第十四 終わりの声



 終わりにこの八章において三つの声を見ます。信仰の声、望みの声、および愛の声であります。
 第一の声は六節にあります。

   わたしをあなたの心に置いて印のようにし、
   あなたの腕に置いて印のようにしてください。 (六節)

 これは新婦が新郎に向かって叫ぶ叫びであります。これはどういう意味でありますかならば、どうか君の愛のために君の心の中に私を覚えたまえという意味であります。出エジプト記二十八章に祭司の長のことが書いてありますが、祭司の長の胸当に十二の玉があり、その玉にイスラエルの子らの名が書いてありました。また肩ひもにも二つの玉があって、その上にもイスラエルの子らの名が書いてありました(二十一節)。すなわちこれは心の上に、また腕の上に置かれたる印でありました。そうですからこの六節は私共に祭司の長があることを示します。すべての力と深き愛を持ちたもう王なる祭司がありまして、その心の上にも、またその腕の上にも、私共の名が書いてあります。そうですから私共はいつまでも守られ、またいつまでも幸福を得て生涯を暮らすことを得ます。おお私共の祭司の長はいま天に在したまいます。この第一の声は信仰の声であります。
 第二の声は愛の声であります。

   園の中に住む者よ、
   わたしの友だちはあなたの声に耳を傾けます、
   どうぞ、それをわたしに聞かせてください。 (十三節)

 これは新郎の声であります。新郎はあなたの声を聞きたまいとうございます。これは新郎の願いであります。私共は新郎に祈禱を献げますが、新郎もまた私共に祈りたまいます。すなわち『どうぞ、それをわたしに聞かせてください』と言いたまいます。言い換えれば、祈れよ、祈れよと言いたまいます。時を費やして祈れよと仰せたまいます。私共は真正に新郎を愛する愛がありますれば、他のことを捨てても祈らなければなりません。顔と顔とを合わせて新郎と交わらなければなりません。
 第三に望みの声があります。

   わが愛する者よ、急いでください。
   かんばしい山々の上で、かもしかのように、
   また若い雄じかのようになってください。 (十四節)

 これは新婦の声であります。急ぎ走れよ、おお主よ速やかに来りたまえという声であります。黙示録二十二章七節『わたしは、すぐに来る』、なおその十二節『わたしはすぐに来る』、また二十節『しかり、わたしはすぐに来る』。主はそのように三度約束なしたまいましたが、その最後に『アァメン、主イエスよ、きたりませ』という祈禱があります。これは聖書の最後の祈禱であります。またこれは愛の願いであります。雅歌の最後の祈禱も、この黙示録の最後の祈りと同じことであります。おお主よ来りたまえ。
 兄弟姉妹よ、主は速やかに来りたまいます。いつであるか解りませんが、或いはこのたびが私共の最後の修養会であるかも知れません。或いはこの次には天において聖別会を開くようになるかも知れません。私共は今朝ただいまから晩餐を守りますが、これは羔の婚姻の筵の雛型であります。されども近いうちに天において真正に新郎との婚姻があります。私共はその望みを持っていますから、愛する主を待ち望みとうございます。『急いでください』。潔められ、全き愛を得ました者は、心よりこれを祈ることを得ます。




ビ・エフ・バックストン講演

雅 歌 霊 解

頒布価 80円


大正四年十二月二十三日初版発行
昭和二十八年五月二十日再版発行

  編集者  米田 豊

    東京都武蔵野市境一四一六
  発行人  落田 健二

    東京都千代田区神田鎌倉町一
  印刷人  西村 徳次

    東京都武蔵野市境一四一六
発行所  バックストン記念霊交会
      振替東京六六六四九番


||| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 目次 |