新約全書 使徒パウロ ロマびとおくれるふみ

第 十 章



  1. 兄弟よ われ心に願ふ所と神に祈る所はイスラエルのすくはれんことなり
  2. 彼等が神に熱心なることはわれあかしされどもその熱心は智識によるあら
  3. 彼等は神の義をしらおのれの義をたてんことをもとめて神の義にしたがはざるなり
  4. すべて信ずる者の義とせられんためにキリストは律法おきてをはりとなれり
  5. モーセ律法おきてよれる義をさしてはこれを行ふ者これによりいのちべしとしるしたり
  6. されど信仰によれる義は如此かくいへり なんぢ心にキリストをいざなくだらんためたれか天に昇らんといふことなか
  7. 又キリストをしにし者のうちよりいざなかへらんためたれ陰府よみぢくだらんといふことなか
  8. さらなにいへるぞ 道はなんぢに近くなんぢの口にあり なんぢの心にありと これすなはち我儕われらのぶる所の信仰の道なり
  9. そはもしなんぢ口にてしゅイエスをいひあらはし又なんぢ心にて神の彼を死よりよみがへらしゝを信ぜばすくはるべし
  10. それ人は心に信じて義とせられ口にいひあらはしてすくはるゝなり
  11. 聖書にすべて彼を信ずる者ははづかしめられじといへ
  12. ユダヤびととギリシヤびとへだてなし そはすべての者のしゅたゞいつなればなり おほよこれ龥求よびもとむる者にはめぐみ豐盛ゆたかにし
  13. すべしゅの名を龥求よびもとむる者はすくはるべし
  14. されいまだ信ぜざる者をいか龥求よびもとむる事を得んや いまきかざる者をいかで信ずる事を得んや いまのぶる者あらずばいかきく事を得んや
  15. もしつかはされずばいかのぶることを得んや しるして和平おだやかなることのべまたよき事をのぶる者のその足はうるはしきかなとあるが如し
  16. されことごとく福音を聽從きゝうけしにあらず イザヤかつしゅ我儕われらのぶる所を信ぜし者はたれいへ
  17. しかれば信仰はきくよりいできくところは神のことばよれるなり
  18. われとはん 彼等はいまきかざりしか きけその聲はあまねく世界にいでそのことばは地のはてにまで及べり
  19. われまたとはん イスラエルはしらざりしか しれさきにモーセいふ われ民にあらざる者をもて爾曹なんぢら嫉妬ねたません 又おろかなる民をもて爾曹なんぢらいからせんと
  20. イザヤはゞかることなくいひけるは われたづねざりし者にわれあへり とはざりし者にわれあらはれぬ
  21. 又イスラエルについてはわれ終日ひねもす手をあげもとしたがはざる民にむかへりといひなり


| 新約全書目次 | 羅 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 總目次 |