第十 聖霊のバプテスマ



 今朝は五章六節より六章十二節までの一段を研究いたします。いま六章十節以下を読みます。

   「このしののめのように見え、
   月のように美しく、太陽のように輝き、
   恐るべき事、旗を立てた軍勢のような者はだれか」。

   わたしは谷の花を見、ぶどうが芽ざしたか、
   ざくろの花が咲いたか見ようと、
   くるみの園へ下りていった。
   わたしの知らないうちに、わたしの思いは、
   わたしを車の中のわが君のかたわらにおらせた。 (六章十〜十二節)

 『意(おも)はず知らず我が心われをしてわが貴とき民の車の中間(なか)にあらしむ』(十二節=文語訳)。こんな譬えをもって聖霊のバプテスマを得たことが記してあります。この人がペンテコステの恩恵、ペンテコステの能力に与ったことを、こういう言葉をもって記してあります。私共は時として軽々しく聖霊のバプテスマのことを説明します。されどもこれは実に深い、また高い恩恵であります。私共はキリストと深く交わりませんならば、ペンテコステの恩恵を未だ得ないのです。
 ジョン・ウェスレーとその弟チャールス・ウェスレーが初めて伝道に出掛けました時、純粋の福音を宣べ伝えましたから、多くの人々が救われました。されどもその時チャールスがジョンに向かって、あなたのペンテコステは未だ参りません、あなたが真正に火のバプテスマを受けますれば、いま罪人の救われるのを見るように、世に属ける信者が潔められるのを見ましょうと申しました。主は或る御方に向かって、お前のペンテコステは未だ来ないと言いたもうかも知れません。されどもいま主はこの大切なる言葉をもってあなたをペンテコステに導きたまいとうございます。また今朝『知らないうちに』ペンテコステの火を得させたまいとうございます。この人は知らないうちに神の軍車に乗っておりました。詩篇六十八篇十七節をご覧なさい。この六十八篇はペンテコステの詩でありまして、初めより終わりまでペンテコステの経験が記してありますが、十七節にペンテコステに与った人のことをこう記してあります。『主は神のいくさ車幾千万をもって、シナイから聖所に来られた』。おお主は私共をもご自分のいくさ車とならしめたまいとうございます。
 昔の軍隊の中に三つの階段がありました。第一の者は陣営の中において荷物を守る職務をする者。第二は戦に出る歩兵であります。第三は軍車に乗りて敵を攻める、攻撃的の能力を有する兵卒であります。主は、私共を荷を守る兵卒でなく、また歩兵のような兵卒でもなくして、ご自分の軍車のごとき者とならせたまいとうございます。エリシャはエリヤがまだ昇天しないうちに、エリヤに向かってエリヤの霊の二つの分を願いましたが(列王紀略下二・九)、エリヤが火の車に乗って天に昇りました時に、エリシャも同じく火の車に乗ることを得ました。されどもエリシャは火の車に乗って天には昇りません。火の車に乗って、この世に留まり、忍んで働いて生涯を暮らしました。すなわちエリシャはエリヤに別れましてから、聖霊と火の能力を得て、神の軍車のごとき者となりました。神はそのように私共にも聖霊のバプテスマを与えたまいとうございます。今より後いつまでも軍車のように力ある者となって、戦をする兵卒とならせたまいとうございます。真正に進撃的の精神をもって、この世において罪人を救う者とならせたまいとうございます。
 使徒行伝を見ますれば、昔の信者らはこういう心をもって神の軍車となりました。二章二節『突然、激しい風が吹いてきたような音が天から起ってきて、一同がすわっていた家いっぱいに響きわたった。また、舌のようなものが、炎のように分れて現れ、ひとりびとりの上にとどまった。すると、一同は聖霊に満たされ、御霊が語らせるままに、いろいろの他国の言葉で語り出した』(二〜四)。みな今言いましたように『貴き民の車』に乗ることを得ました。みな火の軍車の兵卒となって、神の戦に出ることを得ました。その時より大胆に、力をもって、また勝利の声を挙げて戦に出ることを得ました。また四章三十一節にも同じことを見ます。『彼らが祈り終えると、その集まっていた場所が揺れ動き、一同は聖霊に満たされて』。知らないうちに聖霊に満たされたのです。しかして『大胆に神の言を語り出した』。また三十三節『使徒たちは主イエスの復活について、非常に力強くあかしをした。そして大きなめぐみが、彼ら一同に注がれた』。また九章の十七節と二十節をもご覧なさい。『そこでアナニヤは、出かけて行ってその家にはいり、手をサウロの上において言った、「兄弟サウロよ、あなたが来る途中で現れた主イエスは、あなたが再び見えるようになるため、そして聖霊に満たされるために、わたしをここにおつかわしになったのです」』。『ただちに諸会堂でイエスのことを宣べ伝え、このイエスこそ神の子であると説きはじめた』。主のために能力を得て軍車のごとき者となりましたから、直ちに進撃的に能力をもって戦いました。おお愛する兄弟姉妹よ、神はかように私共にも火と力を与えたまいとうございます。いま日本の伝道を見ますれば、一番必要なものは何でありますかならば、ペンテコステの能力を持っている伝道者であります。神は私共各自をそのような者とならせたまいとうございます。
 ミスター・ジョン・R・モットはたびたび日本にも参りました能力ある伝道者であります。この人は全世界を巡回して、何処においても恵まれた働きをなし、また諸方の働きの有様を見ました。はじめ全世界を巡回して、アメリカに帰った時に、或る人が全世界における外国伝道のために最も必要なるものは何であるかと尋ねましたら、それは宣教師の数を増すことであると申しました。再び全世界を巡回して帰った時には、全世界の外国伝道のために最も必要なものは、その国々の伝道師の数を増すことであると申しました。しかし三回目に巡回して帰った時には、なお深く神に教えられまして、今までの説は間違いであったと取り消し、全世界における伝道に最も必要なることは、伝道者がみな聖霊に満たされることである。数は必ずしも増し加えずともよい、されども聖霊に満たされた伝道者が是非必要であると申しました。日本の伝道もミスター・モットの言われるとおりであります。必ずしも伝道者の数を殖やす必要はありません。すでに伝道の召しを受けました者が、聖霊のバプテスマを受けることが何よりも第一に必要なることであります。神の軍車となることが第一に慕うべきこと、また願うべきこと、また祈るべきことであります。
 それでは私共はどうしてそのような者となることができますか。この雅歌の五章六節より六章十二節までの一段においてそれを知ることを得ます。

   わたしはわが愛する者のために開いたが (五章六節)

 これは第一であります。悲哀の人に対してわが心を開くこと、悲哀の人を受け入れてこれと一つになることであります。このたびこのところで悲哀の人はあなたに確実にその聖声を聞かしめたもうたと思います。昔、ガリラヤの道を踏んで旅したもうた時、何処においても罪人の重荷を負い、罪人のために悲しみたもうたその同じ主は、いま日本の諸処を踏みてその罪と汚れ、暗さと悲しみを見て、それについてあなたの心に囁きたまいます。主はこの世に在したもうた時、罪人のために重荷を負うてゲツセマネの園において憂い悲しみ、血の汗をさえ流したまいました。このゲツセマネの主が、今あなたの心の中に囁きたもうて、わがために戸を開けよと願っていたまいます。おお主はあなたを招きたまいます。あなたをご自分と一つにならしめたまいとうございます。主はこの世に在したもうた時、茨の冠を被りたまいましたが、その主がいま茨の冠を戴いたままであなたの心の中に囁きたまいます。どうか私共、今ここで、主の聖声に耳を傾けてその言葉を聞きとうございます。
 私はここで自分の話、自分の説教をしたくございません。私共ここに立って話する者は、ただ主の通弁に過ぎません。どうかして主の聖旨を示し、その御言を取り次ぎとうございます。主はもはや御各自の心の中に、心の戸を開いてカルバリ山の主を受け入れよと響かせたもうたと思います。昨年も主はここで同じことを言いたまいました。そのとき主の言葉を通弁しました者は、今はもはや天に召されて冠を戴いている愛する笹尾兄弟でありました。皆様ご記憶のことと思いますが、そのとき笹尾兄弟はエステル書四章の十六節を引いた主の言葉を通弁しました。たぶんあなたの聖書にその時からその言葉に筋が引かれていると思います。『わたしがもし死なねばならないのなら、死にます』。他の人々を助けるために、自分の民を救わんがために『わたしがもし死なねばならないのなら、死にます』。そのとき主の通弁は実に聖霊の力をもってその言葉を私共に取り次ぎました。その通弁をした兄弟は、その言葉のとおりに人を救うために犠牲になりました。神はこれによりて私共に新しく囁きたもうたと思います。神は今年も同じことを囁きたまいます。おお兄弟姉妹よ、あなたはもはや戸を開きましたか、いかがですか。真正に身も魂も献げて、自分の名誉も利益も献げて、犠牲になる覚悟をもって戸を開きましたか。もし主の聖声を聞いた時にさっそく開かず躊躇しますならば、後に戸を開いても、もはや主を受け入れることができぬかも知れません。

   わたしはわが愛する者のために開いたが、
   わが愛する者はすでに帰り去った。
   彼が帰り去ったとき、わが心は力を失った。
   わたしは尋ねたけれども見つからず、
   呼んだけれども答がなかった。 (六節)

 もはや祈っても益がなく、主のご臨在を感じません。これは心の苦しんでいる有様、また心の寂しい有様であります。この人は初め主の聖声を聞きました時に、さっそく戸を開きましたならば、主はそのとき入りたまいましたでしょうが、その時すぐさま聖声に従わず躊躇しましたから、今は苦しんで苦しんで主を求めなければなりません。

   町をまわり歩く夜回りらは
   わたしを見ると、撃って傷つけ、
   城壁を守る者らは、わたしの上着をはぎ取った。 (七節)

 そうですから牧師や伝道師に尋ねて主を求めましても、何の利益もありません。かえってその時になお心に苦を覚え、なお心の中に罪と不足を感じて、主の前、また人の前に心が裸とせられます。しかしそれは何の益もないことでありますから、八節においては他のキリスト信者に尋ねて主を求めます。

   エルサレムの娘たちよ、
   わたしはあなたがたに誓って、お願いする。
   もしわが愛する者を見たなら、
   わたしが愛のために病みわずらっていると、
   彼に告げてください。 (八節)

 このように他の兄弟等に尋ねて主を求めます時に、その兄弟等に主イエスの美わしさを説明しなければなりません。すなわちこの人は九節のエルサレムの娘らの問いに答えて、十節よりその愛する者の美わしさを説明します。

   わが愛する者は白く輝き、かつ赤く、
   万人にぬきんで、
   ‥‥‥(以下略) (十節以下)

 私共もこのように他の兄弟等に主を証しなければなりません。私共は何故熱心に聖霊のバプテスマを求めますか、その訳を説明しますならば、必ず主のことを明らかに表さなければなりません。主の美わしさ、主の恩恵、主の御慈悲、主の力などを明らかに説明します。兄弟姉妹よ、私共はそのように明らかに他の人々に主イエスのことを証しいたしますか。雅歌においてこのところで初めて、新郎の美わしさを表します。今までこの新婦はこのように詳しく、また明らかに新郎の美わしさを表しませなんだ。このところが初めてです。心から熱心にイエスを求めますから、またもはや悲哀の人を見ましたから、また熱心にその主を慕いますから、いま明らかに主を表します。大胆に羞じずして、他の人々に主の恩恵を表します。ペンテコステの恩恵を受けるためにはこういうところをも通らねばなりません。すなわち明らかに主を証することはこの恩恵を受けるために踏むべき道筋であります。私共は唖のごとき信者でありますならば、決して信仰をもってペンテコステを求めることができません。されども大胆に他の人々に主の功績を宣べ伝えますならば、そのためにだんだんペンテコステに近づいて参ります。
 新婦はこのようにその愛する新郎の美わしさを証しましたから、六章一節において他の信者らも同情を表して一緒に尋ねるように申します。私共が主の恩恵を証しいたしますれば、そのために他の人々も私共とともに主を求めるようになります。

第 六 章

   女のうちの最も美しい者よ、
   あなたの愛する者はどこへ行ったか。
   あなたの愛する者はどこへおもむいたか。
   わたしたちはあなたと一緒にたずねよう。 (一節)

 かくてようやく新婦は自分の愛する者を失ったことを明らかに懺悔します。すなわち、

   わが愛する者は園の中で、群れを飼い、
   またゆりの花を取るために自分の園に下り、
   かんばしい花の床へ行きました。 (二節)

 どこでその愛する者を失ったか、どこでその途を離れたかを、このところで表して懺悔します。恥を忍んで表します。主は下りたまいましたけれども、主と共に行くことを好みません。主は十字架を負い、死に至るまでその途を踏みたまいましたけれども、自分はそんな途を好みませなんだ。そうですから主を離れました。おお愛する兄弟姉妹よ。あなたはどこで主を離れましたか。いま主のご臨在を感ぜず、主が心の中に宿りたもうことを感じませんならば、どこで主を離れましたか。どうぞそれを探ってその罪を懺悔なさい。おおどこで主を離れましたか。たぶんこの二節のように、主が十字架を負うて罪人を救わんがために『自分の園に下り』たまいましたところでしたろう。その時にあなたな主と共に行くことを好まなかったためではありますまいか。
 私の友達に支那に宣教師として行っている人があります。その人がある支那人の信者の所に参りまして、十字架を負うて主に従うべきことを勧めました。その信者はその勧めを受け入れまして、また御血潮によりて罪の赦されることをも受け入れました。されども世に属ける信者でありましたから、常にその人のために重荷を負うて訪問し、聖書を開いて献身の道を示しました。されどもその時にその支那人は何と答えましたかならば、私はそこまでは従うことができませんと申しました。おお、あなたの心の中にそのような考えが起こりませんか。聖書を読みました時に、また聖別会に出ました時に、十字架の道を見ました。また悲哀の人があなたを伴い行くことを願いたもうことをも知りました。されども心の中に、私はそこまで従うことはできないと思うことはありませんか。おお皆様、どうぞこのたびそういう申し訳を全く捨てて、どこまでも悲哀の人に従う決心をなさるようにお勧めいたします。ゲツセマネの園に至るまでも、審判の座に至るまでも、十字架に至るまでも、死に至るまでも、どうぞどこまでも主に従う決心をなさい。
 『わが愛する者は園の中で、群れを飼い、またゆりの花を取るために自分の園に下り、かんばしい花の床へ行きました』。すなわち十字架の道は幸福の道であります。ペンテコステの恵みを受けますれば、迫害と恥辱を受けるのはかえって幸福であると感じます。主は十字架を負うて己が園に下りたまいましたが、それは幸福と慰藉に下りたもうたのであります。そうですからどうぞ喜んで主に従いなさい。
 ミスター・A・B・Rは三、四十年、米国における有名な伝道者でありました。或る時、米国の或る町に行って二、三週間、特別伝道会を開きました。初め二、三日間、熱心に福音を宣べ伝え、力を尽くして働きましたが、何の結果もありませなんだ。なお二、三日働きましたが、なお結果がありません。大勢の人々は説教を聞きに参りますけれども、悔い改める者が起こりません。そこでミスター・Rは宿に帰り、その晩、神に近づき神に理由を尋ねました。町の人々の冷淡な有様、教会の冷淡なこと、また牧師の冷淡な有様を見ましたから、神にそれを訴えまして、いかにしてそれを熔かすことができるかと祈り求めました。ところが主はついにその心に囁き、お前こそここの牧師のように冷淡な者である、お前の心はここの信者の心と同じように未だ熔かされていないと明らかに示したまいました。ミスター・Rは神の前に自ら深く省みて、それが真正であることを知りました。今まで熱心に力を尽くして働きましたけれども、自分の心は未だ熔かされておらず、未だ固いことが解りました。今まで純福音を宣べ伝えましたけれども、真正に罪人の重荷を負わずに自分の道を踏んでいたこと、十字架の道を取らず、キリストと共にゲツセマネに伏したことのないことなどを心に感じました。今までキリストと一つの心を持っておらず、己を崇める心をもって働きに行き、今までの成功を高ぶり、今までの方法に頼って、伝道会に参りましたが、その晩、自分の真相を知りましたから、『罪人なる我を憐れみたまえ』と叫びました。今までは罪人を憐れみたまえと申しました。或いはキリスト信者を憐れみたまえ、ここの牧師を憐れみたまえと祈りましたが、この時そんな祈禱を全く捨てて、神よ、我を憐れみたまえと叫びました。神はその叫びに答え、その晩、その兄弟の心を熔かしたまいましたから、その兄弟はその晩から、ゲツセマネの道、十字架の道を取って、神と共に働くようになりました。
 おお愛する兄弟姉妹よ、あなたはキリストご自身と離れましたならば、あなたはただ今まで聖霊の能力の流れに従って働いていませなんだならば、どこで主を離れたかを調べ、悔い改めて心を砕き、己を低くして主にお帰りなさい。栄光をもって来りたもう主でなく、恩恵をもって臨みたもう主ではなくして、ゲツセマネの主、死に至るまで人を愛する悲哀の人たる主にお帰りなさい。
 この雅歌の人はどこで主を離れたかを探り、十字架の道で主に離れたことを悲しんで懺悔しましたから、すぐに三節において主を得ることができました。もはや心が熔かされて悔い改めましたから、主を得たという確信が起こりました。

   わたしはわが愛する人のもの、
   わが愛する者はわたしのものです。
   彼はゆりの花の中で、その群れを飼っています。 (三節)

 私はもはやわが愛する主のものとなりました。また愛する主はわがものとなりました。わが愛する者が十字架の道を踏みたまいましても、どんなに苦を嘗めたまいましても、私は全く主と一致しているという確信をもって参ります。主はいま御各自にこんな確信を与えたまいとうございます。あなたが悲哀の人と一致なさいますれば、そのために言い難き喜楽を経験いたします。もはや心の戸を開いて悲哀の人を受け入れましたから、この三節のようにキリストと共に幸福を得ます。主と共に十字架を負いますれば、主と共に栄光をも受けることができます。
 この人は三節の経験を得ましたから、すぐ元の通りになりました。今まで堕落して臥床に入っていた信者が、さっそく元の経験に還りました。すなわち四節以下を見ますれば、これは四章の初めにあったと同じように、主が新婦の美わしさを語っていたもうところであります。そうですからこれによりて、いま主イエスを得ましたから、元の恩恵に還ったことを知ることができます。もう一度初めの時の愛を燃やされます。いま全き聖潔を経験いたします。
 この四節以下に、四章の方と違うことが一つあります。すなわちそれは、四節の終わりにも十節の終わりにも、

   恐るべきこと旗を立てた軍勢のようだ。 (四節)

という言葉があります。今この人は武士のごとき信者となりました。ただ己を守り、また守られるばかりでなく、いま進撃的に戦に出る主の武士となりました。真正に戦の力を得ました。主と共に十字架の道を踏むことを決心しましたから、主の武士となりました。

   わたしは谷の花を見、ぶどうが芽ざしたか、
   ざくろの花が咲いたかを見ようと、
   くるみの園へ下っていった。 (十一節)

 今まで二章の終わり(十一節以下)において春の花園の有様を見、四章の終わり(六節以下)に夏の花園の有様を見ましたが、今ここに秋の花園の有様を見ます。この節の意味は、この人はいま真正に熟したる聖霊の秋の果、聖書の一番美わしい果を、聖書の中に調べてみることを指します。或いは使徒行伝や、或いはエペソ書を読んで、主と共に甦らされたならばどういう経験があるかを調べます。またはヨハネ書翰その他の書を見て、聖霊の果は何であるかを見ます。熱心に聖書を調べ、その書の意味を求めて、聖霊を得た者はどういう者であるかを尋ねます。
 モーセは出エジプト記三章三節において、燃ゆる柴を見ていました時に、主はご自分を彼に表したまいました。『モーセは言った、「行ってこの大きな見ものを見、なぜしばが燃えてしまわないのかを知ろう」。主は彼がきて見定めようとするのを見、神はしばの中から彼を呼んで、「モーセよ、モーセよ」と言われた』。すなわちモーセはそれを見に行きましたから、神はご自分を顕したまいました。私共もそのように聖書の中に聖霊の果を尋ねますれば、そのとき主はご自分を私共に顕したまいます。聖書にある神の約束を見極め、心の中にそれ深く思って祈ります時に、十二節のような経験を得ます。

   わたしの知らないうちに、わたしの思いは、
   わたしを車の中のわが君のかたわらにおらせた。 (十二節)

 知らないうちに聖霊のバプテスマを頂戴します。この人はもはや死に至る道を甘んじて受け入れ、もはや身も魂も献げ、また悲哀の人の美わしさを見ましたから、聖書の中に聖霊の恩恵を見回しております時に『知らないうちに』聖霊の恵みを蒙りました。
 この時より、この人は荷を守る兵卒でなく、また歩兵のような兵卒でなくして、神の軍車に乗る兵卒のごとき者となりました。何時も安らかに、また何時も勝利をもって主のために戦うことを得ます。おお兄弟姉妹よ、神はただいま皆様にこういう恩恵を与えたまいとうございます。聖霊の火、聖霊の力、聖霊の慰藉を与えたまいとうございます。しかしてあなたを主の軍車となして、大いに用いたまいとうございます。そうですからどうぞただいま主の聖声に聞き従い、心の戸を開いて悲哀の人なる主イエスを受け入れなさるように、懇切お勧めいたします。



||| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 目次 |