雅 歌 霊 解

          ビー・エフ・バックストン講述
          米   田   豊   筆記


総 論



 聖書全体の大意は神のご慈愛であります。神は聖書の聖言によりて私共にその愛を表したまいとうございます。神は絶えず私共を愛したまいます。絶えず私共に対して燃え立つ焔のような愛をもっていたまいます。しかるに私共がそれを経験せぬのは、これを信ぜぬからであります。神は聖書の聖言によりて私共の目を開き、私共にその愛を表して、愛の交わりを与えたまいます。神が私共にそのご慈愛を表して何を願いたまいますかならば、ただ愛のみを願いたまいます。宗教はただ愛の問題であります。心の中に愛がありますならば、その人は真の宗教の人であります。また格別に、愛によりて神と交わり、また人と交わることを得ます。
 聖書の中に、殊に雅歌の書に、神のご慈愛が表れています。また雅歌によりて私共は神と美わしい愛の交わりのできる道を教えられます。私共はこのたびこの集会において、続いてこの雅歌の書を研究することによって、どうぞ主のご慈愛をだんだんに知り、またそれを経験し、だんだんその愛に動かされて、主との親しき交わりに入ることを願います。これはまた主の願いであります。
 愛の中にいろいろの階段があります。子供は父に対して、美わしい聖き愛をもっております。私共は神に対してそのような子供らしい愛をもっているはずであります。また友達どうしの間にも美わしい聖き愛があります。主は十字架によりてそのような愛を表し、その友のために生命を捨てたまいました。またそれによって私共の愛を引きたまいとうございました。実にそのような愛は美わしい愛であります。けれども、そのような愛よりも更に貴き聖き愛は何でありますかならば──更に熱い愛は何でありますかならば、新郎と新婦の愛であります。また聖霊はこういう譬えをもって、私共に主イエスと私共各自の間の交わりと愛を教えたまいます。私共は今まで、或いは正しい愛をもって神を愛したかも知れません。けれどもこのたび聖霊の感化によりて、聖霊がこの聖言を用いたもうことによりて、主イエスの新郎たる愛を知り、この主に対して新婦の愛をもって生涯を暮らしとうございます。主イエスと霊的結婚のような新しい関係をもち、どうぞ絶えずキリストにおり、またキリストが絶えず私共の衷に在したまわんことを願います。
 聖書の中の彼方此方に、こういう譬えをもってキリストの愛を示されています。詩篇四十五篇の一節から終わりまでにも、そのような譬えをもって、私共にイエスの愛が示されております。しかし格別に十節、十一節をご覧なさい。

   娘よ、聞け、かえりみて耳を傾けよ。
   あなたの民と、あなたの父の家とを忘れよ。
   王はあなたのうるわしさを慕うであろう。
   彼はあなたの主であるから、彼を伏しおがめ。

ここに主は新郎の愛を表して、私共を引きたまいとうございます。またイザヤ書六十二章四節、五節、

   あなたはもはや「捨てられた者」と言われず、
   あなたの地はもはや「荒れた者」と言われず、
   あなたは「わが喜びは彼女にある」ととなえられ、
   あなたの地は「配偶ある者」ととなえられる。
   主はあなたを喜ばれ、
   あなたの地は配偶を得るからである。
   若い者が処女をめとるように
   あなたの子らはあなたをめとり、
   花婿が花嫁を喜ぶように
   あなたの神はあなたを喜ばれる。

私共はこのたび格別にこういう愛を知り、こういう喜悦を経験しとうございます。ヨハネ伝三章二十九節にもまた同じ譬えが記してあります。『花嫁をもつ者は花婿である。花婿の友人は立って彼の声を聞き、その声を聞いて大いに喜ぶ。こうして、この喜びはわたしに満ち足りている』。またエペソ書五章二十五節にも、黙示録の終わりにも、この美わしい譬えが示されてあります。そうですからどうぞ聖霊の光の中に、その深い意味を悟りとうございます。
 私共がイエスを知ることに、いろいろの階段があります。第一、主イエスを教師として知ることを得ます。弟子等は第一に主の御言を聞き、主イエスをラビ、すなわち教師と申しました。しかしだんだん時が過ぎてから、十字架に懸かりたもうた主イエスを知ることを得ました。私共も第二に贖いをなしたもうた主イエスを知ることを得ます。すなわち十字架に上りたもうた主イエスを喜びます。されどもだんだん深く主を知ることを得て、第三には昇天したもうた主イエスを知ることを得ます。すなわち私共の王であり、また祭司の長である主イエスを知ることを得ます。また第四には、新郎たる主イエスを知ることを得ます。格別に再臨の時にそのように主イエスを知ることを得ますが、しかし今でも心の中に主の再臨を待ち望む心がありますれば、新郎たる主イエスを知ることを得ます。私共は主の再臨に対する仕度を致しとうございますならば、そのように主イエスを知らなければなりません。かように親しい交わりをもって絶えず主と一つになりますれば、新郎が再び来りたもう時のための仕度が最早できたのであります。私共は今毎日、新聞を見ますれば、主の再臨の近くなったことの兆しを明らかに見ることを得ますから、この雅歌を読んでその深い意味を尋ねることは、この場合に適当のことであると思います。私共はこの書を読むことによりて、真正に主の再臨のために心の仕度を致しとうございます。
 雅歌を読みますれば、種々の譬えまたは雛型が書いてあります。しかし、一つの譬えとその次の譬えとは、所によって、あまり関係がありません。また私共はこの書を読みます時に、表面の文字でなく、その言葉の中にある深い霊的な意味を尋ねなければなりません。天路歴程を読みます時に、その表面の言葉のみを読みますれば、その意味がよく解りません。雅歌もそのように表面の言葉を読むだけでありますれば、よほど難しい書で何の利益もありません。されども聖霊の光によりてこの書を読みますれば、その意味が明らかになり、その中にあるいろいろな美わしい譬えや雛型によって、主イエスのご慈愛を知ることを得ます。
 雅歌は始めより終わりまで、霊的な関係と順序があります。私共はこのたび格別にその霊的な意味を尋ね、その順序に従って、いよいよ主との親しき交わりに入りとうございます。この書の中に、私共は如何にして主に近づき、また主を深く知ることができるかについて、いろいろな譬えや雛型をもって記してありますから、聖霊の光によりてこれを読み、聖霊ご自身に導かれますならば、いよいよ主と深い交わりに入ることを得ます。



||| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 目次 |