第七 キリストに似ること



第 四 章

 主が私共に恩恵を与えたもう目的は何でありますかならば、私共をご自分のさまに象らせんがためであります。ただ私共の罪を赦すばかりでなく、また私共に幸福と天国を与えるばかりでなく、私共をご自分のさまに象らせて、真正に全き者とならせたまいとうございます。そうですから、主は私共の心の中にご自分が持っていたもう柔和や聖潔、また力や愛を見たもうことができるまで、私共の中に働きたまいます。また私共の中に幾分にてもご自分の美わしきを見たまいますならば、そのために喜びたまいます。
 この四章において、もはや新婦の中に、そのような主の恵みを見ることを得ます。これはみな恩恵であります。自分では少しもこの美わしい姿はできません。されども主がその中に働いて、ご自分の美わしさを与えたまいます。詩篇九十篇十七節『われらの神、主の恵みを、われらの上にくだしてください』。そのために旧きを捨ててみな新しくなることを得ます(コリント後書五章十七節)。何卒そのために全く旧き人を捨て、また自分の熱心と自分の決心に依り頼まずして、衷に働きたもう神のみに依り頼みなさい。ピリピ書二章十三節『あなたがたのうちに働きかけて、その願いを起させ、かつ実現に至らせるのは神であって、それは神のよしとされるところだからである。』
 どうしてそのような品性を細かに受け取ることができますかならば、主の聖言の力によってであります。
 神がこの世を創造したまいました時に『命じられると、堅く立』ちましたが(詩篇三十三・九)、いま私共の心の中に新しき創造をしたもう時にも『命じられると、堅く立』ちます。私共はその聖言を受け入れることによりて恩恵を得ます。かくてすべてのことにおいて富むことを得(コリント前書一・五)、またすべての徳が私共に『備わって、いよいよ豊かに』なりますから、『怠る者、実を結ばない者となることはないであろう』(ペテロ後書一・八)。主はそれを見て喜びたまいます。詩篇四十五篇十一節『王はあなたのうるわしさを慕うであろう』。
 エゼキエル書十六章一節より十四節までのところに、一人の人が救われまた潔められ、恵まれることの譬話が書いてあります。そのところで主よりいろいろの飾り物を得まして、美麗が極まるとあります。『あなたの美しさのために、あなたの名声は国々に広まった。これはわたしが、あなたに施した飾りによって全うされたからである』(十四節)。私共も主の恩恵によりてこのようになることを得ます。
 一節より五節までを見ますと、主はここで新婦の美わしき七つの点を見たまいます。第一は目であります。

   わが愛する者よ、
   見よ、あなたは美しい。見よ、あなたは美しい。
   あなたの目は、顔おおいのうしろにあって、
   はとのようだ。 (一節)

 人は目によってその人の心を知ることができます。はとの目とはおとなしく、また柔和と愛のあることを示します。
 第二は髪です。

   あなたの髪はギレアデの山を下る
   やぎの群れのようだ。 (一節)

 髪は表面の生涯を指します。すなわち自分の性質より起こって出る、日常の多くの小さいことであります。これが主の眼の前に強くまた美わしゅうございます。
 第三は歯であります。

   あなたの歯は洗い場から上ってきた
   毛を切られた雌羊の群れのようだ。
   みな二子を産んで、一匹も子のないものはない。 (二節)

 新婦の歯はこのように美しくて揃っております。歯は何を指しますかならば、堅い糧を受け入れることのできる力を指します。(ヘブル書五章十二節、十四節をご覧なさい。)
 第四は唇であります。

   あなたのくちびるは紅の糸のようで、
   その口は愛らしい。 (三節)

 唇は言葉を指します。私共は言葉によりて格別に内なる人を判断することを得ます。また未来の審判は、この世におる間に語った言葉によりて審かれます(マタイ十二・三十七)。また心の内に溢れるほどの愛がありますれば、必ずその言葉によりてそれを知ることができます。『心からあふれることを、口が語るものである』(マタイ十二・三十四)。
 第五は頬です。

   あなたのほおは顔おおいの後ろにあって、
   ざくろの片われのようだ。 (三節)

 このように美わしい豊かな頬は健康を示します。ヨハネ第三書二節にあるように『たましいがいつも恵まれている』有様を示したものであります。
 第六はうなじであります。

   あなたの首は武器倉のために建てた
   ダビデのやぐらのようだ。
   その上には一千の盾を掛けつらね、
   みな勇士の大盾である。 (四節)

 うなじは意志を指します。すなわち新婦の意志は、このように強いものとせられまして神の聖旨を行います。
 第七は乳房です。

   あなたの両乳ぶさは、
   かもしかの二子である二匹の子じかが、
   ゆりの花の中に草を食べているようだ。 (五節)

 乳房は他の人を養い、また助ける力を指します。新婦はそのように人に恵みを与える者であります。
 主は私共の中に、この七つの点を見たまいまして、喜びます。私共は聖書の中にこういう方面に恵みを与えられるという約束を読みます時に、謙って主に感謝し、また十字架に近づいてその恵みの源泉である御血潮を見とうございます。六節においてそういうことを見ます。

   日の涼しくなるまで、影の消えるまで、
   わたしは没薬の山および乳香の丘へ急ぎ行こう。 (六節)

 没薬と乳香は死の時に用いるものでありますから、すなわち死の山なるカルバリ山に行きて、そのところで己に死に、また罪に死ぬることを得ることであります。私共の心の中に恩恵があれば、それは何のためですかならば、ただ十字架のため、またただ罪に死ぬることによりて得たものであります。主は七節においてもう一度、新婦の美わしきことを見て喜びたまいます。

   わが愛する者よ、
   あなたはことごとく美しく、少しのきずもない。 (七節)

 主は私共をそのような美わしい、完全な者としとうございます。どうか私共の心の中に、この恵みを妨げる分子を少しも持ちませずして、絶えず聖霊の内住を求めて、かように美わしい者とせられ、『栄光から栄光へと、主と同じ姿に変えられていく』ことを得とうございます(コリント後書三・十八)。



||| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 目次 |