新約全書 使徒パウロ ロマびとおくれるふみ

第 九 章



  1. われキリストにつける者なればことばまことにしていつはりなし かつわが良心聖靈に感じて
  2. われおほいなるうれひある事と心にたへざるのいたみある事とをあかし
  3. もしわが兄弟わが骨肉のためにならんにはあるひはキリストよりはな沈淪ほろびに至らんもまたわがねがひなり
  4. 彼等はイスラエルの人なり 神の子なる事また榮光さかえまた盟約ちかひまた律法おきてたてられし事また祭儀まつりのゝりまた約束は皆かれらにつけ
  5. 列祖せんぞたちこれかれらが先祖なり 肉體によりいへばキリストもまた彼等よりいづ かれは萬物ばんもつの上にありて世々讚美ほまれを得べき神なり アメン
  6. 今いへる所は神のことばすたれりといふにはあらそはイスラエルよりいづる者ことごとくイスラエルにあら
  7. またアブラハムの苗裔すゑなればとてことごとその子たるにあらたゞイサクよりいづる者なんぢの苗裔すゑとなへらるべしとしるされたり
  8. すなはち肉によりて子たる者これらは神の子たるにあらたゞ約束によりて子たる者は其そ苗裔すゑとせらるゝなり
  9. ときいたらばわれきたらん サラに男子なんしあるべしと これ約束のことばなり
  10. 此耳これのみならずまたリベカ我儕われらの先祖イサク一人に從ひて二子ふたごはらみしとき
  11. その子いまだうまれずまた善惡よしあしなさゞれど神のえらびたまひし聖旨みこゝろかはることなくおこなひよらめしよるあらはさんとて
  12. 長子あに幼子おとうとつかへんとリベカにいひたまへり
  13. しるしてわれはヤコブを愛しエサウをにくめりとあるが如し
  14. しからば我儕われらなにをいはんや 神に不義なる所あるや あることなし
  15. 神モーセにいふ われ矜恤めぐまんとおもふ者を矜恤めぐみわれ憐憫あはれまんおもふ者を憐憫あはれむ
  16. されば願ふ者にもはしる者にもよらたゞめぐむ所の神によれ
  17. 聖書のうちに神パロにわれなんぢをたつるはことなんぢをもて權能ちからあらはし又わが名をあまねく世界につたへんがためなりと示し給へり
  18. されば神は憐憫あはれまんとおもふ者をあはれみ剛愎かたくなにせんとおもふ者を剛愎かたくなにせり
  19. されなんぢわれにいはん 神なんぞなほ人をとがむるや たれそのむねさからふことをんと
  20. あゝ人よ なんぢ何人なにびとなれば神に言逆いひさからふや つくられし物はつくりし者にむかひなんぢ何故なにゆゑわれ如此かくつくりしといふべけん
  21. 陶人すゑものしは同じつちくれをもてひとつうつはたふとひとつうつはいやしつくるの權あるにあらずや
  22. もし神いかりあらはその能力ちからを示さんため滅亡ほろびそなはれるうつはなが耐忍たへしのぶことをなし
  23. また榮光さかえあらかじめそなへ矜恤めぐみうつはそのさかえ豐盛ゆたかなるを示さんとせば我儕われらなにいふことあらんや
  24. この矜恤めぐみうつはすなは我儕われらめされし所の者はたゞユダヤびとのみならずまた異邦人のうちよりもめされたり
  25. 神ホセヤのふみわれ我民わがたみならざりし者を我民わがたみとなへ愛せざりし者を愛する者ととなへ
  26. 又なんぢら我民わがたみならずといはれたりし其處そのところの彼等も活神いけるかみの子ととなへらるべしといへるが如し
  27. イザヤもイスラエルについよばゝいひけるは イスラエルの子のかずは海のすなごとくなれどもすくはるゝ者はたゞ僅々わづかならん
  28. 神は義をもてそのことばさだめこれ成竟なしをはるべし そはさだめ給ふ所の事はしゅすみやかにこの地に行ふべければなり
  29. またさきにイザヤいひもし萬軍ばんぐんしゅわれらにたねのこさざりしならば我儕われらすでにソドムのごとくならん 又ゴモラにおなじからんとあるが如し
  30. さら我儕われらなにとかいはん 義を追求おひもとめざる異邦人は義を得たり これすなはち信仰によるところの義なり
  31. されど義の律法おきて追求おひもとめしイスラエルは義の律法おきて追及おひしかざりき
  32. 如何いかなるゆゑぞ 彼等は信仰によらおこなひより追求おひもとめんとせしほどに躓石つまづくいしつまづきたればなり
  33. よ われ躓石つまづくいしまた礙磐さまたぐるいはをシヲンにおかすべこれを信ずる者ははづかしめられじとしるされたるが如し


| 新約全書目次 | 羅 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 總目次 |