第十四章 血による生命



 『夫(それ)わが肉は眞の食物(くひもの)、わが血は眞の飲物なり。』(ヨハネ六・五十五)

 我らは今、すべての奥義の中の最も深い奥義である、信仰によって神の御子の犠牲を食らうという奥義を学ばんとしている。すなわち内なる人を養い、新鮮ならしめ、強め、また清める、贖い主の生命の御血を、我らの霊魂の中に消化し、同化することである。
 ここに掲げた聖句の取られた聖書の場所より見れば、これが聖餐式に関する御言であるという思想は永久に排斥すべきである。たとえ我らがここに語るところの恩恵が、聖餐式を通していくぶんか信ずる霊魂に与えられるとも、最も一般にそれが持ち来らせられるは、主の御言を信ずる信仰をもって黙想し、祈り深く適用することを通してである。主の語りたもう御言は霊であり生命であるのである。
 ついでに注意しおく必要のあるのは、旧約と新約の著しい相違、すなわち旧約の下では血を飲むことは厳重に禁じられているけれども、新約の下では、主が『なんぢら皆この酒杯(さかづき)より飲め。これは契約のわが血なり』(マタイ二十六・二十七、二十八)と命じたもうたことである。
 さて、飢えることと渇くことは異なったことである。そのごとく、食物を取ることと飲み物を取ることは別である。『我にきたる者は飢ゑず、我を信ずる者はいつまでも渴くことなからん』(ヨハネ六・三十五)。彼の肉を食らうこととその血を飲むことには、二つの相異なる結果が伴うのである。食物は肉体を強くし、筋肉精力を作り立てるが、飲み物は体の組織を清め爽快にする。
 そこに彼の肉に与ること、彼の血を飲むことがあり、それによって飢えも渇きもなくなるのである。
 しかして食らうことと飲むことのいずれか一つを語っても、両方ともに語っても、我らはそれを消化吸収すること、すなわち十字架上における主の御業を信仰によって意識的にわがものと受け取ることを意味するのである。我らが恵みに成長し、霊的生命に強くなり、天的確信と喜悦の葡萄酒に満たされるは、御言を通し、信仰によってこの御業を食らうことによってである。
 主イエスがその御復活ののち、エマオの途上にて、驚き怪しむその弟子等にカルバリにおけるご自身のお苦しみの意味と能力を開示せんと欲したもう時、主が何らの媒介なしに直接にすべてそのご経過のことども、御苦難と御目的、聖父の御顔を隠されたこと、罪を負いたもう霊的の御痛苦とその秘密などを語り聞かせたもうことを期待すべきであろうか。否! 彼はただ御言を通して彼らに語ることを欲したもうのである。
 彼らは今、旧約の型の実体、活ける原型なる御方と顔を合わせて立ちおるといえども、主はその贖いの御業とその必要を描写し開示するために、書き録されたる聖言を用いたもうた。すなわち影を通して本体を顕し、型を通してその大原型の現実を示したもうたのである。
 我らは彼らと別の仕方で教えられるべきであろうか。たしかにそうでない。もはや我らも肉によりてキリストを知るべきでない。我らをして型に立ち帰らしめ、そこで信仰によって彼の肉と血を飲食することは何を意味するかを、聖霊を通して学ばしめよ。
 モーセの五書には、主イエスの贖いの御業を示す七重の絵画がある。すなわちそれは、出エジプト記に一つ、過越の物語、レビ記に五つ、神の民の礼拝のための五種の犠牲、民数記に一つ、汚れを受けたる信者のための赤き牝牛の灰のことである。
 これらの血の献げ物のうち、ただ三つだけが、献げた者にそれを食らい、与るよう命ぜられている。我らはこれを祈り深く研究することによって、救い主がご自身の肉を食らい、その血を飲むことを命じたもうたご命令の意味をいくぶん学び得るのである。
 ヨハネ伝第六章に与えられている主の著しき御教説のうちにもまた、その御肉と御血に与ることより来る三つの幸いなる結果が示されており、しかしてこれらがまた旧約の型と完全なる一致をなしおることを見出すのである。

   一、永遠の生命

 『わが肉をくらひ、我が血をのむ者は永遠(とこしへ)の生命をもつ』(ヨハネ六・五十四)

 犠牲を献げる者がその犠牲を食らうように命ぜられている三つの場合の第一は、エジプトからの出発の時においてであった。小羊は屠られ、その血は門口の柱に灑がれ、圧政の下に奴隷にされている民は直ちに旅立ち得るよう、腰ひきからげ、十分用意して、その小羊を食らうように命ぜられたのである。しかもこれを食らうには、小羊を火にて焼いて食らい、酵入れぬパンと苦菜を添えて、急いで食らうべきであった。これは、彼らが奴隷と苦難と死より遁れる時に、その旅路に堪え得るためであったのである。
 食らうのは、の灑がれたその同じ犠牲ので、犠牲は同一であった。
 鴨居に塗られた血は安全と平安を齎し、肉を食らうことは旅のために力と慰めを与えた。信仰によって我らもまた、彼によって養われることができる。『我らの生命なるキリスト』(コロサイ三・四)。生にて食らうてならぬ(出エジプト十二・九)とは暗示を含んだ命令である。生にて食らうとは、神の小羊の肉体のお苦しみを痛々しく詳述することによって、彼の愛のありがたき記憶を我らの衷に惹起させようとすることを意味するもので、しばしば行われる無益な企てである。『水に煑(に)ても食(くら)ふなかれ』(同)という命令は、我らが単なる知的理解によって我らの霊魂を養わんと求めることを戒めるのである。我らは、我らの無感覚になった心を衝動してキリストの十字架の御苦難のありがたき記憶を惹き起さんと、しばしばこれら二つの方法のいずれかを試みた。されど悲しいかな、それは無益であった。食らうべきは火に炙りたる肉であった。これは我らにとって聖霊の火を意味する。何となれば、御霊によってのみ我らは益を得るので、『肉は益する所なし』(ヨハネ六・六十三)であるからである。ただ聖霊が主の御苦難と死のことどもを取って我らの心に当て嵌めたもう時にのみ、我らは信仰にて彼の御肉と御血に与り得るのである。
 鴨居に塗られた血は安全と平和の感を齎し、肉を食らうこの大奥義の深い理解を我らに語る。感じると共に知り、信ずると共に理解し、主の贖いの愛を考察と黙想によって認識尊重することは、みなこの旧約の型を通して我らの霊魂に齎されるところである。
 さればこの御血に与ることは、すべての悪と邪曲のパン種より潔められたる心をもってであるべきである(コリント前書五・八)。またこの理解も黙想も(たとえ喜ばしき心にてであるとも)悔い改めと神を畏れる畏れの苦菜を添えてなすべきである。しかして、おお、それを急いでなさしめよ。信仰は常に今である。
 『わが肉をくらひ、我が血をのむ者は永遠の生命をもつ』。永遠の生命とは、ただ墓の彼方の生命のみではなく、今ここで持つところの生命である。しかしてこの世をばその愚と悪と共に後ろに遠く棄て去り、シオンの大路に向かい躍進する時に、楽しみと能力をもって霊魂を満たす、精力旺盛な、強力な豊かな生命である。願わくは、我らをして、謙遜な悔い改め、感謝、讃美のうちに、御言を通し、信仰をもって、過越の小羊なる主イエスに与らしめよ!

   二、内住のキリスト

 『わが肉をくらひ、我が血をのむ者は、我に居り、我もまた彼に居る。』(ヨハネ六・五十六)

 さて、旧約の制度にて犠牲の肉に与る第二の場合は、犠牲を献げる祭司にその犠牲の肉を食らうべく命ぜられる、レビ記第三章及び第七章による酬恩祭のそれである。燔祭の場合には全部が焼き尽くされるべきで、これを食らうことは許されなかった。けれどもこの酬恩祭の場合には、祭司はこれに与ることが許され、特別の分が祭司のために分かち置かれるのであった。キリストは我らの酬恩祭で、聖父との交際の場所である。
 その犠牲の一部は神への馨しき香の献げものとして壇の上にて焼き尽くされ、一部は献げる祭司に与えられた。『我その内に入りて彼とともに食し、彼もまた我とともに食せん』(默示錄三・二十)との恵み深い御約束がここに型で予告されているのである。
 ヨハネ第一書一・三に使徒ヨハネは、まず聖父との交わり、次に聖子との交わりの二重の交際について語っている。聖子とは失われた世界、贖われた教会についての交わり、聖父とはその生みたまえる御独り子についての交わりである。聖父との交際はいつでも聖子を中心とせねばならぬ。我らは聖子の肉と血をば信仰にて食らい飲むことによって、かく交際を持つのである。
 『わが肉をくらひ、我が血をのむ者は、我に居り、我もまた彼に居る』。この内住のご臨在によって、我らは永遠の命をもつことより更に驚くべき経験に入るのである。パウロはここにその秘訣を見出したので、『キリスト我が内に在りて生くるなり。今われ肉體に在りて生くるは、我を愛して我がために己が身を捨て給ひし神の子を信ずるに由りて生くるなり』と言っている(ガラテヤ書二・二十)。
 要するに、彼は十字架につけられたまえるキリストに対するわが信仰のゆえに、復活し昇天したもうキリストがわが内に生きたもうと言うので、屠られたもうた小羊の肉と血を食することにより、活けるキリストのその衷に住みたまい、また彼のキリストの衷に住むことを、彼は見出したのである。
 しかして酬恩祭の犠牲の祭司に与えられた分は、肩と胸、すなわち能力と愛情の座であった。これが我らの受ける分で、我らもまたこの交際の中に、平和の神が、実に我らを祝すべく、我らと偕に在すことを覚えつつ、完き平和のうちに彼の御力と御愛に養われることができるのである。
 おお、願わくは我らこの学課をよく学びたらんことを! 我らが意識的に信仰によって彼の肉と血を消化し吸収する時にのみ、キリストは意識的に我らの衷に生き得たもうのである。彼の御血における瞬間瞬間の信仰は、彼の内住の瞬間瞬間の確信を保証する。『わが伴侶等(ともだち)よ 請ふ食へ わが愛する人々よ 請ふ飲あけよ』(雅歌五・一)。感謝をもって、信仰によりて心の中に彼を食しつつ、信じ続けることに固執せよ。

   三、奉仕と救霊

 『我をくらふ者も我によりて活くべし。』(ヨハネ六・五十七)

 私は旧約の律法の下で、血の献げ物のうち食らうことを許されているものがただ三つであると言ったが、それは愆祭と罪祭を一つに数えたのである。もし愆祭と罪祭を別々に数えるならば、それは厳密に言って正確でない。しかしここで我らは愆祭と罪祭を一つにして考えることとする。
 燔祭は銅の壇の上で全然焼く尽くされ、酬恩祭は一部分はそこで焼かれ、一部分は食せられた。しかして罪祭と愆祭は一部分は壇上にて焼かれ、一部分は食せられ、一部分は営の外で焼き尽くされることであった。
 燔祭はそれを食らうことはできない。酬恩祭については既に語った。しかしていま罪祭について考えたい。或る制限の下に、それを献げた祭司はそれに与ることが命ぜられている。この犠牲の血が至聖所に携え入れられる時にはその犠牲に与ることはできない。進んでこれを尋ねるならば、これは罪祭が祭司自身の罪のためであるか、或いは会衆全体の罪のためである場合に、その肉を食らうことは禁ぜられたのである。されどこの犠牲が会衆の中のある個人、または牧伯たる者の罪のためであれば、祭司はその食物に与ることが命ぜられている。祭司は罪を犯した礼拝者のために犠牲を献げるばかりでなく、また彼自らそれを食らうべきであった。確かにここに、我らの大多数が何も知らない一層深い経験の型があるのである。或る有名な著者の次の言葉は大いに助けになる。
 「そこに兄弟の罪を自己の罪とし、あたかもそれを自ら犯したかのごとく、霊において、神の御前にこれを負うということがある。このことがいと聖き所にて罪祭を食らうアロンの子らによって示されている。それは『祭司等の中の男たる者は皆これを食ふことを得べし』(レビ記六・二十九)とあって、ただ男子のみがそれを食したのである。これは祭司の最高の御奉仕であった。
 我らはこれが霊的意義、またその適用に入るために、キリストに最も近くあることを要する。それは実に驚くべく幸いなる聖き勤めで、神の直接のご臨在の中においてのみ知られ得るのである。我らがそれについて知るところのいかに少なきかは、心が証し得る次第である。
 或る兄弟が罪を犯した時、彼に対して審判の座に坐し、厳しい監督者の立場を取り、その罪を我らに何の関係なきことのごとく見るのが我らの傾向であるが、これは我らの祭司たる職能において悲しむべき失敗である。それはいと聖き所にて罪祭を食らうことを拒否するのである。誤れる兄弟の罪を自己の罪となし、霊において神の御前にそれを負うほどに、彼と自己を一つにし得るは、恩寵の最も貴き果である。これはまことに祭司的奉仕のいと高き職分で、キリストの霊と御思いの大量を要するのである」と。
 その罪が祭司自身の罪、或いは会衆全体の罪である場合には、罪祭を食らうことができないということを注意するは肝要であり、また教えられることである。罪祭を食らうことは、罪人が自己よりほかの人、または単に個人である場合にのみ、行われ得るのである。
 このところで我らの心に与えられる教訓は明らかで、それを敷衍して説くを要せぬ。我ら自身の霊魂のために主の肉と血に与ること、すなわち我らの生命のために主に養われ、内住の救い主として彼を知りまつることは幸いであるが、なお我らは他人のために彼を食し、人々の罪のために信仰によってキリストの犠牲に入り、彼らの罪と赦罪のために時を費やし、信仰をもって嘆願することがここにあるを学ぶ次第である。『我をくらふ者も我によりて活くべし』と救い主は仰せたもう。それは他人のために生きる力をキリストのうちに見出し、人々の霊魂のための我らの愛をば、みな彼の傷つけられた彼の御脇より受けることを意味するのである。
 この聖き食物に与るは、幕屋のうちなる聖所にてなすべきことであった。何人も、神の臨在の下においてのほかは、かかる饗筵にあずかることはできぬ。何人も、救い主の犠牲とその救治の力を共に感じて、他人の罪のためにそれを訴えつつその罪を自ら負うことは、神の臨在の聖所においてのほか、なし得ぬことである。これはただ祭司的霊魂の義務であるばかりでなく、彼自身の霊的生命に滋養と食物を与える、実にそれは他人の知らない、食らうべき食物、しかり、また楽しみである。我らが自らキリストに導かんとする愛する人のために、キリストの犠牲の効力を訴え、それが救いと聖めに役立つことの確信を得る喜びは、我らの霊魂に何たる喜び、また力なるか、我らのうちの或る人々の充分よく知っているところである。
 『我にきたる者は飢ゑず、我を信ずる者はいつまでも渴くことなからん。』(ヨハネ六・三十五)
 『夫わが肉は眞の食物、わが血は眞の飲物なり。』(ヨハネ六・五十五)
  我は飢えまた渇く
   イエスよ、わがマナにてありたまえ。
  わがために
   巌より迸る、活ける水にてありたまえ。



||| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 || 目次 |