第十二 全 き 愛



   わたしはわが愛する人のもの、彼はわたしを恋い慕う。 (七章十節)

 これは真正に霊的の結婚であります。全く主イエスと共になりました。親しき交わりに入り、顔おおいなくして主の栄光を見ることを得ます。もはや聖霊によりて一つになりました。心も一つ、意志も一つであります。さきに申しましたように、六章十二節で聖霊のバプテスマを得ましたから、そのために主イエスと一体であることを経験するようになりました。
 『わたしはわが愛する人のもの』、これは実に幸福であります。そのために安息もあり、そのために喜悦もあり、またそのために平和もあります。私共が愛する者のものとなったことは、何よりも幸福なことであります。愛する者は私共のために責任を持っていたまいます。牧者は羊のために責任を持って守り、また養いますように、私共の新郎なる主イエスは私共のために責任を持っていたまいます。何故なれば私共は主のものとなったからであります。
 新婦は今や顔おおいなくして新郎を知り、新郎と交わり、またその栄光を見ることを得ます。そうですから主イエスが神の子であることをよく知り、またその救いの力と栄光を経験いたします。昔の歴史の中にこういう話があります。或る王の皇太子が姿を変えて、他の国王の都に参りました。いろいろの紹介状を持って参りましたから、その国の王や貴族と交わることを得ました。しかし誰もその人の身分を知りませなんだが、その皇太子が自分の国に帰ってからのち、その人が皇太子であったことが解りました。されどもその時、その国の一人の王女は、私は初めから王子であると思いましたと申されますから、どうしてそれが解りましたかと尋ねますと、その王女の答えられますのには、私はその人に会った時から、その人の品位を見、その話を聞き、またその挙動動作を見て、私は満足し、真に感服のほかありませんでしたから、この人は必ず王の子であるに相違ないと思いましたと申されました。
 私共も主イエスの品位を見、その話を聞き、またその行いを見ますれば、それによりて主が神の子であると解ります。それによりて心の中に感服も満足もでき、また礼拝の心も起こります。そのように神の子を完全に知ることは『わたしはわが愛する人のもの』という経験に達した第一の証拠であります。
 そうですからパウロがエペソ人のために祈ったことはもはや成就しました。エペソ書三章十六節以下を見ますと、ちょうど雅歌に記してあるこの経験を得るために、パウロはエペソの信者らのために祈っております。まず十六節に、心が強められて主イエスを知る備えのできるように願い、第二に十七節に、真正にキリストを宿すことを願い、また第三に十八節、十九節において、キリストの愛を知ること、第四に十九節の終わりにおいて、神に満てるものに満たされんがために祈っております。パウロはそのような順序に従って神に祈りましたが、これはちょうど雅歌に記されてあるとおりであります。私共が心の中にキリストを宿すことを得ますれば、そのためにキリストと一つになり、またキリストの愛を悟り、またそのために神に満てるものに満たされます。これは全き愛であります。かように神を知り、神と一つになることは、これはすなわち真の宗教であります。
 飛んで、八章の六節を見ます。

第 八 章

   わたしをあなたの心に置いて印のようにし、
   あなたの腕に置いて印のようにしてください。
   愛は死のように強く、
   ねたみは墓のように残酷だからです。
   そのきらめきは火のきらめき、最もはげしい炎です。 (六節)

 もはや全き愛を経験し、愛の力、愛の美わしさ、愛の聖潔を心の中に経験しました。これは実に神の焔であります。この愛の特質を見ますれば、第一に愛は強くして死のごときものであります。死はどのくらい強いものですか。人を自分のものにしなければ止みません。すなわちその人を全く要求し、またその人をこの世より離れさせます。またいろいろ世に属ける物よりも離れさせる力があります。神の愛もちょうどそのような力があります。その人を全く自分のものとし、その人の所有物を全く要求いたします。またその人を全く世より離します。神の愛はそのように私共をこの世の汚れより全く離してご自分の潔きものとなし、私共をして自らもすべて持てる物もみな献げるに至らしめます。
 第二の愛の特質は『ねたみは墓(陰府=文語訳)のように残酷だからです』とあります。嫉妬は愛を他の方面から言ったものであります。すなわち敵に対するとき現れる愛であります。神の愛は陰府のようであります。人が墓に下って陰府に参りますならば、もはやその人に触れることもできず、またその人に声を聞かせることもできず、またその人を動かすこともできません。その人はもはや墓に下りましたから全く陰府のものとなったのであります。神の愛はそのように私共を守るものであります。どんなに世の誘惑、世の力が攻撃して参りましても、神のご慈愛に保たれている者はそれを感じません。神の愛に引かれ、またその愛に満たされて、決して誘われることなくして生涯を暮らします。
 第三の特質は七節にあります。

   愛は大水も消すことができない、
   洪水もおぼれさせることができない。 (七節)

 すなわちあなたの心の中に神の愛が燃えておりますれば、悪魔は決してそれを消すことができません。何を持って参りましてもそれをおぼれさせることはできません。私共が真正にこの天来の神の焔を得ますならば、この世に降りましても決して消されることなく、かえってその炎はだんだん力をもって熱くなります。どんな妨害があっても決してそれを消すことはできません。おお愛する兄弟姉妹よ、あなたがたはこれからこの山を下りて寂しいところにお帰りになります。或いは真正に戦にお帰りになります。そのところで悪魔の力が働きましょう。されどもハレルヤ、大水も神の愛を消すことはできません。
 エリヤはカルメル山の上に壇を築いて、その上に祭物を献げました。その時そこへ水を注ぎました。大水を注ぎました。されどもその物に、その祭物の上に神の火が燃えることが妨げられませなんだ。神の火はその水に浸された祭物を焼き尽くしました。あなたがこの神の焔に満たされますならば、いかなる大水も決して消すことができません。これはパウロの経験であります。ロマ書八章三十五節以下に書いてあることはこれと同じことであります。『だれが、キリストの愛からわたしたちを離れさせるのか。患難か、苦悩か、迫害か、飢えか、裸か、危難か、剣か。「わたしたちはあなたのために終日、死に定められており、ほふられる羊のように見られている」と書いてあるとおりである。しかし、わたしたちを愛して下さったかたによって、わたしたちは、これらすべての事において勝ち得て余りがある。わたしは確信する。死も生も、天使も支配者も、現在のものも将来のものも、力あるものも、高いものも深いものも、その他どんな被造物も、わたしたちの主キリスト・イエスにおける神の愛から、わたしたちを引き離すことはできないのである』(三十五〜三十九節)。
 おお、どうぞ皆様がこんな勝ち鬨を上げてこの山をお下りなさることをお勧めいたします。神は燃ゆる愛によりてあなたに勝利を得させたまいます。悪魔の力に打ち勝ち、あなたの心の中にだんだん愛が燃え上がって参ります。これは実に感謝すべきことであります。
 第四の特質は、

   もし人がその家の財産をことごとく与えて、
   愛に換えようとするならば、
   いたくいやしめられるでしょう。 (七節)

 愛は貴いものであります。価値あるものです。あなたは決してそれを買うことはできません。これは神より下る賜物であります。私共はどんなに身も魂も献げましても、またどんなに身を犠牲にしましても、またどんなに己を低くいたしましても、そのようなことのためにこの貴い愛、価値ある神の愛、また新郎の愛を買うことはできません。『いたくいやしめられるでしょう』、これは当然のことであります。しかるに私共はたびたび肉に属ける考えをもって、或いは自分の力で、或いは自分のもがきによって、或いはまた熱心に祈ることにより、犠牲になることによって、幾分か神の愛を買うことができると思います。これは大いなる間違いであります。決してそれはできません。ただ愛のみ、愛を買うことを得ます。神の愛は価値のある、天来のものでありまして、自分の力では得ることができません。神が与えたもうのでなければ、それを得ることはできません。これは全く恩恵であります。賤しい私共にこの貴い愛を注がれることは真正に大いなる恩恵であります。されども新郎はそれほどあなたを恵み、ただご自分の恩恵のゆえに、あなたに全き愛を与えたまいます。

   そのきらめきは火のきらめき、最もはげしい炎です。 (六節)

 おお神の愛の焔! これは真に美わしいものではありませんか。聖書にある天使のセラピムというのは、原語では燃ゆる者という意味であります。この天使はなぜ潔い者でありますかならば、燃ゆる者であるからであります。この天使はなぜ力がありますかならば、燃ゆる者であるからであります。この天使はこの神の焔を得て心より神を愛し、熱心に身も魂も献げて神に仕えとうございます。セラピムは燃えている者であります。しかし私共もそれと同じ焔を受けることを得ます。それによりて私共も天に属ける者のように神の愛に燃ゆることを得ます。しかしてこの世の中に小さい天国を作ることを得ます。
 火はいつでも進撃的の性質を持っているものであります。他のものに移りやすく、また他を呑み尽くすものであります。神の火はそんな火であります。これは実に幸福なことであります。私共はこの日本に大いなるリバイバルの火事の起こらんことを願いますが、それはどうして起こりましょうか。今まで歴史を見ますれば、神はたびたび或いは賤しい者を取りて用い、或いは小さな集会に火を燃やして、それによりてリバイバルを起こしたまいました。あなたが大いなる火を燃やしとうございますならば、小さいマッチを取って燃やしなさいますでしょう。そのために大いなるマッチでなければならぬわけはありません。愛する兄弟姉妹よ、私共はこのたびここでこの雅歌七章八章の意味を真正に味わってそれを経験いたしますならば、私共はこの山を下りて他の人々に火を移すことを得ます。そのために他の人々も燃ゆる者となることを得ます。神はそれを願いたまいます。あなたの力のためではありません。またあなたの熱心のためでもありません。あなたの上手な働きや上手な説教のためではなくして、あなたの心の中に天来の神の焔が燃えておりますればそのために自然に他の人々にも移ります。
 皆様は心の中にそのような全き愛を経験しましたか。神はそのためにあなたをここに導きたまいました。ヨハネ第一書四章十六節『わたしたちは、神がわたしたちに対して持っておられる愛を知り、かつ信じている。神は愛である。愛のうちにいる者は、神におり、神も彼にいます。わたしたちもこの世にあって彼のように生きているので、さばきの日に確信を持って立つことができる。そのことによって、愛がわたしたちに全うされているのである。愛には恐れがない。完全な愛は恐れをとり除く。……わたしたちが愛し合うのは(われら神を愛するは=元訳)、神がまずわたしたちを愛して下さったからである』(十六〜十九節)。神は私共に近づき、また私共と一つになりたまいまして、こういう全き愛を与えたまいます。かくして私共は愛のために働き、愛のために伝道します。愛によりて労します。愛がありますれば信仰をもって、また望みをもって戦場に出ます。たとえば私があなたにこの家に火をつけてくださいと頼みますれば、私は小さい小屋ならばできますが、この家は私に取りては余り大きいとは言いなさいますまい。あなたが一本のマッチを持っておいでなされば、乾いた藁を少しばかり集め、その上に木を並べてそこへ火をつけますれば、どんな大きな家にでも火事を燃やすことができます。そのように私共の心の中に愛が燃えておりますれば、信仰と望みをもって、勝ち鬨を上げて悪魔の陣営に向かって参ります。私共は明日この集会を終わって、各自任地に帰ります時に、どうぞそのような心をもって帰りとうございます。



||| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 目次 |