新約全書 使徒パウロ ロマびとおくれるふみ

第 三 章



  1. しからばユダヤびと長處すぐるゝところなに また割禮のえきするところなに
  2. そはすべての事においえきおほし まづ第一は神の諭さとしをもて彼等にゆだね給へる事なり
  3. こゝに信ぜざる者あれど如何いかん その不信は神のしんすつべき
  4. しからすべての人のいつはりとするも神をまこととすべし なんぢつぐことばは義とせられなんぢさばかるゝ時かちを得んとしるされたる如し
  5. 我儕われらが不義もし神の義をあらはすとせばわれなにいふべきか いかりを加ふる神は不義なるや はそれ人によりいふのみ
  6. さることあらさることあらば神如何いかにして世をさばかん
  7. もし神のまことわがいつはりよりあらはその榮光さかえいやまさわれいかでなほ罪人つみびとせられん
  8. 如此かくあらば我儕われらそしらるゝ如く善をきたらせんとて惡をなすよからずや 我儕われらことばいへる者あり かゝる人のつみせらるべきむべなり
  9. しからば如何いかに われらまされるか きはめてなし そはわれら既にユダヤびともギリシヤびとも皆罪のしたあることをあかしせり
  10. しるして義人ぎじんなし 一人もあるなしとあるが如し
  11. 明達者さとれるものなく神をもとむる者なし
  12. みなまがりて全くよこしまとなれり 善をなすものなし 一人もあるなし
  13. そののどは破れしはか その舌は詭詐いつはりをなしそのくちびるにはまむしの毒をもて
  14. その口はのろひにがきとにて滿みち
  15. その足は血を流さんがためはや
  16. 殘害やぶれ苦難わざはひその道にのこれり
  17. 彼等は平康おだやかなる道をしら
  18. その目前めのまへに神をおそるるのおそれあることなし
  19. それ律法おきていふところはそのしたにある者に示すと我儕われらしる こは各人おのおのの口ふさがり又世の人こぞりて神の前に罪ある者とさだまらんためなり
  20. 是故このゆゑ律法おきておこなひよりて神の前に義とせらるゝもの一人だにある事なし そは律法おきてよりて罪はしらるゝなり

  21. 律法おきてほかに神の人を義とし給ふ事はあらはれて律法おきてと預言者はそのあかしをなせり
  22. すなはちイエスキリストを信ずるによりその義を神はすべての信者に賜ふて區別へだてなし
  23. そは人みな既に罪を犯したれば神よりさかえうくるにたら
  24. 只キリストイエスのあがなひよりて神のめぐみをうけいさほしなくて義とせらるゝなり
  25. 神はその血によりてイエスをたてて信ずる者の挽回なだめ祭物そなへものとし給へり
  26. そは神しのび已往すぎこしかたの罪を寬容ゆるやかにし給ひしことにつきて今その義をあらはさんすなはちイエスを信ずる者を義としなほみづから義たらんがためなり
  27. さらほこるところいづこあるあることなし なにの法をもてなしとするか おこなひの法か しからず 信仰の法なり
  28. ゆゑわれおもふに人の義とせらるゝは信仰により律法おきておこなひよら
  29. 神はたゞユダヤびとのみの神なる また異邦人の神ならずや しかり また異邦人の神なり
  30. それ割禮せし者をも信仰によりて義としまた割禮なき者をも信仰によりて義とする神は一位ひとはしらなればしか
  31. さらば我儕われら信仰をもて律法おきてすつるや しからず かへっ律法おきて堅固かたうするなり


| 新約全書目次 | 羅 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 總目次 |