新約全書 使徒パウロ ロマびとおくれるふみ

第 十 四 章



  1. 信仰の弱き者をうけされそのおもふ所をなじなか
  2. ある人はすべての物をくらふべしと信じある人はよわくしてたゞ野菜をくらへり
  3. くらふ者はくらはざる者を藐視かろしむることなかくらはざる者はくらふ者を審判さばきするなかれ 神これをうくればなり
  4. なんぢ何人なにびとなれば他人ひとしもべ審判さばきするか 彼のあるひたちあるひはたふるることはそのしゅよれり 彼また必ずたてられん 神はよくこれを立得たてうればなり
  5. ある人は此日このひ彼日かのひまされりとしある人は諸日いづれのひもみなおなじとす 各人おのおのみづからさだめその心をかたうすべし
  6. 日を守る者もしゅために守り日を守らざる者もしゅために守らずくらふ者もしゅためくらへり そは神にしゃする事をすればなり くらはざる者もしゅためくらはず これまた神にしゃする事をせり
  7. 我儕われらのうちおのれためいきおのれのためしぬる者なし
  8. そはわれらいくるもしゅためにいきしぬるもしゅためしぬ このゆゑあるひいきあるひはしぬるも我儕われらはみなしゅのものなり
  9. それキリストのしにまたいきしはすなは生者いけるもの死者しぬるものしゅとならんためなり
  10. なんぢなんぞその兄弟を審判さばきするや なんその兄弟を藐視かろんずるや 我儕われらは皆キリストの臺前だいぜんたつべき者なり
  11. しるしてしゅいひたまへるはわれいける神 すべての膝はが前にかゞますべての舌はわれを讚美すべしとあるが如し
  12. 是故このゆゑ我儕われらおのおのおのれの事を神にうったふべし
  13. され我儕われらたがひに審判さばきすることなかむしろ兄弟の前に絆跌つまづくものあるひは妨礙さまたぐるものおかざらん事を定むべし
  14. われしゅイエスによりすべてのものきよからざるなきをしりかつこれを信ず されど人もし不潔きよからずおもはゞその人においてはすなはきよからざるなり
  15. なんぢもし食物しょくもつために兄弟をうれへしめばその行ふところ愛の道にかなはず キリストかれために死にたまひたればなんぢ食物しょくもつよりて彼をほろぼすことなか
  16. 爾曹なんぢらの善をもって人にそしらるゝことをするなかれ
  17. そは神の國は飮食いんしょくあらたゞ義と和と聖靈によれ歡樂よろこびにあり
  18. かくごとくしてキリストにつかふる者は神の心にかなひまた人に善とせらるゝなり
  19. 是故このゆゑ我儕われら人と和睦せんことゝ相互あひたがひに德をたてんことゝを追求おひもとむべし
  20. 食物しょくもつよりて神のなせる所をこぼつことなかすべての物みなきよしかれどもこれくらふて人をつまづかする者には惡とならん
  21. 肉をくらふ 酒をのむ 何事によらなんぢの兄弟を倒しあるひつまづかせあるひ懦弱よわくするはよからざるなり
  22. なんぢしんあるか おのれこれを神の前に守りそのよしとする所をもっみづか審判さばきする事なき者はさいはひなり
  23. 疑者うたがふものもしくらはゞ罪に定めらる これ信仰によりくらはざればなり すべて信仰によりてせざる者は罪なり


| 新約全書目次 | 羅 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 總目次 |