第八 天 の 処



 新婦はもはや三章四節において愛する者に会いました。また愛する者が自分と一緒に伴い行きたまわんことを願いました。今度はここで、新郎が新婦を招きてご自分と一緒に伴い行くことを願いたまいます。

   わが花嫁よ、レバノンからわたしと一緒にきなさい。
   レバノンからわたしと一緒にきなさい。
   アマナの頂、セニルおよびヘルモンの頂より望み、
   獅子の穴また豹の山より望みなさい。 (四章八節:後半は英欽定訳による)

 この終わりに頂より望み、山より望めとあります(文語訳・英欽定訳)。すなわち主は望むために伴い行くことを願いたまいます。主イエスは甦りたまいましたために、『すべての支配、権力、権威、権勢の上に』置かれたまいました(エペソ一・二十一)。この主が今その新婦に信仰によりてご自身に伴い行き、同じ処に坐することを願いたまいます(エペソ二・六)。私共がその天の処に坐しますならば、その山の頂よりこの世の有様を眺めることができます。またその頂よりこの世の栄え、この世の宝、この世の楽しみを望みて、その真正の価値を知ることを得ます。またこの頂より罪人の有様をも見て、そのために重荷を負うことをも得ます。
 そのような頂は危ないところであります。『獅子の穴』もあり、また『豹』もおります。されども主はもはや勝利を得たまいましたから、いま愛する新婦を呼んでそのところから安心して見下ろさせたまいます。

   わが妹、わが花嫁よ、あなたはわたしの心を奪った。
   あなたはただひと目で、
   あなたの首飾のひと玉で、わたしの心を奪った。 (九節)

 この四章八節より五章一節までの一段において、主は六度『花嫁よ』と言いたまいます。今まではただ『愛する者よ』と言いたまいました(一・十五、二・十、四・一、四・七)。されどもこの婦人はもはや天の処に昇ることを得ましたから、いま主との親しき愛を経験します。そのために主は『わが花嫁よ』と呼んで、ご自分のものなることを証し、その愛を喜び楽しみたまいます。主が『わたしの心を奪った』と二度まで、この節に言っていたもうことによりてそれが解ります。
 『ただひと目で』すなわち新婦が信仰をもって主を見上げる、その信仰のために主は喜びたまいます。また『首飾のひと玉で』、それはどういう意味ですかならば、新婦が主イエスの軛を負うて心から主に服従し、主と一緒に十字架を負うているのを、主は愛の御目をもって見たまいまして、その軛を『首飾』と呼びたまいます。すなわち新婦の服従のために、主は喜びたまいます。されどもそればかりでなく、主にとりて最も大いなる喜悦は新婦の愛であります。すなわち、

   わが妹、わが花嫁よ、
   あなたの愛は、なんと麗しいことであろう。
   あなたの愛はぶどう酒よりも、
   あなたの香油のかおりはすべての香料よりも、
   いかにすぐれていることであろう。 (十節)

 主はいろいろの天国の喜びを喜びたまいます。されども救われし罪人の愛にまさりて主を喜ばせるものはありません。私共が主を愛する愛を、主は最も楽しみたまいます。また私共の生涯によりて聖霊の『香油のかおり』がいたしますれば、主はそれを嗅いで喜びたまいます。十一節にも続いて主は新婦のための快楽を言いたまいます。

   わが花嫁よ、あなたのくちびるは甘露をしたたらせ、
   あなたの舌の下には、蜜と乳とがある。
   あなたの衣のかおりはレバノンのかおりのようだ。 (十一節)

 主はここで新婦の唇や舌より出ずる言葉のために喜びたまいます。或いは祈禱の言葉、或いは証の言葉のために、蜜を得たごとくに喜びたまいます。マラキ書三章十六節『そのとき、主を恐れる者は互いに語った。主は耳を傾けてこれを聞かれた』。

   わが妹、わが花嫁は閉じた園、
   閉じた園、封じた泉のようだ。 (十二節)

 キリスト信者は主のために新しいエデンの園であります。主はひとたびエデンの園を造りたまいましたが、汚れが入りましたからそれを失いたまいました。そうですから今度は罪人を救い、またこれを潔めて、ご自分のために新しきエデンの園を造りたまいます。私共の亡んだ、また荒れていた心は、美わしいエデンの園のごとくなりました。(エゼキエル書三十六章三十五節およびイザヤ書五十一章三節をご覧なさい。)主はその園の中に各様の草木を植え付けたまいました。神はその農夫でありますから(ヨハネ十五・一)、巧みにその園を治め、また注意をもってこれを守りたまいます。これは『閉じた園』でありますから、敵はその中に入ることができません。また『封じた泉』でありますから、その中に汚れが入りません。

   あなたの産み出す物は、
   もろもろのよき実をもつざくろの園、
   ヘンナおよびナルド、
   ナルド、さふらん、しょうぶ、肉桂、
   さまざまの乳香の木、
   没薬、ろかい、およびすべての尊い香料である。 (十三、十四節)

 その園はこのようによく果を結びます。またその果は早く腐ってしまう果でなく、乳香のごとくいつまでも香りを出すものであります。また自分も朽ちずして他のものを守るものであります。格別にその果は神のために、また神の御前に結ぶものであります。

   あなたは園の泉、活ける水の井、
   またレバノンから流れ出る川である。 (十五節)

 すなわちかかる信者はただ園であるばかりでなく、他の人々を潤す泉であります。

   北風よ、起れ、南風よ、きたれ。
   わが園を吹いて、そのかおりを広く散らせ。 (十六節)

 かかる信者はただ人を潤すばかりでなく、他の人々の前によい香気を放ちます。人に恵みを与え、よい感化を与えて、人を喜ばせます。またそのために聖霊の格別の感化を求めます。他の人々を恵むために格別にそれを願います。聖霊が北風のごとく起こって来て、寒さや苦しみを与えましても、或いは南風のごとく吹いて来て、暑さと幸いを与えましても、どちらでもとにかく聖霊がわが衷に働きたもうことによって、他の人々に恵みを与えとうございます。
 主はその園を喜びたまいます。また新婦も主がその園に入りたまわんことを願います。自分が主の園であることを言い表してその園の中に主のご臨在を願い、またその果を主に献げて、主がそれを食して満足したまわんことを祈ります。

   わが愛する者がその園にはいってきて、
   その良い実を食べるように。 (十六節)

 この果は聖霊によりて結んだ果でありますから、主がそれを喜び、それによりて満足したもうことを願います。主はそのような祈禱に必ず答えたまいます。

第 五 章

   わが妹、わが花嫁よ、
   わたしはわが園にはいって、わが没薬と香料とを集め、
   わが蜜蜂の巣と、蜜とを食べ、
   わがぶどう酒と乳とを飲む。 (一節)

 主はさっそく祈禱に答えて、その信者の心の中に入りたまいます。しかしてそれを証したまいます。『わたしはわが園にはいって』。またその中にある各様の果を取りたまいまして、それによりて満足したまいます。またそれのみならず、他の人々にもそれを分け与えたまいます。

   友らよ、食らえ、飲め、
   愛する人々よ、大いに飲め。 (一節)

 そうですからこういう信者によりて、他の人々が主の恵みを得て満足いたします。
 私共はただいま主の招きを聞いて、かように恵みの山の頂に登り、そのところからこの世を見下ろすことができるようになりますれば、このように主と親しく交わりて、他の人々をも助けることができます。



||| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 目次 |