新約全書 使徒パウロ ロマびとおくれるふみ

第 十 二 章



  1. されば兄弟よ われ神のもろもろ慈悲あはれみをもて爾曹なんぢらすゝむ そのを神のこゝろかなきよいけ祭物そなへものとなして神にさゝげこれ當然なすべきまつりなり
  2. 又この世にならなか爾曹なんぢら神のまったくかつ善にしてよろこぶべきむねしらんがために心をかへあらたにせよ
  3. われうくる所のめぐみより爾曹なんぢら各人おのおのつげん 心をたかぶおもひすごすことなかれ 神の各人おのおのたまはりたる信仰のはかりに從ひて公平たひらか思念おもふべし
  4. すなは我儕われら一體ひとつからだおほくえだあれども皆そのつとめおなじうせざるが如く
  5. 各人おのおのキリストにおい一體ひとつからだたればまたたがひにそのえだたるなり
  6. されたまはる所のめぐみより各々おのおのたまものことにせり あるひは預言あらば信仰のはかりしたがひて預言をなし
  7. あるひ役事つとめあらばその役事つとめをなしあるひ敎誨をしへをなす者はその敎誨をしへをなし
  8. 勸慰すゝめをなす者はその勸慰すゝめをなし賙濟ほどこしをなす者はをしみなくほどこし治理をさめをなす者はおこたらず治め矜恤あはれみをなす者はよろこびてあはれむべし
  9. 愛はいつはる事なかあくにくみ善はしたし
  10. 兄弟の愛をもてたがひに愛し禮義をもっ相讓あひゆづ
  11. つとめおこたらず心をあつくしてしゅつか
  12. のぞみて喜び患難なやみに耐へ祈禱いのりつねにし
  13. 聖徒の匱乏ともしき賑恤にぎは遠人たびゞと慇懃ねんごろにせよ
  14. 爾曹なんぢらそこなふ者をしゅくこれしゅくしてのろふべからず
  15. 喜ぶ者と共に喜びかなしむ者と共にかなしむべし
  16. 相互あひたがひこゝろおなじうし尊大志たかきおもひをなさずかへり卑微ひくきつけよ 又自己みづからさとしとするなか
  17. 惡をもて惡にむくゆなか衆人ひとびとよしとする所を心にとめこれをなし
  18. 行得なしうべき所は力をつくして衆人ひとびと睦親むつみしたしむべし
  19. わが愛する者よ そのあだむくゆるなかれ 退しりぞきてしゅいかりまて そはしるしてしゅいひ給ひけるはあだかへすはわれあり われ必ずこれむくいんとあればなり
  20. 是故このゆゑなんぢあだもしうゑなばこれくらはせかわかばこれのませよ なんぢ如此かくするは熱炭あつきひを彼のかうべつむなり
  21. なんぢ惡にかたるゝなかぜんをもて惡にかつべし


| 新約全書目次 | 羅 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 總目次 |