第一 部屋に伴い入れられる



第 一 章

   どうか、あなたの口の口づけをもって、
   わたしに口づけしてください。 (二節)

 これは私共の第一の願いであります。すなわち主イエスの愛のしるしを願います。自分の心の中に主の愛を経験しとうございます。私共は最早家に帰った放蕩息子でありますから、父なる神の口づけを経験し、そのために父なる神と和らぐことを得ました。今までの罪が全く赦されたことを知って、平安と喜楽とを得ました。ここで願う口づけは、そのような口づけではありません。すなわち和らぎの口づけではなくして、真正に親しい交わりの口づけを願います。主イエスと親しき交わりを願います。主がそれを自分に表したもうことを願います。主は如何にしてそのような愛のしるしを与えたまいますかならば、いつでも聖言によりてそれを表したまいます。サムエル記上三章二十一節『主はふたたびシロで現れられた。すなわち主はシロで、主の言葉によって、サムエルに自らを現された』。雅歌の言葉を用いますならば、その時サムエルに愛の口づけを与えたもうたのであります。すなわちその口の御言によりて、サムエルに愛を示したまいました。エレミヤ書三十一章三節をご覧なさい。神はエレミヤにもそのような口づけを与えたまいました。またこの聖言によりて私共各自にもその口づけを与えたまいとうございます。

   わたしは限りなき愛をもってあなたを愛している。
   それゆえ、わたしは絶えずあなたに
   真実をつくしてきた。

主はたびたび私共の心の中にこういう聖言を囁きて、私共にその愛のしるしを与えたまいます。またそのように主より愛のしるしを受け、その御愛を確かめられることは、実にこの世におる間最も美わしいこと、また何よりも幸いなることであります。私共はそれによりて最も美わしい経験を受けます。詩篇六十三篇を見ますれば、そのために神を追い慕います(一、三節)。

   神よ、あなたはわたしの神、
   わたしは切にあなたをたずね求め、
   わが魂はあなたをかわき望む。
   水なき、かわき衰えた地にあるように、
   わが肉体はあなたを慕いこがれる。
   あなたのいつくしみは、いのちにもまさるゆえ、
   わがくちびるはあなたをほめたたえる。

この主のご慈愛を知り、そのしるしを受けることは、何よりも幸いなる経験でありますから、どうぞこのたび確実に信仰をもって、また祈禱をもってこの二節を受け納れとうございます。

   あなたの愛はぶどう酒にまさり (二節)

 今申しましたように、主の愛はほかの喜楽、ほかの経験よりもまさりて最も美わしいものです。またそれは何のためですかならば、三節をご覧なさい。

   あなたのにおい油はかんばしく、
   あなたの名は注がれたにおい油のようです。 (三節)

 主イエスはにおい油、すなわち聖霊の油を注がれたまいました。それは何のためでありましたかならば、イザヤ書六十一章一節をご覧なさい。

   主なる神の霊がわたしに臨んだ。
   これは主がわたしに油を注いで

これは何のためですか。そのにおい油の香は何の香ですかというに、

   貧しい者に福音を宣べ伝えることをゆだね、
   わたしをつかわして心のいためる者をいやし、
   捕らわれ人に放免を告げ、
   縛られている者に解放を告げ、
   主の恵みの年と、
   われわれの神の報復の日とを告げさせ、
   また、すべての悲しむ者を慰め

そうですから主の油の香はすなわち慰めの香であります。癒しの香、救いの香、満足を与える香、或いは囚われ人に解放を与える香であります。そうですから『あなたのにおい油はかんばしく』、私共はこういう御力のために、主イエスを追い慕います。主イエスはこういう力をもって、そのような働きをなしたまいますから、私共は主イエスを慕って参ります。
 されどもそれのみならず、『あなたの名は』、におい油は主の力と御業を指しますが、主の名は主ご自身を指す言葉であります。私共は第一に主の救いのため、主の恵みのために主を追い慕いますが、後だんだん恵みに進んで参りますれば主ご自身のために主を慕います。『あなたの名は注がれたにおい油のようです』。そのために楽しみを得、そのために喜悦を得ます。

   それゆえ、おとめたちはあなたを愛するのです。 (三節)

 このおとめたちは誰を指しますかならば、新婦ではありません。エルサレムにおる最早救われた者であります。最早イエスを愛することを始めました。されども遠方から主を愛します。真正に主との親しき交わりをいたしません。しかし次の節を見ますと、新婦が『あなたのあとについて、行かせてください』、されば『わたしたちは急いでまいりましょう』と申しています。すなわち新婦が恩恵を得ることによりて、このエルサレムのおとめたちも一緒に恩恵を得ます。

   あなたのあとについて、行かせてください。
   わたしたちは急いでまいりましょう。 (四節)

 主は聖霊をもって私共の心を引きたまいます。私共は自分では聖潔を願いません。主イエスのご慈愛を経験することを願いません。そのようなことを願うのは、私共自分の心の感情から起こったことではなくして、聖霊が引きたもう証拠であります。主が私共を引きたまいますれば、『わたしたちは急いでまいりましょう』、すなわち力を尽くして主の足跡に随って走って参ります。身も魂も献げ、すべてのものを捨てて主イエスに従って走って参ります。
 神は喜んでそのような祈禱に答え、早速その恩恵を与えたまいます。また早速その人と親しき交わりを結びたまいます。すなわち

   王はわたしをそのへやに連れて行かれた。 (四節)

 この「へや」という字は、原語ではむしろ庫(くら)といった方が適当であります。この時に新婦はまだ妃ではありません。未だその経験がありません。されども王は今その部屋に入れて、宝を与え、養いを与える糧を与えたまいます。主に従い、その御声に従って走りましたから、主はその部屋に入れたまいました。マタイ伝六章六節にも原語では同じ言葉が用いてあります。『あなたは祈る時、自分のへやにはいり』。この原語はやはり庫であります。あなたが祈る所はあなたの庫です。そのところで神の宝を頂戴し、また豊かなる糧をも頂戴することができます。またマタイ伝十三章五十二節にもこの言葉があります。『そこで、イエスは彼らに言われた、「それだから、天国のことを学んだ学者は、新しいものと古いものとを、その倉から取り出す一家の主人のようなものである」』。神の庫に入りますれば、そのために他の人々にも霊の糧を与えることができます。恩恵を与えることができます。されどもそれだけではありません。

   王はわたしをそのへやに連れて行かれた。
   わたしたちは、あなたによって喜び楽しみ (四節)

 すなわちその部屋に入りますればその結果は必ず喜び楽しむことであります。また次にそのために主を愛する愛も生じます。

   ぶどう酒にまさって、あなたの愛をほめたたえます。 (四節)

 そうですから喜びと愛を心の中に受けます。ペテロ前書一章八節にこの二つのことが記してあります。『あなたがたは、イエス・キリストを見たことはないが、彼を愛している。現在、見てはいないけれども、信じて、言葉につくせない、輝きにみちた喜びにあふれている』。この信者はもはや聖霊に引かれることを経験し、それに従って走り、部屋に入れられましたから、そこで喜びと愛を経験することを得ました。この順序をご注意なさい。第一、引かれること。第二、走ること。第三、入れられること。第四、喜びと愛。これはいつでも霊的の恩恵を受けるための順序です。
 私共はそのように入れられましたならば、そのために心が潔められます。すなわちこの四節の終わりに、

   おとめたちは真心をもってあなたを愛します。 (四節)

とあります。ヨハネ第一書を見ますれば、全き愛は心の中より苦い悪を取り除くとございます(四・十八)。いつでもそうであります。このところで喜びと愛を経験しましたから、直き心をもって愛することを得ます。詩篇五十一篇十節『神よ、わたしのために清い心をつくり、わたしのうちに新しい、正しい霊を与えてください』。この清き心と直き霊とは同じものであります。またテサロニケ後書三章五節『どうか、主があなたがたの心を導いて、神の愛とキリストの忍耐とを持たせてくださるように』。原語ではこの導くという字の意味は深うございまして、やはり直きことの意味です。あなたの心を直くしたまわんことをという意味であります。神のご慈愛をもって、またキリストの忍耐──これはキリストの再臨を待ち望む忍耐──をもって汝の心を潔めたもうようにと祈りました。またテモテ前書一章五節をご覧なさい。『わたしのこの命令は、清い心と正しい良心と偽りのない信仰とから出てくる愛を目標としている』。すなわち愛は神の第一の目的、また聖書の大意でありますが、その愛は『清い心と正しい良心と偽りのない信仰とから出てくる』。そうですからそのような愛はただ潔き心から出ます。心が直くありませんならば、必ずこういう愛は出て参りません。されども神の愛を頂戴しますれば、そのために心が潔められて、『真心をもって』主を愛するようになります。
 そうですからこの四節によりて如何にして主の愛を味わうことができるか、その順序が記してあります。あとからエレミヤ記三十一章と比べてご覧なさい。その章の深い意味はこの四節と同じことです。その章の一節を見ますれば、『彼らはわたしの民となる』。二節の終わりに『安息を求めた時、主は遠くから彼に現れた』。三節に『限りなき愛』。四節におとめが身を飾ること、また十二節には、他の言い表し方で言えば神の庫より宝を得ることを読みます。私共は祈禱をもって、この四節の順序に従って喜びと愛を得とうございます。何卒私共はこの順序に従って、神のご慈愛を味わうことを熱心に求めとうございます。聖霊が引きたまいますならば、いろいろの罪より、また世に属けるものや、様々の肉欲より引かれて、ただ神に近づいて神の属となることを願うようになります。またそれを祈りますれば、確実なる答えを与えたもうて、ご自分と共に至聖所に入ることを得させ、私共はそこで神の恩恵に満たされ、喜びと愛に満たされます。どうかただいま跪いて、信仰をもって主のへやにお入りなさい。



||| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 目次 |