新約全書 使徒パウロ ロマびとおくれるふみ

第 二 章



  1. 是故このゆゑおほよそ人を審判さばく所の人よ なんぢ推諉いひのがるべきなし なんぢ他人ひと審判さばくはまさしおのれの罪をさだむなり そは審判さばく所のなんぢおなじこれを行へばなり
  2. かくの如く行ふ者をつみする神の審判さばき眞理まことかなへりと我儕われらしる
  3. 此等これらの事を行ふ者を審判さばきておなじこれを行ふ人よ なんぢ神の審判さばきのがれんとおも
  4. なんぢ神の豐厚ゆたかなる仁慈めぐみ寬容ゆるやかなると恒忍しのびたまふとを藐視なみする その仁慈めぐみなんぢ悔改くひあらために導くなるをしら
  5. 剛愎かたくなにしてくひなきの心にしたがおのれために神のいかりつみその義鞫たゞしきさばきあらはれん震怒いかりの日に及ぶなり
  6. 神は人のおこなひしたがひて各人おのおのそのむくいなすべし
  7. 耐忍たへしのびて善を行ひ榮光さかえ尊貴たふとき不朽壞くちざるとをもとむる者には永生かぎりなきいのちをもてむくい
  8. しかれども爭鬪あらそひをなし眞理まことしたがはず不義につく者にはむくゆるに忿いきどほりいかりと艱難辛苦とをてす
  9. はユダヤびとはじめギリシヤびとすべて惡を行ふ人に及ぶなり
  10. ユダヤびとはじめギリシヤびとすべて善を行ふ人には榮光さかえ尊貴たふとき平康やすきとをて報ゆべし
  11. これ神には偏視かたよりなければなり
  12. おほよ律法おきてなくして罪を犯せる人は律法おきてなくして亡び律法おきてありて罪を犯せる人は律法おきてより審判さばきうくべし
  13. 神の前に義とせらるゝは律法おきてをきく者にあらず 義とせらるゝは律法おきてを守る者なり
  14. それ律法おきてなきの異邦人もし本性うまれつきのまゝ律法おきてのせたる所を守らば律法おきてなしといへどおのれ律法おきてたるなり
  15. 彼等その心にしるされたる律法おきてはたらき表影あらはその良心これがあかしをなしてその思念おもひたがひにあるひせめあるひはほむることをなせ
  16. それ審判さばきが福音にいへる如く神イエスキリストをもて人の隱微かくれたる事をさばかん日になるべし

  17. なんぢもしユダヤびととな律法おきてたのみ神あるを誇り
  18. そのむねをしり律法おきてならひ是非よしあしをわきま
  19. みづか瞽者めしひてびき 黑暗くらきにをる者の光
  20. おろかなる者の師 童蒙わらべかしづきおもひ又律法おきておい眞理まことしるべき事とののりを得たりとせば
  21. なにゆゑ人ををしへ自己みづからをしへざる なんぢ人にぬすなかれとすゝめみづかぬすみする
  22. なんぢ人に姦淫するなかれと諭さとしてみづから姦淫する なんぢ偶像をにくみみづか殿みやの物ををか
  23. なんぢ律法おきてほこりみづか律法おきてを犯し神を輕しむる
  24. 神の名はなんぢよりて異邦人のうち謗讟けがされたりとしるされしが如し
  25. なんぢもし律法おきてを行はゞ割禮はえきあり 律法おきてを犯さばなんぢが割禮は割禮なきがごとくなるべし
  26. 是故このゆゑに割禮なき者も律法おきての義を守らばその割禮なきも割禮せりといはざるを得ん
  27. それ本性うまれつきのまゝ割禮なくして律法おきてを守る者は儀文ぎぶんと割禮をもてなほ律法おきてを犯すなんぢを審判さばかん
  28. あらはにユダヤびとたるもまことのユダヤびとあらあらはに身に割禮あるもまことの割禮にあら
  29. かへっひそかにユダヤびとたる者はまことのユダヤびとたり 又割禮はれいあり儀文ぎぶんあらず 心の割禮はまことなり そのほまれは人によらず神によれ


| 新約全書目次 | 羅 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 總目次 |