第十一 奉仕のための武装



   帰れ、帰れ、シュラムの女よ、
   帰れ、帰れ、わたしたちはあなたを見たいものだ。

   あなたがたはどうしてマハナイムの踊りを見るように
   シュラムの女を見たいのか。 (六章十三節)

 私共が聖霊のバプテスマを得ますならば、この世に属ける考えを全く捨てて天に在るもののみを求めます。されどもそこまで進んでおらない他の信者は、それを好みませんから、『帰れ、帰れ』と招きます。彼らはただ『あなたを見たいものだ』との好奇心よりそれを申します。面白い踊りを見るような考えでこの熱心な信者を見んことを願い、その経験を批評しとうございます。エゼキエル書三十三章三十二節に、『見よ、あなたは彼らには、美しい声で愛の歌をうたう者のように、また楽器をよく奏する者のように思われる。彼らはあなたの言葉は聞くが、それを行おうとはしない』とありますが、彼らもちょうどその通りに、その愛の歌を聞くように新婦を尋ね求めますが、決してそれに倣って行う心はありません。真正に従う決心はありません。
 されども周囲にある信者は、この新婦の中に神の働きと恩恵を明らかに見ることを得ます。また格別に奉仕のために全き用意のできていることを見ます。

第 七 章

   女王のような娘よ、
   あなたの足は、くつの中にあって、
   なんと麗しいことであろう。
   ‥‥‥ (一節。以下、各節とも聖句を略す)

 エペソ書六章十五節にあるように、この人は『平和の福音の備えを足にはき』ました。またエペソ書二章十節に『わたしたちは神の作品であって』とありますごとく、『名人の手のわざ』(本章一節)にて作られた神のものでありますから、神が備えたまえる善き業を全うすることを得ます。神はその御手を巧みに従えてヘブル書十三章二十一節にあるように『あなたがたが御旨を行うために、すべての良きものを備えて』くださいます。
 この一節より以下の記事と、四章一節以下の記事とを比較しますと、大概同じことであります。四章の記事は新郎の言ったことでありました。その時には未だ新婦の中にそのような恵みが成就せられておりませんけれども、新郎は『無から有を呼び出』し(ロマ書四・十七)、かつ新婦のためにその恵みを創造し、そのような聖潔を与えたまいます。このところでは他のキリスト信者が、新婦の中にそのような恵みを見て言うところでありますから、新婦は、『キリストは之を得させんとて我を捉へ』(ピリピ三・十二文語訳)たまえる恵みをもはや実際に得たのであります。もはや、
 二節 においては新婦は子を孕む力を持ち、また、
 三節 においては子どもを養う力を持っていることを見ます。これはペンテコステの力であります。
 四節 の首は意志を指します。今まで潔められぬ前にはくろがねのようでありました(イザヤ書四十八章四節『わたしはあなたが、かたくなで、その首は鉄の筋、その額は青銅であることを知るゆえに』。なお使徒行伝七章五十一節『項(うなじ)强くして心と耳とに割禮なき者よ』(=文語訳)をも参照)。されどもその首が潔められて、今はやぐらのごとくなって、ただ神のために強うございます。またこれは『象牙のやぐらのごとく』とあります。すなわち少しも己の利益を混えずして忠実に神のために意志を用いることを表します。
 またその目は美わしい池のごとく穏やかであります。私共は目によって人の心を見ることを得ますが、この新婦の目の中には深い平安が見えます。これは心の中に深い平安がある証拠であります。
 五節 にある頭の髪はそれをもって己を隠すことを得ます。コリント前書十一章十五節『長い髪はおおいの代わりに女に与えられているものだからである』。聖霊を得ました者は、それはそのために己を隠してただ主イエスのみを表します。
 七節 の『なんぢの身の長(たけ)は棕櫚の樹に等しく』(文語訳)というのは、身の丈すなわち全体の様子が力あり、また早く成長して高く、また真っ直ぐになることを表します。ちょうど詩篇九十二篇十二節より十五節にあるとおりであります。『正しい者はなつめやしの木のように栄え、レバノンの香柏のように育ちます。彼らは主の家に植えられ、われらの神の大庭に栄えます。彼らは年老いてなお実を結び、いつも生気に満ち、青々として、主の正しいことを示すでしょう』。
 また『あなたの乳ぶさはそのふさのようだ』とあるように、他のキリスト信者はこの新婦より霊的の葡萄酒をも、また心を養う真の乳をも得ます。

   われ謂(おも)ふ この棕櫚の樹にのぼり その枝に執つかんと
   なんぢの乳房は葡萄のふさのごとく
   なんぢの鼻の氣息(いき)は林檎のごとく匂はん
   なんぢの口は美酒(よきさけ)のごとし
   
   わが愛する者のために滑かに流れくだり
   睡れる者の口をして動かしむ (八、九節=文語訳)

 八節 を見ますと、新婦はそのような自分の美わしさについて聞くことを好まず、ただ主イエスの恩恵と栄えのみを崇めとうございます。そうですから自分は棕櫚の樹のようなものでなくして、全き棕櫚の樹なる主イエスに近づいて、主イエスより霊的の葡萄酒を飲み、主イエスより美わしき香りを嗅いで真正に満足を得ます。
 九節 の中ほどより新郎は新婦の言葉を遮りて、ご自分の恵みは全く新婦のためなることを言いたまいます。『わが愛する者のために滑らかに流れくだり、眠れる者の口をして動かしむ』。
 そうですから十節において、新婦は一層明白に自分は新郎のものであることを経験します。



||| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 目次 |