新約全書 使徒パウロ ロマびとおくれるふみ

第 十 三 章



  1. かみありて權をもてる者にすべて人々したがふべし そは神よりいでざる權なくおほよあるところの權は神のたてたまふ所なればなり
  2. 是故このゆゑに權にさかふ者は神のさだめそむくなり 逆者そむくものみづかその審判さばきをうくべし
  3. 有司つかさびと善行よきわざおそれあら惡行あしきわざおそれなり なんぢ權をおそれざることをねが たゞよきを行へ さらば彼よりほまれ
  4. 彼はなんぢえきせんための神のしもべなり し惡をなさおそれよ 彼はいたづらにやいばとらず 神のしもべたれば惡を行ふ者にいかりをもてむくゆる者なり
  5. ゆゑこれしたがたゞいかりよりてのみしたがはず良心によりしたがふべし
  6. 是故このゆゑ爾曹なんぢらみつぎをさめよ 彼等は神の用人つかひゞとにして常に此職このことつかさどれり
  7. なんぢらうくべき所の人にはこれあたへみつぎうくべき者にはこれみつぎぜいうくべき者にはこれぜいおそるべき者にはおそたふとぶべき者はこれたふと
  8. なんぢらたがひに愛をおふのほかすべての事を人におふことなかそは人を愛する者は律法おきて完全まったうすればなり
  9. それ奸淫かんいんするなかれ 殺すなかぬすなかいつはりあかしたつなかむさぼなかれといへ此餘このほかなほいましめあるともおのれの如くなんぢとなりを愛すべしといへことばうちこもりたり
  10. 愛はとなりそこなはず 是故このゆゑに愛は律法おきて完全まったう
  11. かくの如くなすべし 我儕われらは時をしれり 今はねぶりよりさむべきの時なり そは信仰のはじめより更に我儕われらすくひは近し
  12. すでにふけちかづけり ゆゑ我儕われら暗昧くらきわざすて光明ひかりよろひきるべし
  13. おこなひ端正たゞしくしてひるあゆむ如くすべし 饕餮たうてつ醉酒すゐしゅまた奸淫かんいん好色かうしょくまた爭鬪さうとう嫉妬しっとに步むことなか
  14. たゞなんぢらしゅイエスキリストをよ 肉體の欲を行はんがためそのそなへをなすことなか


| 新約全書目次 | 羅 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 總目次 |