かぎりなくいきん アメン われ陰府よみと死とのかぎもて
  19. なんぢ見し所および今ある所のことのちある所の事をしるすべし
  20. それなんぢが見し所のが右の手のなゝつの星またなゝつきん燈臺とうだい奥義おくぎなり なゝつの星はなゝつの敎會の使者 なゝつ燈臺とうだいなゝつの敎會なり


| 新約全書目次 | 默 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 |
| 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 總目次 |