新約全書 使徒パウロ ロマびとおくれるふみ

第 十 五 章



  1. され我儕われら强者つよきものは强からざる者の懦弱よわきおひおのれの心によろこばざるをもなすべき事なり
  2. 我儕われらおのおのとなりの德をたてんために善をもてこれよろこばすべし
  3. キリストすらなほおのれをよろこばす事をせざりき そはなんぢをそしる者の毀謗そしりわれに及べりとしるされし如し
  4. 從前はやくよりしるされたる所は皆われらにをしへて聖書の忍耐しのび安慰なぐさめとのことよりのぞみを得させんためしるせるなり
  5. 忍耐しのび安慰なぐさめあたふる神の爾曹なんぢらにイエスキリストをならひたがひに心をおなじうする事をあたへ
  6. 爾曹なんぢらをして心をひとつにし口をひとつにし神すなはち我儕われらしゅイエスキリストの父を讃美しあがめしめ給はん事を願へり
  7. 是故このゆゑにキリスト神をあがめため我儕われらうくるが如く爾曹なんぢらたがひうくべし
  8. われいはん 神の眞理まことためにイエスキリストは割禮のつかひとなり先祖に約束し給ひしことを堅固かたうせり
  9. また異邦人もその矜恤あはれみよりて神をあがしるして是故このゆゑわれ異邦人のうちありなんぢあがめまたなんぢの名を讃美すべしとあるが如し
  10. また異邦人よ しゅの民とともに喜ぶことをなせよといへ
  11. 萬邦よろづのくにしゅいはふべし 萬民よろづのたみしゅせついはふべしといへ
  12. 又イザヤいへらく エツサイの根めざし異邦人ををさめんとするものおこらんとす 異邦人みなこれよらんと
  13. のぞみあたふる神の爾曹なんぢらをして聖靈のちからよりそののぞみおほいにせんがため爾曹なんぢらの信仰よりおこすべて喜樂よろこび平康やすきみたしめ給はんことを願へり
  14. わが兄弟よ われなんぢらが仁慈なさけ滿みちすべてのみちたがひ勸得すゝめうることを信ず
  15. しかれども兄弟よ われなほ爾曹なんぢら憶起おもひいださせんがためはゞからずしてほゞなんぢらにかきおくれり これ神のわれたまふ所のめぐみよるなり
  16. すなはち異邦人のためにイエスキリストのしもべとなりて神の福音のまつりをなしさゝぐる所の異邦人を聖靈によりきよまらしめ神の意旨みこゝろかなはせんためなり
  17. 是故このゆゑわれ神の事についてはイエスキリストによりて誇る所あり
  18. いかにとなればキリストわれたすけて異邦人を順從したがはしめんため休徵しるし奇跡ことなるわざちから
  19. 神のみたまちからあらはことばおこなひとをてヱルサレムよりあまねくイルリコに至るまでその福音をつたへさせ給ひしことのほかひとつことばをもわれあへいはざるなり
  20. かつわれつゝしみて他人のおき土基どだいたてじとイエスの名のいまとなへられざる所に福音を宣傳のべつたへたり
  21. いまだ彼についつたへを得ざる者はみるべくいまきくことを得ざる者は悟るべしとしるされたるが如し
  22. 是故このゆゑしばしさまたげられてわれなんぢらにいたることを得ざりき
  23. 今この地につたふべきところなし われ年來としごろなんぢらにゆかん事をねがへゆゑ
  24. イスパニヤにおもむかんついで爾曹なんぢらいたるべし そは經過すぐるときに爾曹なんぢらあひほゞこゝろ滿足みつることを得て又なんぢらに送られんことをのぞめなり
  25. されど今われ聖徒を助けんためにヱルサレムにゆかんとす
  26. マケドニヤとアカヤの人々ヱルサレムのまづしき聖徒のため供給たすけをすることを喜悅よろこびとせり
  27. 彼等よろこびてこれをなすはそのおふところるがゆゑなり そは異邦人もしれいつくものをうけたらんには身につくものをもってまた彼等につかふべきなり
  28. 是故このゆゑわれこの事をはりこのわたしゝのちなんぢらによりてイスパニヤにゆか
  29. われ爾曹なんぢらゆく時はキリストの福音の滿みちたるめぐみ爾曹なんぢらに至らんことをしれ
  30. 兄弟よ 我儕われらしゅイエスキリストにより聖靈の愛により爾曹なんぢらに勸む ねがはくはわれと共に力をつくしてわがために神に祈ることを
  31. そはわがユダヤにある不信者ふしんじゃよりたすかりかつヱルサレムにおもむ供事つとめを聖徒の心にかなは
  32. また神のむねしたがよろこびて爾曹なんぢらいたとも安慰なぐさめを得んがためなり
  33. 平安へいあんの神なんぢら衆人すべてのひとと共にいまさんことを願ふ アメン


| 新約全書目次 | 羅 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 總目次 |