第六 甦りの力による生涯



 この新婦は甦りたもうた主を求めて、最早これを得ました。そのためにもはや幸福を得、また甦りの力に与ることを得ました。もはや狭い暗い部屋を出てペンテコステの空気を吸うことを得ました。また甦りたまいし主と共に天の処に坐することを得ました。そうですから今、六節からこの章の終わりまでに、甦りに与る生涯とはどういうものであるかを示します。

   没薬、乳香など、商人のもろもろの香料をもって、
   かおりを放ち、
   煙の柱のように、荒野から上って来るものは何か。 (三章六節)

 今この人はこういう者となりました。すなわち神のご臨在を顕して生涯を暮らすことを得ます。イスラエル人が荒野を旅行しましたときに、その真中に天幕があり、その天幕の上に神の雲の柱が立っておりまして、それによりて神が始終その中に宿っていたもうことが解りました。今この新婦はそのように『煙の柱のように』参ります。神は昔、イスラエル人を新婦として、エジプトより携え上りたまいましたが、今ここでその新婦を罪というエジプトより携え出し、この世の荒野においてこれを伴い、そのご臨在をもって共に行きたまいます。甦りの主を得ました者は、このように荒野を旅行します。またその人は『もろもろの香料をもって、かおりを放』っております。すなわち恩恵に満たされ、善い感化を人に与えます。
 またこういう人は自分の力で旅をいたしません。甦りの力にて、すなわち甦りし主イエスの御力に凭れて生涯を暮らします。それは七節をご覧なさい。

   見よ、あれはソロモンの乗り物で、 (七節)

 すなわちソロモンの乗り物に乗って参ります。自分の力で行きません。私共がもはやキリストの甦りに与りましたならば、そのようにキリストの乗り物に乗って、生涯を暮らすことを得ます。疲れることなく、また倦むこともなく、安らかに息んで生涯を暮らします。今までは自分の力で、すなわち徒歩で生涯を送りました。されども今もはや聖霊の力に頼りましたから、安らかに乗り物に乗って生涯を暮らします。九節を見ますと、このソロモンの乗り物はレバノンの木をもって作った物でありました。レバノンの木、すなわち香柏は朽ちざるものでありますから、いつでも甦りを指します。そうですからこの乗り物は主の甦りを指す雛型であります。これに乗って生涯を暮らします。
 またその生涯は神の力に護られる生涯であります。

   六十人の勇士がそのまわりにいる。
   イスラエルの勇士で、
   皆、つるぎをとり、戦いをよくし、
   おのおの腰に剣を帯びて、夜の危険に備えている。 (七〜八節)

 そうですから己の力をもって自分を護らなければならぬわけがありません。神の力に護られて甦りの生涯を暮らします。詩篇九十一篇十一節(『これは主があなたがたのために天使たちに命じて、あなたの歩むすべての道であなたを守らせられるからである』)またはヘブル書一章十四節(『御使たちはすべて仕える霊であって、救を受け継ぐべき人々に奉仕するため、つかわされたものではないか』)のように、天の使いが救いの嗣者を護りますから、ペテロ前書一章五節のとおりに『神の御力に守られて』、その嗣業に向かって旅することを得ます。エリシャはこういう守護を経験しました。(列王紀略下六章十六節『エリシャは言った、「恐れることはない。われわれと共にいる者は彼らと共にいる者よりも多いのだから」』)そうですから心の中に心配がなく、ただ安心のみありました。神はそのように、またイザヤ書二十七章三節にあるように(『主なるわたしはこれを守り、常に水をそそぎ、夜も昼も守って、そこなう者のないようにする』)断えず私共を護りたまいます。

   その柱は銀 (十節)

 出エジプト記三十章十六節にある贖い代は銀でありましたから、この銀は贖いを指すと思います。すなわち主の贖いのためにこの乗り物は強うございます。

   そのうしろは金 (十節)

 黄金は神のご慈愛の雛型であります。

   その座は紫の布でつくった。
   その内部にはエルサレムの娘たちが、
   愛情をこめてつくった物を張りつけた。 (十節)

 紫色は王の色であります。すなわちこれは王たる有様の雛型であります。私共は主と共に天の処にて王となりましたから、紫色の座布団を用いることを得ます。神はかように私共を主の甦りの力に与らせとうございます。これは私共の栄光ばかりでなく、十一節を見ますと、これはまた主の栄光であります。

   シオンの娘たちよ、出てきてソロモン王を見よ。
   彼は婚姻の日、心の喜びの日に、
   その母の彼にかぶらせた冠をいただいている。 (十一節)

 そうですからあなたが主と共にその乗り物に乗りますなれば、それは主の栄光であります。主はそれによって新しく冠を頂きたまいます。イザヤ書六十二章三節を見ますれば、主のものとなった信者は主の冠であります(『また、あなたは主の手にある麗しい冠となり、あなたの神の手にある王の冠となる』)。おお兄弟姉妹よ、あなたが主の甦りに与ることを得ますならば、主はそのために新しき冠を得、新しき栄え、新しき喜びを得たまいます。これは婚約の日(日本訳の婚姻の日とあるは英改訳には婚約の日(in the day of his espousals)とあります)でありましたから、新しく心の中に幸福を経験したまいます。ルカ伝十五章の放蕩息子が帰って参りましたときに、その息子ももちろん喜悦を得ましたでしょうが、そのことは聖書に記されてありませんが、父は大いに喜んだことが記してあります。そのように、あなたが主の甦りの能力に与りますならば、そのために主は新しき冠を戴き、そのために喜びたまいます。おお皆様、主はあなたがたによりて冠を得たまいとうございます。
 あなたは甦りし主に会うことを得ましたか。主は今日、或る兄弟姉妹に『立って、出てきなさい』(二章十節)と言いたまいます。おおどうか『わが魂の愛する者』の声を聞いて、ただいま不信仰と自分の狭い考えを捨て、小さい己というものを捨てて聖霊の春の天気においでなさい。そうしますれば甦りたもうた主に会うことを得、またこの主と一つになり、いつまでも主の甦りに与り、主と共に天の処に座すことを得ます。断えず主の御力に携えられて生涯を送ることを得ます。
 列王紀略下十章十五節をご覧なさい。エヒウがヨナダブに会いましたときに『「あなたの心は、わたしがあなたに対するように真実ですか」と言うと、ヨナダブは「真実です」と答えた。」するとエヒウは「それならば、あなたの手をわたしに伸べなさい」と言ったので、その手を伸べると、彼を引いて自分の車に上らせ』たとあります。主イエスはそのごとく私共の心を探りたまいまして、真実があるのをご覧なさいますれば、私共の手を引きたもうてご自分の車に乗せたまいます。どうぞただいまそれを思って、祈禱の中に信仰の手を伸べて主に接し、主の甦りの車に乗ることを得なさるようにお勧めいたします。



||| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 目次 |