新約全書 使徒パウロ ロマびとおくれるふみ

第 一 章



  1. イエスキリストのしもべパウロ めされて使徒となり神の福音のためえらば
  2. この福音は從前はやくよりその預言者たちによりて聖書に誓ひ給へるものにて
  3. その子われらのしゅイエスキリストをさして示せり 彼は肉體によればダビデのすゑよりうま
  4. 聖善せいぜんの靈性によれよみがへりし事によりてあきらかに神の子たる事あらはれたり
  5. われら彼より恩惠めぐみと使徒のつとめうく これその名のため萬國ばんこくの人々をして信仰の道に從はせんとなり
  6. 爾曹なんぢらその人々のうちありてイエスキリストのめしうけし者なり
  7. われすべてロマにをるところの神にいつくしまれめしを蒙り聖徒となれる者にまでふみを贈る 爾曹なんぢらねがはくは我儕われらの父なる神およびしゅイエスキリストより恩惠めぐみ平康やすきうけ

  8. まづ爾曹なんぢらの信仰を世こぞりて傳揚いひひろめたるがゆゑにイエスキリストにより爾曹なんぢら衆人ひとびとつきわが神に感謝す
  9. われその子の福音において心をつかふる所の神は不斷たへずなんぢらをおもそのあかしなり
  10. われ祈禱いのりごとにつひには神の旨意みこゝろかなひて平坦やすらかなる道をえすみやかに爾曹なんぢらいたらんことを求む
  11. われ爾曹なんぢらを見んことを深くねがふ爾曹なんぢら堅固かたうせんために靈のたまものあたへんとおもへばなり
  12. すなはわれなんぢらのうちあらたがひの信仰によりて相共に安慰なぐさめべし
  13. 兄弟よ われしばしば志をたてなんぢらに到りほか邦人くにびとうちあるごとく爾曹なんぢらうちよりもを得んとせしかども今に至りてなほさまたげらる 爾曹なんぢらしらざるをこのまず
  14. われはギリシヤびと及び異邦人また智人かしこきひとおよび愚人をろかなるひとにもおへる所あり
  15. 是故このゆゑわれ力をつくして福音を爾曹なんぢらロマにある人々にも傳へん事を願ふ
  16. われは福音をはぢとせず この福音はユダヤびとはじめギリシヤびとすべて信ずる者をすくはんとの神の大能ちからたればなり
  17. 神の義はこれに顯れて信仰より信仰に至れり しるして義人は信仰によりいくべしとあるが如し

  18. それ神のいかりは不義をもて眞理まことおさふる人々のすべて不虔ふけん不義にむかひて天よりあらは
  19. そは人のしるべき所の神の事情ことがらは人に顯明あきらかにして既に神これを人にあらはし給へばなり
  20. それ人のみる事を得ざる神の永能かぎりなきちからその神性かみなることとは造られたる物により創世よのはじめより以來このかたさとり得てあきらかにみるべし 是故このゆゑに人々推諉いひのがるべきやうなし
  21. 既に神をしりなほこれを神と崇めずまたしゃする事をせずかへっその思念おもひを亂しそのおろかなる心蒙昧くらくなれり
  22. みづかさとしと稱へて愚魯おろかなる者となり
  23. 朽壞くちはてざる神の榮光をかへ朽壞くちはつべき人およびとりけもの昆蟲はふものかたちに似す
  24. 是故このゆゑに神は彼等をその心の慾を縱肆ほしひまゝにするにまかせてたがひその身をはづかしむる汚穢けがれわたせり
  25. 彼等は神のまことかへいつはりとなし造物主ものをつくりしかみよりも受造物つくられしもの崇奉あがめまつりてこれにつかふ 神は永遠かぎりなく頌美ほむべきものなり アメン
  26. これよりて神は彼等がはづべき慾をなすにまかせ給へり その婦女おんなさへも順性の用をかへて逆性の用となす
  27. かくの如く男子をとこまた婦女をんなの順性の用をすてたがひ嗜慾しよくの心をもやし男と男とはづる事をなしてその悖戻よこしまあたるべきむくいおのが身にうけたり
  28. かれら心に神をとむる事をこのまざれば神も彼等が邪僻よこしまなる心をいだきまじきことをなすまかせ給へり
  29. すべての不義、惡慝あくとく貪婪だんらん暴很ばうこんみたす者 また妬忌とき凶殺きゃうさつ爭鬪さうとう詭譎きけつ刻薄こくはくみたす者
  30. 讒害ざんがい毀謗きぼうをなし神をうらむ者 狎侮かふぶ傲慢がうまん矜夸きゃうくゎ譏詐きそ父母ふぼ不孝ふかう
  31. 頑梗ぐゎんかう背約はいやく不情ふじゃう不慈ふじなる者
  32. すべ此等これらを行ふ者は死罪にあたるべき神の判定さだめしりてなほみづから行ふのみならずまたこれを行ふ者をも喜べり


| 新約全書目次 | 羅 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 總目次 |