第五 キリストを求める熱心



 甦りたもうた主はあなたを求めたまいます。これは幸いです。私共はこの集会に何のために来たかと問われますならば、主を求めるために、また聖霊のバプテスマを求めるために参りましたと答えましょう。されども事実はその反対で、主があなたを求め、あなたにご自身を顕したまいとうございますから、そのために摂理をもってあなたをこのところに導きたもうたのであります。主はこのたびここであなたに聖声を聞かせ、あなたをご自身に導きたまいとうございます。そうですから私共は心から主を求めなければなりません。

第 三 章

 二章八節以下の前の一段において、主は新婦を求めたまいました。今この三章一節よりは新婦が主を求めております。主が私共を求めたもうことが解りますならば、私共も主を求めるようになって参ります。この二つのことはたいがい一緒に経験いたします。私共は主を求めなければ、真正に主のご慈愛に与りません。また主の甦りの力にも与りません。三章の始めに四度『わが魂の愛する者』という語があります(一節、二節、三節、四節)。すなわちもはや心の中に幾分でも愛があります。この愛のために主を求めます。義務的の考えからでなく、愛のために、主を見付けなければ満足ができませんから、そのために主を求めます。

   わたしは夜、床の上で、
   わが魂の愛する者をたずねた。
   わたしは彼をたずねたが、見つからなかった。 (一節)

 『床の上で』すなわち怠けて、己を励ますことなくして主を求めましたから得ませなんだ。主を求めるには熱心でなければなりません。しかるに少しも熱心でなく、力を尽くすことなく、自らを制することもなくして求めますならば、必ず主を得ません。主はそのような人に決してご自身を表したまいません。おお兄弟姉妹よ、今まで床にある有様にて主を求めましたならば、いま悔い改め、己を励まし、力を尽くして主をお求めなさい。床にありて主を求めることは大いなる罪であります。
 『たずねたが、見つからなかった』。そうですから、必ず大いなる失望があったでしょう。されども或る人は、たずねて未だ主を得ないのに、もはや得たろうと思います。これは大いなる間違いであります。祈禱の中に求め、或いは聖書を読むことによりて求め、または他の信者と交わることによりて主を求め、心の中に何か幾分か経験がありますと、すぐ主を得たのであると思います。しかし主が真正にあなたの中に来りたまいましたなら、必ず確信があるはずです。主は必ず堅い確信を与えたまいます。未だ主を得ませんならば、もはや得たと自ら欺いてはなりません。未だ主を得ませんならば、どうぞ涙を流して、砕けたる心をもってそれを懺悔して、いま力を尽くして、主をお求めなさい。

   わたしは今起きて (二節)

 今幾分か心を励まします。今までの失敗を感じ、今までの不足を感じて、

   「わたしは今起きて、町をまわり歩き、
   街路や広場で、わが魂の愛する者をたずねよう」と (二節)

 他の人に会うことのできる道で主をたずねました。すなわちキリスト信者の集会に参りまして、信者等と交わり、他の人の談話を聞いて主をたずねました。されどもそのためには主を得ません。

   彼をたずねたが、見つからなかった。 (二節)

 そうですから第三に三節をご覧なさい。

   町をまわり歩く夜回りたちに出会ったので、
   「あなたがたは、
   わが魂の愛する者を見ましたか」と尋ねた。 (三節)

 この夜回りたちは牧師や伝道者であります。この人々は忠実なる働き人でありまして、この人の心の有様を知って助けようと思ってこの人を尋ね出しました。(日本訳に『出会ったので』とありますのは、英語では『見つけ出した The watchmen …… found me』とあります。)しかし、こういう人々はどうしてこのような苦しんでいる魂を助けることができるかと申しましと、自分で主を見たことがあれば助けることができます。この人はこの夜回り等に『あなたがたは、わが魂の愛する者を見ましたか』と尋ねました。すなわち私共は主に面会しましたならば、そのような苦しんでいる魂を助けることができます。されども未だ主を見ませんならば、すなわち言い換えれば、未だ主と親しき交わりを結びませんならば、決して苦しんでいる人々を助けることができません。おお愛する兄弟姉妹、何故私共の群れに中に数人だけが、聖霊のバプテスマを求めている者を助けることができますか。何故多くの人々はそれができないでしょうか。私共は皆たびたび聖別会に参りました。たびたび恩恵を得ました。たびたび十字架の効能を体験し、御血潮の聖潔を受けました。また自分は聖霊のバプテスマを受けた者であると思います。しかるに何故、聖霊のバプテスマを求めている者を助ける人が少ないでしょうか。何故かならば、始終主を見ておらぬからでありますまいか。おお私共は始終主を見ていますか。悩める魂は私共に『あなたがたは、わが魂の愛する者を見ましたか』と尋ねます。今日ここであなたが祈禱の時に真正に主に近づくことを得ますならば、この山より下る時に、あなたは迷える信者を助けることを得ます。すなわちその人に聖霊の恩恵を受ける道を示すことを得ます。
 この夜回りたちはこの人を助けることができませなんだ。されども幾分か助けを与えました。次の節を見ますと、この人はこの夜回りたちと別れて間もなく主に会いましたから、この夜回りたちに会ったことは幾分か助けになったと思います。

   わたしが彼らと別れて行くとすぐ、
   わが魂の愛する者に出会った。
   わたしは彼を引き留めて行かせず (四節)

 ついに主に会いました。今まで三度主を求めましたけれども得ませなんだが、いま四度目にようやく主を得ました。主はついにご自身をこの人に表したまいました。この人は主のものとなったことを感じました。そうですから『彼を引き留めて』、すなわち自分の心の中に主を宿して、留めておきます。かのエマオに行きました弟子等が、主が共に行きたまいましたけれどもこれを知りませなんだが、主が行き過ぎんとしたまいました時に、熱心に『わたしたちと一緒にお泊まり下さい』と願いましたように、『彼を引き留め』ました。しかして、

   ついにわが母の家につれて行き、
   わたしを産んだ者のへやにはいった。 (四節)

 ただ主に会っただけでなく、心の中に主を宿し、いつまでも主と交わり、主に伴い行くことを願います。ただ主に会ったことだけで満足せず、どうかして母の家に主を伴い行きとうございます。すなわち教会の中において、他の信者にもご自分を顕したもうように、熱心に願います。エマオに行きました二人の弟子等は、甦りたもうた主に会ったことだけでは満足せずに、エルサレムに帰って、集っていた信者にそれを証しました時、主はその集いの真中にご自分を顕したまいました。私共も主に会いましたならば、母の家に伴い行かねばなりません。
 この人はそのように主を得、主と深く交わることを得ましたから、五節において他の信者がそれを妨げぬように厳しく申します。

   エルサレムの娘たちよ、
   わたしは、かもしかと野の雌じかをさして、
   あなたがたに誓い、お願いする、
   愛のおのずから起こるときまでは、
   ことさらに呼び起こすことも、
   さますこともしないように。 (五節)

 かようにこの三章一節より五節までに、甦りの主を求め、この主に会うことのできる順序が書いてあります。ヨハネ伝十四章二十一節に書いてありますように(『わたしのいましめを心にいだいてこれを守る者は、わたしを愛する者である。わたしを愛する者は、わたしの父に愛されるであろう。わたしもその人を愛し、その人にわたし自身をあらわすであろう』)、主は愛の人にご自身を表したまいます。どうぞ主イエスを得るまで、怠らずして主をお求めなさい。



||| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 目次 |