雅 歌 霊 解



ビ・エフ・バックストン講述
米    田    豊筆記



バックストン記念霊交会


── 緒  言 ──


一、本書は大正四年五月、有馬において開かれた日本伝道隊修養会において、バックストン先生が講じられた講義の筆記であります。
一、その時、他の集会との権衡上、講義をだんだん説教風にせられたのと、また一つには時が少ないために所々を飛ばして講義をせられたので、尤もこれは後より校閲の際、多くのことを補われ、特に第四章全体、および第七章の大半は全部補われたのですが、以上二つの理由のため、自然斑があり、また始終一貫して一様でないことは免れません。
一、或る人より、同師の講義は口語体を廃し、簡潔なる文章に縮めたらどうかというお言葉もありましたが、同師を知れる多くの人が、口語体はかえって同師の口吻を表して良いと言われるのと、ご自身がなるべく平易な口語体を好まれるのと、なお一つには要領を簡潔に縮めんとしてかえって角を矯めんとして牛を殺すようなことになってはと思い、冗長の嫌いはありますが、不完全な用語や耳障りになる癖を直したほか、なるべく蓄音機的に書いておきました。
一、書中、項目の区分は校閲の際、同師自身つけられたのですが、目次中の各項中の梗概は、私が読者の便宜を図って付け加えたものであります。
一、願わくは神が本書を祝して、その修養会の時、多くの兄姉を恵みたもうたごとく、なおこの筆記によりても多くの兄姉を恵みて、主との深き愛の交わりとペンテコステの恩恵に導きたまわんことを祈ります。

   大正四年六月
                       神戸にて
                         筆 記 者 識


── 目 次 ──

 総論  聖書の大意は神の愛──雅歌の教え──愛の階段──新郎新婦の愛──主を知ることの階段──雅歌を読む心得
 第一  部屋に伴い入れられる(一・二〜四)
   愛のしるしを求む──他の喜楽にまさる主の愛──主の香、膏の香──主ご自身を慕う──聖霊に引かれて走る──主の部屋に携え入れられる──その結果は喜びと愛──また直き心すなわち聖潔──主の愛を味わう順序
 第二  糧を求む(一・五〜十四)
   続いて養われることを求む──新婦の美──そのために迫害を受く──己の心を守らざりし述懐──養いと安息を求む──面帕ある生涯──聖徒の足跡に随え──真の牧者に近づけ──馬のごとき信者──主ご自身を求む──主の内住の結果は死と生命
 第三  酒宴の部屋の安息(一・十五〜二・七)
   主は新婦の美を喜びたもう──新婦は主の美を見て喜ぶ──主との交わりの幸いにてまた美わしく堅固なること──荊棘の中の百合の花──林の樹の中の林檎──酒宴の部屋における交わり──主の愛の旗──まず力づけられざるべからず──信仰の安息と保護──これが妨げられぬよう願う
 第四  甦りの生涯への召し(二・八〜十七)
   甦りの主の聖声──隔てを飛び越えて来りたもう主──ペンテコステの春の天気──己の家より起きて出で来れ──果を害なう者を取り除く──主と一つとなる
 第五  キリストを求める熱心(三・一〜五)
   まず主に求めらる──故に主を求む──熱心に力を尽して求めずば得ず──集会にて求め──伝道者に就いて求む──(如何なる人が悩める魂を助け得るや)──主に遇う──教会に伴い行く
 第六  甦りの力による生涯(三・六〜十一)
   神の御臨在を表す生涯──甦りの主の力に頼りて送る生涯──神の力に護られる生涯──主の冕(かんむり)たる信者──主に引かれてこの生涯に入れ
 第七  キリストに似ること(四・一〜七)
   神が恵みたもう目的──キリストに似るは主が内に働きたもうによる──聖言によりてその恵みを受く──美麗極まる──新婦の美の七つの点(目、髪、歯、唇、頬、項、乳房)──恵みの原因は十字架
 第八  天の処(四・八〜五・一)
   主は新婦に己に伴わんことを求めたもう──巓よりこの世を望むために──「わが新婦よ」──新婦の信仰、服従、愛、生涯、言葉のために喜びたもう──主のため新しきエデンの園また泉なる信者──聖霊の感化を求む──主の御臨在を求めて答えらる
 第九  主の苦しみに与る生涯(五・二〜五)
   恵まれし後の惰眠──戸外よりの懇ろなる主の声──悲哀の人と共に地の処を経験せよ──新婦は新郎の犠牲の心を抱かざるべからず──人を救う道は死の道なり──F. B. マイヤーの経験──申し訳の言葉──申し訳の起こる原因は恐怖──急行列車運転士の例──主が我らの心を動かさんとしたもう道──ユダとペテロに対して──死を負う心をもて主を迎え入れんとす──アフリカに宣教師として行き死せる青年の例──決死の覚悟をもてアフリカに行きし他の青年──主の再臨後十字架を負う機なし──或る英国士官の懺悔
 第十  聖霊のバプテスマ(五・六〜六・十二)
   チャールズ・ウェスレーがジョン・ウェスレーに言いし言葉──神の戦争なる信者──昔の軍隊の三つの階段──エリシヤの乗りし火の車──使徒行伝における例──世界の伝道に最も必要なるものにつきモット氏の言葉──悲哀の人に戸を開け──我もし死ぬべくば死ぬべし──すぐに開けざれば後に苦しんで主を求めざるべからず──伝道者に尋ねても却って苦を増す──信者に尋ねるとき主の美を証す──何処に主を離れしかを懺悔す──「其處迄從ふ能はず」──十字架の道は幸福の道──A. ビアールの例──悲哀の人に帰れ──この主と一致して初めの恵みに帰る──武士のごとき信者──聖書の中に聖霊の果を調ぶ──軍車のごとき信者とせらる
 第十一  奉仕のための武装(六・十三〜七・九)
   低き信者は新婦に帰れと招く──新婦の整えたる美
 第十二  全き愛(七・十及び八・六、七)
   霊的結婚──主の属──面帕なくして新郎を知る──パウロの祈禱──愛の特質──一、この世より離して全く己の所有とす──二、世の誘いより守らる──三、如何なる妨害にも消されず──エリヤの祭物を焼きし天火──ロマ書八章のパウロ──四、この愛は買うを得ず全く賜物なり──燃ゆるセラピム──火は他に移るもの──全き愛を受けしや
 第十三  愛に由りて労する働き(七・十一〜八・十二)
   主の招きと約束──罪人を導くことを得──熟せざる信者のための祈ることを得──主は栄光を得──我等は報いを得ん
 第十四  終わりの声(八・六、十三、十四)
   一、信仰の声(我を憶えたまえ)──我等に祭司の長あり──二、愛の声(祈れよ)──三、望の声(主よ来りたまえ)──主の再臨近し

| 目次 |