第十三 愛によって労する働き



   わが愛する者よ、
   さあ、わたしたちはいなかへ出ていって、
   村里に宿りましょう。
   わたしたちは早く起き、ぶどう園へ行って、
   ぶどうの木が芽ざしたか、ぶどうの花が咲いたか、
   ざくろが花咲いたかを見ましょう。
   その所で、わたしはわが愛をあなたに与えます。 (七章十一、十二節)

 明日、御各自がこの山を下りなさいます時に、主はこの十一節、十二節のような招きを与えたまいます。主はこの言葉をもってあなたを誘いたまいます。私共はこのたびここで顔おおいなく主を見ることを得ました。この主は幸いに今よりあなたと共に田舎に下りたまいます。その寂しい伝道地に一緒に行きたまいます。そうですからここで幸福を得ましたように、途中でも主と交わりて幸福を感ずることを得ます。またそれのみならず、この大いなる約束があります。『その所で、わたしはわが愛をあなたに与えます』。おお、かしこにて。主はあなたをこの山に導き、ここでその愛を示し、またその愛を与えて、霊的結婚によってあなたと一つになりたまいました。されどもなお明らかに、なお親しく、またなお熱い愛をもって『その所で、わたしはわが愛をあなたに与えます』と言いたまいます。
 そうですからあなたは必ず心の中より罪人に勧めることを得ます。
 八章一節より三節までは、罪人に勧めるところです。どうか罪人が救われるようにと願い、愛の心、愛の言葉をもって罪人を導きとうございます。またそれのみならず、
 八節を見ますれば、未だ熟せざる信者のために祈ることを得ます。愛に動かされ、愛に励まされて若い信者のために熱心に祈ることを得ます。そのような信者もどうか聖霊のバプテスマを得、全き愛を受け、主と一つになることを願います。
 十一節を見ますれば、私共のソロモン、すなわち私共に平安を与える王はご自分のぶどう園を持っていたまいます。これは私共の責任ではありません。私共の伝道地ではありません。王の王たる新郎のぶどう園であります。主は必ずそこから栄光を得たまいます。

   わたしのものであるぶどう園は、わたしの前にある。
   ソロモンよ、あなたは一千を獲るでしょう。
   その実を守る者どもは二百を獲るでしょう。 (八章十二節)

 いま村々町々の有様を見ますれば、汚れ果てているかも知れません。されども私共の主は必ず栄光を得たまいます。十字架のために一千の果を結びたまいます。主は必ず満足を得たもうまで、罪人の救いを見たまいます。
 また主のみ栄光を得たまいません。この節の終わりを見ますと、その実を守る者も報いを得ます。主の愛によりて全き報いを得ます。主はそのような心を持っていたまいます。今あなたは愛によりて労し、心の中に悲しみも苦もあり、死の足跡を踏みなさるでしょうが、主はあなたのために全き救いを備えていたまいます。あなたの労に報いるために全き褒美をいま備えていたまいます。そうですからどうぞ大胆に力を尽くして、耐え忍んで主のぶどう園において働きたいものであります。



||| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 目次 |