第三 酒宴の部屋の安息



 一章の十五節より二章の七節までを見ますと、愛に引かれて信仰の安息に入ることを得た経験を読みます。ヘブル書四章のように、このところでいかにしてその安息に入ることができるかを明らかに解ります。十五節より読みますと、そのところで主は救われた者の心の中に与えられた恩恵のために感謝したまいます。私共が幾分でも聖霊の感化を得て、幾分でも聖霊の実を結ぶことを得ましたならば、これは主の眼の前に喜ばしきことであります。主はそれを喜び、それを頌めたまいます。

   わが愛する者よ、見よ、あなたは美しい。
   見よ、あなたは美しい、 (一章十五節)

 私共が救われた者でありますれば、必ず主の前に美わしき者であります。聖霊の感化を得ましたから、天国に移った者でありますから、神の眼の前に美わしき者となりました。私共はたびたび自分に目をつけて、自分の不足や自分の欠点、また自分の汚れなどを見て、自分は恐ろしき罪人であると思います。されども主は私共をその御血潮によりて潔められ、聖霊の働きを得た者としてご覧なさいますから、私共の中に美わしさを見たまいます。おお、どうぞそれを深く考えとうございます。またそれにより主の愛を見とうございます。主はたびたびこの十五節のごとく、聖書の御言によりて、救われた私共の美わしさを示したまいます。

   あなたの目ははとのようだ。 (十五節)

 新郎は新婦に鳩の霊、すなわち柔和なる聖霊の感化のあるのを見て喜びたまいます。主はそのように新婦の美わしさを讃えたまいます。けれども十六節を見ますれば、新婦はそれを見たくありません。かえって新郎の美わしさを見て、それを感謝します。

   わが愛する者よ、見よ、あなたは美しく、
   まことにりっぱです。 (十六節)

 新婦は新郎が自分の美わしさの源泉であることを言い表します。しかして主の美わしさを讃え、それを喜び楽しみます。またその節の終わりに、

   わたしたちの床は緑、 (十六節)

 これは相互の交わりが幸いなことを言い表した言葉であります。詩篇二十三篇の二節のように『主はわたしを緑の牧場に伏させ』たまいます。また、

   わたしたちの家の梁は香柏、
   そのたるきはいとすぎです。 (十七節)

 すなわちこれはその交わりの堅固なことを指します。主と私共との交わりはただ感情的な変わり易いものでなくして、香柏のごとく、またいとすぎのごとく堅固に建てられたものであります。ヘブル書十一章十節にある『ゆるがぬ土台の上に建てられた都』のようなもの、またマタイ伝七章二十四節の『岩の上に』建てた家のように動かないものであります。なぜならばその交わりは神の契約より出ずる幸福であるからです。神の契約が動きませんから、その交わりも必ずいつまでも変わらない堅固なものであります。
 またこの交わりは人間の作ったものではありません。十六節の『緑』はすなわち野の景色で、人の作ったものではありません。十七節の香柏といとすぎは材木を言ったのではなくして、これは立木を指します。(英語改正訳を見ますと、複数で書いてありますから、それが解ります。)主と私共との交わりはそのように堅い、また神に作られたもので、少しも人間の働きまたは力のためではありません。また美わしい野原の景色のごとく美わしく、また作った家のごとく狭くありません。
 香柏は朽ちざる樹でありますから、香柏の意味はいつでも甦りであります。ペテロ前書一章三節『イエス・キリストを死人の中からよみがえらせ、それにより、わたしたちを新たに生まれさせて生ける望みをいだかせ』。そうですからこの交わりは甦る生命を得た者のために得られる幸福で、また甦りの生命のごとく限りないものであります。この世のことや肉のことのために汚れを受けず、豊かなる生命によりて断えず甦った主と交わることを得ます。その生命は甦りの生命でありますから、いつでも聖潔の生涯を暮らして、主と交わることを得ます。
 ソロモンは香柏といとすぎをもって神殿を建てました(歴代誌下二・八)。そのように新婦と新郎の交わりは、神の家の厳粛なる聖き交わりであります。すなわち天国における交わりと同じものであります。
 新婦はそのように新郎の美わしさを頌め、また新郎との交わりの楽しい幸福なものであることを申しましたが、自分はただ小さい野花のようなものであると申します。

第 二 章

   わたしはシャロンのばら、
   谷のゆりです。 (一節)

 何の価値もない、賤しい、小さい野花のようなものであります。されども主はその野花を見て、その中にさえも美わしさを見たまいます。

   おとめたちのうちにわが愛する者のあるのは、
   いばらの中にゆりの花があるようだ。 (二節)

 周囲にはいろいろの汚れもあり、悪魔の術もあります。されども聖霊の力に断えず守られて、いばらの中にあるゆりの花のように美わしさを保ち、芳しき香を出します。
 主の聖言は力があります。主がこのようなことを私共に囁きたまいますなれば、今までこういう経験がありませんでも、今その主の聖言を受け入れますならば、今からこのいばらの中のゆりの花のようなものとなり、そのような美わしいものとなることができます。
 けれどもこの新婦は自分の得た恵みに目をつけず、かえって愛する救い主の美わしさに目をつけます。

   わが愛する者の若人たちの中にあるのは、
   林の木の中にりんごの木があるようです。 (三節)

 愛する新郎に会いましたときに、ちょうど疲れた飢え渇ける旅人が、偶然に林の中に立派に熟した大きな柔らかな林檎のなっている、林檎の樹を見出したようであったと申します。私共は疲れた魂をもって、この世の旅の途中において救い主に出会いましたときに、ちょうどそれと同じ満足を受けることを得ました。そのために満足を得、そのために新しき力を得、またそのために心の喜悦を得ました。
 林の中に林檎を見出すことは、普通とうていできぬことであります。林檎の樹は決して林の中にあるものでありません。そのように人間の中にて救い主に出会うことは普通のことではありません。そうですから特別に大いなる満足と喜悦とを得ました。

   わたしは大きな喜びをもって、彼の陰にすわった。 (三節)

 そのために安息を得ました。されどもそればかりではありません。

   彼の与える実はわたしの口に甘かった。 (三節)

 すなわちその林檎を食べて、新しき力と養いを得ました。なお大いなる満足を得ました。ただその美わしい林檎の樹を見て喜ぶだけでなく、その実を食べて味わいます。林の中に林檎がありますれば、誰でもそれを自由に取って食べることができます。

   さあ、かわいている者は
   みな水にきたれ。
   金のない者もきたれ。
   来て買い求めて食べよ。 (イザヤ書五十五章一節)

 この新婦はそういう幸福を得ましたから、喜んでそれをほかの人々に証いたします。この三節はその証であります。おお愛する兄弟姉妹よ、あなたもたびたびこういう経験がありますか。主に出会い、新しき安息、新しき喜楽、また新しき満足を得たことがありますか。私共はたびたびこんな経験があるはずであります。毎日、主を求める時にこのような幸福を受けるはずであります。もし主を遠ざかり、祈禱の霊を失い冷淡になっておりますれば、近頃の中にそういう経験がないかも知れません。もしそうであれば、ただいま悔い改めて、砕けたる心をもって、主の美わしさを見て主を求めなければなりません。
 されどもただ主の実を受けることのみでなく、四節を見ますれば、なお進んで主ご自身と一緒になり、親しき交わりを得て、主の喜楽に入ることを得ます。

   彼はわたしを酒宴の家に連れて行った。 (四節)

 ただ自分の実を食べさせるだけでなく、ご自分を現し、そのご臨在を悟らせて、ご自身われを携えて酒宴の室に入れたまいました。しかしてそのところで最も美わしき天の葡萄酒を飲ませ、ご自身と一緒に天に属ける喜びを得させたまいます。
 酒宴の家に入れられました。牢屋でなく、また外科手術室でもなく、また学校でもありません。主とのこの楽しい交わりを未だ経験しません者は、主に身も魂も献げますならば、牢屋に入るように自由を失うと思いましたり、外科手術室に入るように痛い目に遭わねばならぬかのように思いましたり、またちょうど学校にでも入るように苦しんで学ばなければならぬように思います。しかしこれはみな間違いであります。主に身も魂も献げて主との交わりに入ることは、ちょうど酒宴の家に入るごとく楽しいことで、そこで安息と幸福を得るのであります。またその経験をする時に、

   わたしの上にひるがえる彼の旗は愛であった。 (四節)

 すなわち主の愛に護られて、主の愛したもう者となることを得ます。兵隊が城を攻め取りますならば、その上に立っている敵の旗を除いて、味方の旗を翻しますとおりに、いま主はこの人の上にご自分の旗を翻したまいます。そうですからこの新婦は主の愛に感じ、主の愛に満足し、愛の空気を吸って生涯を暮らすことを得ます。既に主に降参し、主の美わしさを見ましたならば、主の手に渡されし城のようなものとなり、主の属となったのですから、主はその上にご自分の旗を翻したまいます。おお、感謝すべきことではありませんか。

   干しぶどうをもって、わたしに力をつけ、
   りんごをもって、わたしに元気をつけてください。
   わたしは愛のために病みわずらっているのです。 (五節)

 愛の交わりの深い経験を受けるために、格別に力を受けなければなりませんから、このところでそれを願っています。エペソ書三章十七節にキリストを心に宿すことが書いてありますが、そのためにはまず十六節のように、内なる人が剛健にされなければなりません。また黙示録一章十七節にありますように、主と交わりてその聖声を聞くためには、まずその力ある御手より甦る生命を得なければなりません。
 かように強められて主との交わりができますれば、六節のような美わしき安息と保護とを経験いたします。

   どうか、彼の左の手がわたしの頭の下にあり、
   右の手がわたしを抱いてくれるように。 (六節)

 これはちょうど申命記三十三章二十七節と同じことであります。

   とこしえにいます神はあなたのすみかであり、
   下には永遠の腕がある。 

これはヘブル書四章にあるような信仰の安息であります。主の御手の中にありて主に護られ、主に抱かれ、主の愛に感じて生涯を暮らすことを得ます。そうですから七節を見ますと、こういう安息を妨げる者のないことを願います。

   エルサレムの娘たちよ、
   わたしは、かもしかと野の雌じかをさして、
   あなたがたに誓い、お願いする。
   愛のおのずから起こるときまでは、
   ことさらに呼び起こすことも、
   さますこともしないように。 (七節)

 どうかそのような楽しい安息を妨げぬように、そのような喜ばしい愛の経験を妨げないようにと願います。信仰によりて自分の心の中に主が宿りたまいましたためにそのような経験を得ましたから、それを妨げることの起こらぬように熱心に祈ります。
 この人の信仰は未だ弱うございますから、鹿がものに恐れて早く逃げてしまうように、主が早く去ってしまいなさることはないかと思います。しかしそのように思うことは、ただ自分の不信仰のためです。主は決してそのように早く去りたまいません。エペソ書三章十七節に『信仰によって、キリストがあなたがたの心のうちに住み』とある、『住み』という語の原語はとどまって住むとの意味であります。エレミヤ記十四章八節の『一夜の宿りのために立ち寄る旅びと』のように早く去りたまいません。もし私共が主の足下に休むことを選びますれば、ルカ伝十章四十二節にあるように、この主との交わりと安息に必ず私共より奪われることはありません。



||| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 目次 |