第四 甦りの生涯への召し



 二章の八節から三章の終わりまでは、甦りの生命の与る経験について書いてあります。すなわち甦りたもうた主を知り、この主と共に甦り、この主と共に天の処に坐することを得る経験であります。その始めは何ですかならば、八節をご覧なさい。

   わが愛する者の声が聞こえる。 (二章八節)

 すなわち主の聖声を聞くことです。そのために私共の目が醒まされます。私共は聖書によりて主の招きを聞くことを得ます。マリアは墓において主イエスの屍を求めました時に、その後ろから、甦りたもうた主の声を聞きました。また囚われて孤島におりましたヨハネは、祈禱のとき、後ろより主イエスの声を聞き、身を返して甦りの主イエスを見ることを得ました。そのように私共もたびたび愛する者の声を聞き、甦りの主に会うことを得ます。
 この甦りの主と私共との間には、いろいろの隔てがあり、妨害があるかも知れません。されども主は甦りの力をもってその隔てを越え、その妨害を飛び越えて来りたもうことができます。すなわちその節の終わりに

   見よ、彼は山をとび、丘をおどり越えて来る。 (八節)

とあります。どんな隔てや妨害がありましても、それを飛び越えて、私共に近づき、私共にご自身を現したまいます。

   わが愛する者はかもしかのごとく、
   若い雄じかのようです。
   見よ、彼はわたしたちの壁のうしろに立ち、
   窓からのぞき、格子からうかがっている。 (九節)

 そうですから幾分かご自身を示したまいます。甦りたもうた主がいろいろの隔てを越えて弟子等にご自身を顕したもうたごとく、罪の隔て、サタンの隔てを越え、また私共の冷淡な心の妨害にも妨げられずして私共に近づき、ご自身を現したまいます。これは実に幸いではありませんか。私共はどういう心の状態でここに参りましたか。たとえあなたと主との間にどんな妨害がありましても、甦りの主はそれを飛び越えてあなたに近づき、ご自身を顕したまいとうございます。
 たとえば詩篇十八篇四節五節のように、悪魔の権力に閉じ込められて、罪の力を経験しておりましても、神は祈禱に答えたもうて、十九節にあるように『広い所につれ出し』助けたまいます。また詩篇六十六篇十一節十二節のごとく、サタンの網に引き入れられて苦しめられておりましても、神はその十二節の終わりのように、『われらを広い所に導き出され』豊かなる所にいたらしめたまいます。或いはまた詩篇百十八篇五節のように『悩みのなか』に閉じ込められておりましても、主は祈禱に答えて『広い所に』置きたまいます。いま新婦はこのところで、そのように閉じ込められておって、自由もなく、また喜楽もありませんが、主はそれに近づきてご自身を現し、ご自身の力を顕したまいとうございます。
 私共はこの婦人のように己の家に閉じこもって、暗い部屋で休んでいたかも知れません。しかして戸外には春の来たことを少しも知りません。この婦人はこの時なお冬の時候であると思って、自分の暗い小さい部屋に閉じこもって休んでいます。されども新郎は何と言いたまいますかならば、

   見よ、冬は過ぎ、
   雨もやんで、すでに去り、
   もろもろの花は地にあらわれ、
   鳥のさえずる時がきた。
   山ばとの声がわれわれの地に聞こえる。
   いちじくの木はその実を結び、
   ぶどうの木は花咲いて、かんばしいにおいを放つ。 (十一〜十三節)

 幸福な天気になりました。冬の恐ろしい天気は既に過ぎ去り、今は幸福な時代となりました。おお皆様、主イエスは私共に聖言をもって、もはや罪の時代、サタンの時代が去ったことを囁きたまいます。今はペンテコステの時代、春らしい時であります。いま私共は己を捨てて、自分の狭い暗い部屋を出でて、神の太陽の光線の中に出で、ペンテコステの美わしい天気に与り、ペンテコステの幸福を味わうことを得ます。そうですから主は懇ろに

   わが愛する者よ、わが麗しき者よ、
   立って、出てきなさい。 (十三節)

と招きたまいます。さきに十節においてもこの招きを与えたまいましたが、今ここで再び懇ろに招きたまいます。もはや主は勝利を得たまいました。罪と汚れとサタンの力に全く勝利を得たまいましたから、私共も己の家を出でて主の甦りに与りますれば、主の勝利を一緒に経験することを得ます。また断えず心の中に花のごとき聖霊の美わしさや、鳥の囀るような美わしい聖霊の音楽を経験し、また山鳩の声のような愛の声を聞くことを得ます。また十三節にある無花果のような美わしい聖霊の実を結ぶことを得ます。おお、主はそのために再び懇ろに『立って、出てきなさい』と叫びたまいます。今まであなたの心の中に暗黒があり、失望があり、また愛が冷淡であることを感じましたならば、また信仰の冷ややかなることを悟りましたなら、『立って、出てきなさい』、春の天気に『立って、出てきなさい』。今は聖霊の時代、天国の時代であります。不信仰を捨て、己の力を捨てて、立って、出てきなさい。どうぞ聖霊に身を任せて、かような天国の幸福を経験なさることをお勧めいたします。
 されどもそれのみならず、主はなお更に深い愛の勧めをもって勧めたまいます。今まで十節より十三節までを見ますと、私共が起きて出で来りますならば、自分の利益、自分の幸福となり、私共自身が天国の空気を吸うことを得ますから、主は愛をもって招きたまいました。されども十四節を見ますれば、主ご自身の幸福のために、主ご自身の喜悦のために『立って、出てきなさい』と言いたまいます。

   岩の裂け目、がけの隠れ場におるわがはとよ、
   あなたの顔を見せなさい。
   あなたの声を聞かせなさい。
   あなたの声は愛らしく、あなたの顔は美しい。 (十四節)

 おおこれは深い深い愛の声であります。私共が立って出て来ますならば、私共自身の幸福であるのみならず、そのために主イエスは喜び、幸福を感じたまいます。そうですから主イエスに幸福を与えるために、己を捨て、己に死に、自分の不信仰や低い考えを全く捨てて、信仰をもって聖霊の空気のあるところに出でよと招きたまいます。おお主はそのような熱い愛をもって私共を招きたまいます。
 私共がその聖声に従って己を励まし、信じて出でますならば、第一に十五節のように、そのペンテコステの美わしい実を害なう者を、どうかして心の中よりことごとく取り除かねばならぬことを感じます。

   われわれのためにきつねを捕えよ、
   ぶどう園を荒す小ぎつねを捕えよ、
   われわれのぶどう園は花盛りだから。 (十五節)

 また第二に十六節にあるように、主と一つになったことを感じます。もはや主のものとなり、主と美わしい交わりができることを知ります。

   わが愛する者はわたしのもの、わたしは彼のもの。 (十六節)

 おおこれは実に美わしい経験ではありませんか。これは真の安息、真の喜楽、またこの世からの天国の経験であります。これはただ強いて身も魂も献げることではありません。嫌々ながら十字架を負うことではありません。愛の絆に繋がれて主と一つになることです。これは真の献身であります。主は私共各自にこういう経験を与えたまいとうございます。私共はこのように主のものになりましてから、前に申しましたような聖霊の美わしい天気を経験することを得ます。すなわち十一節より十三節までの深い意味を体験いたします。
 そのような春の経験は、十六節のように主イエスを受け入れて、主のものとなることによりて得られるものであります。
  「ただイエスこそ、聖徒の要するすべてなれ。
   されどイエスは全く抱かれたまわざるを得ず、
     しからずば満足したまわざるべし。」 テルスチーゲン
 新婦はその時に信じて主のものとなりましたが、たびたび十七節のように、主がそのご臨在を示したもうように願います。

   わが愛する者よ、
   日の涼しくなるまで、影の消えるまで、
   身をかえして出ていって、
   険しい山々の上で、かもしかのように、
   若い雄じかのようになってください。 (十七節)

 日の涼しくなるまで、影の消えるまで、すなわち御再臨の時までであります。どうかその御再臨の時までたびたび私に近づいて、私にそのご臨在を示したもうように願います。



||| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 目次 |