第二 糧を求む



 五節より十四節の終わりまでにもう一つの譬えがあります。ここからは新しい一段で、この一段の大意は養いを求めることであります、一節より四節までの一段によりて、神との美わしき交わりに入り、神の部屋に入ることを得ました。そうですから続いて神に養われることを願います。これは平生の順序です。私共は恩恵を得れば得るにしたがって、だんだん養いを求めます。ペテロ前書にも同じ順序を見ます。この書の一章八節において前に申したような経験を得ましたから、二章二節において『今生まれたばかりの乳飲み子のように、混じりけのない霊の乳を求め』るべきことが書いてあります。

   エルサレムの娘たちよ、
   わたしは黒いけれども美しい。
   ケダルの天幕のように、ソロモンのとばりのように。 (一章五節)

 自分は黒いものであります。また今まで主の恩恵を経験しましたから、なおさら自分の生来の黒さを知り、それを懺悔します。しかし『わたしは黒いけれども美しい』。すなわち潔められて神の恩恵を得、キリストの属となりましたから、キリストの美わしさを得、そのために美わしいものとなりました。鉄の棒を炉の中に入れておきますと、その黒い鉄の棒がだんだん火のようになって参ります。されども、その鉄の棒は自分としてはいつまでも黒い物であります。火より出しますと、また以前のように黒くなります。ただそれが火の中にあり、まただんだんその中に火が宿りますから、そのために輝くのです。その輝きは真正です。されどもそれは鉄の輝きでなく、火の輝きであります。ちょうどそのように、私共は生来黒いものでありますが、主イエスを得、主イエスの属となりましたから、そのために主イエスの美わしさを得、美わしき者となるのであります(詩篇九十・十七、ロマ書十三・十四)。これは実に幸福であります。今それを明らかに見ることを得ませんが、キリストの再臨の時にそれが顕れます。私共各自、キリストの美わしさ、キリストの聖潔をもって輝くことを得ます。
 ケダルの天幕とは粗い布の天幕であります。今日でもその地方の人々は、黒い粗い布をもって天幕を作ります。『ケダルの天幕のように』、表面は黒いものであります。されども心の中は『ソロモンのとばりのように』。ソロモンの神殿の聖所と至聖所の間に美わしいとばりがかけてありました。金の糸や絹の糸や、いろいろの美わしい糸をもって作った、真に美わしいものでありました。私共は表面を見ますれば粗いものであるかも知れませんが、心の中は潔められましたから、ソロモンのとばりのごとく美わしい有様であります。されどもそのために迫害を得ました。それは、

   わたしが日に焼けているがために、
   日がわたしを焼いたがために、
   わたしを見つめてはならない。
   わが母の子らは怒って、わたしにぶどう園を守らせた。 (六節)

 すなわちひどい賤しい働きをさせました。苦労をさせました。これは迫害であります。肉に属ける信者は必ず霊に属ける信者を迫害します。またこの人は霊的の意味をもって、

   しかし、わたしは自分のぶどう園を守らなかった。 (六節)

と申しています。はじめのぶどう園という語には、別に深い意味がありませんが、今それに深い意味をつけて、自分の心のぶどう園を守らなかったと申しました。そのために今、主に新しき養いと安息を求めます。今まで毎日、祈禱と聖書を読むことによりて、自分のぶどう園を守ることをしなかったことを知って、自分の不足を感じ、いま信仰をもって毎日の養いを求めます。七節を見ますと、主に近づいて叫んでいます。

   わが魂の愛する者よ、
   あなたはどこで、あなたの群れを養い、
   昼の時にどこで、それを休ませるのか (七節)

 すなわち養いと安息について尋ねます。この二つのことを主より受けとうございます。主に交わりて、直接に主よりこの二つのことを受けるように願います。

   わたしに告げてください。
   どうして、わたしはさまよう者のように(面を覆へる者の如くして=文語訳)、
   あなたの仲間の群れのかたわらに、
   いなければならないのですか。 (七節)

 そうですから今までは目当てなき者のごとく彷徨いました。そのために毎日時間を費やしましたが、真の養いと真の安息を得ません。養いを得たことがありますれば、それは他の人の手から、すなわち『仲間の群れのかたわら』で得たので、直接神より得たのではありません。そうですから『面(かほ)を覆へる者のごとき』有様でありました。コリント後書三章を見ますと、聖書を読む者に覆いのある者と覆いなくして読む者とあります。その十五節に『今日に至るもなお、モーセの書が朗読されるたびに、おおいが彼らの心にかかっている』。今でもこういう信者がたくさんあります。旧約を見る時にその栄光を見ることができません。されども『主に向く時には、そのおおいは取り除かれ』て『顔おおいなしに、主の栄光を鏡に映すように見』ることができます(十六、十八節)。この人は今まで『面を覆へる者の如くして』霊的の養いを求めました。されども今その覆いを除かれて、面と面とを合わせて主に遇い、直接に主の御手より養いを得とうございます。八節にエルサレムの女がこれに答えます。

   女のうちの最も美しい者よ、
   あなたが知らないなら、群れの足跡に従っていって、
   羊飼いたちの天幕のかたわらで、
   あなたの子やぎを飼いなさい。 (八節)

 この答えの中に二つの点があります。第一に『群れの足跡に従え』。これは大切なることであります。ヘブル書六章十二節に『怠ることがなく、信仰と忍耐とをもって約束のものを受け継ぐ人々に見習う者となるように』とあります。私共もそのように群れの足跡に従わなければなりません。もはや神の約束を嗣いだ者に従わなければなりません。またヘブル書十一章には始めより終わりまで、群れの足跡が書いてあります。信仰の足跡、苦を受けし者の足跡、十字架を負うた者の足跡であります。私共が主より養いを得とうございますならばヘブル書十一章の群れの足跡に従わなければなりません。多くの人々はそれを嫌います。苦を受けたる者の足跡に随うことを好みません。そうですから、直接に主より養いを受けることができません。
 また第二に『羊飼いたちの天幕のかたわらであなたの子やぎを飼いなさい』。すなわち真の牧羊者に近づけよという意味であります。聖霊に満たされし牧者(エペソ四・十一)に近づき、そのところで自分の小羊を牧いますれば、そのところで主に面会して主より直接に養いを受けることを得ます。この人はその勧めに従ってさよう致しました。そうですからしばらく後に九節において新郎の声を聴くことを得ました。その勧めに従いつつある間に、新郎の声を聴くことを得ました。

   わが愛する者よ。 (九節)

と主は懇ろに言いたまいます。新郎はついにここでその聖声を出したまいます。新婦は今までその声を待っていましたが、ついにそれを聞くことを得ました。モーセが山の上で、六日間神の聖声を待ち望んで、七日目にそれを聞くことを得たとおりでありました(出エジプト記二十四・十六)。

   わたしはあなたをパロの車の雌馬になぞらえる。 (九節)

 なぜならば熱心に、力をもって主を求めるからであります。マタイ伝十一章十二節に馬のごとき信者の有様が書いてあります。『バプテスマのヨハネの時から今に至るまで、天国は激しく襲われている。そして激しく襲う者たちがそれを奪い取っている』。こういう人々はここで馬に譬えられた人であります。熱心に力をもって妨げられずして主の恩恵を求めます。ヤコブが創世記三十二章二十六節において祈ったようであります。『わたしを祝福してくださらないなら、あなたを去らせません』。ヤコブはこのとき馬のような信者でありました。熱心に力を尽くして神の恩恵を願いました。ヨブ記三十九章にもこのパロの馬のことが書いてあります。十九節から二十五節まで

   あなたは馬にその力を与えることができるか。
   力をもってその首を装うことができるか。
   あなたはこれをいなごのように、
   とばせることができるか。
   その鼻あらしの威力は恐ろしい。
   これは谷であがき、その力に誇り、
   みずから出ていって武器に向かう。
   これは恐れをあざ笑って、驚くことなく、
   つるぎをさけて退くことがない。
   矢筒はその上に鳴り、
   やりと投げやりと、あいきらめく。
   これはたけりつ、狂いつ、地をひとのみにし、
   ラッパの声が鳴り渡っても、立ちどまることがない。
   これはラッパの鳴るごとにハアハアと言い、
   遠くから戦いをかぎつけ、
   隊長の大声およびときの声を聞き知る。

 おお、あなたの心の中にこういう心があるはずです。主はこういう心を見て喜びたまいます。真正に恩恵を慕いますれば、この馬のごとく戦いを喜び、喜んで十字架を負うために走って参ります。いかに恥を受けましても、いかに傷を得ましても、主のために喜んで戦います。主は懇ろに『わたしはあなたをパロの雌馬になぞらえる』と言いたまいます。この新婦はこういう者であります。されども十節にあるように断えず主に服従しています。

   あなたのほおは美しく飾られ(鏈索(くさり)を垂れ=文語訳)、
   あなたの首は宝石をつらねた首飾りで美しい。 (十節)

 鎖は服従の雛型であります。またその頸には聖霊の恵みのいろいろの宝石がかけてありますから、断えず主に服従して主イエスのいろいろの恩恵を表すことを得ます。
 十一節を見ますれば、エルサレムの娘らはこれを聞いて、自分も恵みを加えとうございます。されども十二節を見ますればこの人の唯一の願いはキリストを心中に宿すことで、そこでそれを実験します。キリストの賜物を願わずして、キリストご自身を求めます。黙示録三章を見ますれば、第一に主イエスはその賜物を与えたまいます。すなわち十八節に純金(価値ある恩恵)をも白衣(聖潔)をも、また目薬(光)をも与えたまいます。されども第二にご自分を与えたまいとうございます。すなわち二十節にご自分が戸を叩いて、中に入ることを願いたまいます。ただ賜物のみならず、ご自身を与えとうございます。ちょうどそのように、この人はただ主の賜物、主の恩恵では真正に満足しません。十二節において主ご自身を宿すことを願います。

   王がその席に着かれたとき、
   わたしのナルドはそのかおりを放った。 (十二節)

 王がその席に着きたもうたその時にかおりを出しました。主が在すために芳しき香が出ました。そのかおりは何ですかならば、ナルドのかおりです。ナルドは死の時に用いるものでありますから、これはいつでも死の意味を含みます。キリストを心中に宿しますと、そのためにその心の中に真の死があります。己に死ぬること、罪に死ぬること、十字架を負うこと、そのようなかおりがあります。されどもそれだけではありません。

   わが愛する者は、わたしにとっては、
   エンゲデのぶどう園にある
   ヘンナ樹の花ぶさのようです。 (十四節)

 これは生命を与えることであります。このヘンナ樹は医者がよく用いるものでありました。或いは絶息した者のために、或いは力を失った者のために、それを用いましたから、すなわちヘンナ樹の意味は新しき力を得ることを指すと思います。甦りの力を得ることです。キリストを心の中に宿しますれば、第一に死の香がありますが、第二には甦りの香もあります。コリント後書二章十五節『わたしたちは……神に対するキリストのかおりである』。主が心の中に宿りたまいますれば必ずこのかおりが出て参ります。またコリント後書四章十一節『わたしたち生きている者は、イエスのために絶えず死に渡されているのである。それはイエスのいのちが、わたしたちの死ぬべき肉体に現れるためである』。キリストが宿りたまいますれば、このように心の中にキリストの死の香も出で、また甦りの香も出ます。私共が主の導きに従って主より養いと安息を求めますれば、ただそれを受けられるのみでなく、新郎ご自身に出会うことをも得、またその新郎を宿すことをも得て、心に満足を得ます。またそのために心の中に死の経験もあり、また甦りの経験をもいたします。



||| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 目次 |